2017年5月16日火曜日

2017-5-10(水)「罪のない独生女 対 三代王権 文鮮明と韓鶴子の神学を比較する」前編

「罪のない独生女 対 三代王権 
文鮮明と韓鶴子の神学を比較する」(前編
2017-5-10(水)
5月ベルギーで何と新興宗教研究において統一教会を研究する一般の大学教授達からサンクチュアリ教会、郭グループ、家庭連合の三つが招かれその神学についてそれぞれが語る機会を得たそうです。パンザー総会長とケリー・ウィリアムズさんが発表される予定です。
今、英語の方でもパンザー会長が聖日礼拝で講義されサンクチュアリNEWSさんも翻訳中ですが、5月10日、韓国語礼拝の時のエルダー部長による韓国語版を二回に分けてお伝えします。


ミニオン翻訳↓


食口の皆さんこんにちは。 今、二代王様がおっしゃったように、私が今から発表する内容は、リチャード・パンサー博士がこの日曜日に英語礼拝の際に発表したそのPPTの通りです。 このPPTは今月末、欧州ベルギーで開かれる学術会議で発表される内容の通りではありません。 その時は各自20分ずつ時間を受けることができます。 その時サンクチュアリーからは2人の、リチャード・パンサー博士とケリー・ウィリアムズさん、そして家庭連合から二人、そして郭グループ,UCIから2人。この学術会議で統一教会が三つに分裂したのでその各派の主張を聞いてみよう。 この学術会議はその間ずっとあの統一教会を含めた各新興宗教を研究してきた団体です。 世界のいろんな所で会議を持ちます。 毎年かに、2年ごとに一度でしたか、よくわかりませんが、定期的に集まって主要な新興宗教をずっと研究してきました。

今や統一教会が分裂したので、どのように分裂したのか、一度見てみようと言って、各派から二人ずつ招待して発表することにしたのです。 私が申し上げたい内容は20分より少し長いです・・・ かなり長いです。 しかし、要約して... これをもって20分のプレゼンテーションを作ったとそう考えてください。それでは始めます。
題目は罪のない独生女 対 三代王権 文鮮明と韓鶴子の神学を比較する」です。
原理はどうしてキリストが再び地上に再臨しなければならないのかということについて,英語版119ページで説明しています。それは、「十字架を通して完全な救済の道を人類に開くことができなかったため、肉的な救済を完成させる為にキリストは来られなければならない」このように原理講論には説明されています。イエス様は、後のアダムとして来られましたが、しかし、家庭を持つことにより(家庭を持つことが出来なかったので)三代祝福を完成できませんでした。 そしてお父様の御言の「祝福と理想家庭1巻」で話された内容ですが、キリストが来る前は、女性はいつも天使長の妻だった。 しかし、キリストが来たら、天使長の新婦(の位置)は奪われる。キリストに奪われる。 と仰いました。 そして、キリストは堕落世界から新婦を復帰し、そして血統を地上で完成しなければならないと仰いました。
お父様は、キリストがどうして再臨しなければならないかについて、どのように考えられたかと言えば、天使長の妻が復帰されなければエバの立場には立てない、 捜すことができない。と仰いました。

この御言を語られた時は、世界人口が50億でしたが、アダムの子孫50億の子孫が現在暮らしているのですが、このような人たちが皇族の立場に入るためには、私のお父様の直系の血統と一つにならなければならない。カインとアベルの関係を通して一つにならなければならない、このようにお父様の御言葉選集249巻114ページで語られた、それが天聖経、英語版ですが2468ページに出ています。
そしてお父様は30年前に後継者について話されました。 そのように登録された次に、お父様は後継者を任命する。 この後継者は統一教会すべてに知らせなければならない。 全ての祝福家庭、すべての真の父母の家庭に知らせなければならない。 unanimously全員一致でみんなが彼をその後継者を受け入れなければならない。 このようにお父様が1984年6月5日におっしゃいました。 これはニューヨークで仰った御言葉です。
83年には二代王様は韓国の歳で5歳でした。 あの頃に後継者として、「お父様の私の後継者はこの5歳の子供、文亨進だ。」 このようにされたら、我々がどのようにしたでしょうか。 私たちは受け入れることができたでしょうか?

しかし、お父様はその時から既に考えていらっしゃったのです。どんなに幼くても後継者は後継者だ。受け入れなければならない。 そのようにその当時から83年から話されました。ですからどんなに幼くても、どんなに子供でも、he is the one who will supervise and control.これは、お父様の韓国語を英語に翻訳したものですが、どんなに幼くても彼が監督して統制するだろう。そして、すべてを伝授できたら、誰が優れていて誰が優れていないということは気にしない。お父様が権限を伝授したら、その後継者が不具者であろうと身体障害者であろうと、人々は彼を通じて彼から祝福を受けなければならない。 このようにおっしゃいました。
ですから、後継者、代身者、相続者は、私たちが選挙で選ぶのではありません。 大統領ではありません。 大統領は選挙で選ぶが、お父様の代信者相続者は、私たちが選挙で選ぶのではありません。私はこのような理由でその人は嫌いだ、この人の方がもっと良い。 こんなことではありません。 お父様が選んだらそれで終わりです。 人々がいろいろと理由をつけて、食口が色々言っても意味のないことです。 お父様がお決めになったのです。 これは永遠です。私たちが決めるものではありません。 子供が親を決定しますか。 私はこっちの親がいい、私はこっちに行く! そんなことができるのですか?同じです。私たちがしっかりしなければなりません。
また、お父様が83年6月5日に語った御言葉です。 同じ御言葉から、どの様なときも真のお父様の肉体の代身者がこの地にある。常にいるだろう。 と仰いました。そして、地にいるすべての人たちが、この軸を中心に一つなっていかなければならないと仰いました。 そうです。 今、お父様の対信者、相続者である二代王様は、縦的な軸と横的な軸が交差する点に立っておられます。

ですから、お父様の軸というのはお父様と連結されているのです。 霊界にいらっしゃるお父様、地上にいらっしゃる代身者相続者二代王様が連結されているのです。それで、私たちが今、神様のその直接主管圏に生きているのです。
そして、真の子女様に対する私達の希望、私達の期待。 私たちはもちろん、これまでお父様の御子女様の中に真の御子女様の中に、ある一人の方がお父様の遺業と権限を伝授されるものと考えていました。 しかし、真の子女様たちはとても難しい道を行かれました。 誰がお父様の後継者になられるのか私たちはこれまで分かりませんでした。

しかし、お父様はどのようなお考えであったのか。 誰が遺業を伝授できる資格があると考えられたでしょうか? はい、このビデオをつけて下さい。 お父様の言葉を韓国語で直接聞いてみましょう。 音量を上げてください。
(お父様)それでは統一教会全体にあって、世界や韓国中心にして中心がずっと大きくなるので、今後、すべてそこに私がした代身の仕事を任せます。 今、私たちの家族の中で信仰体験を見て、すべて亨進の水準を超える人がいない。分かるか? 任命したのです。
そうです。 2008年にお父様は明確に文亨進様を後継者、代身者、相続者に任命されました。 次に行きましょう。そしてまた、三代王まで任命されました。信俊様をまた、2008年4月18日、やはり祈祷されながら任命されました。ですから、お父様はいろいろな困難があるという事を予測されて私達の為に三代王まで任命をして下さったのです。

そして國進様の言葉もあります。 これは國進様が…2009年ですか? 2008年ですか? 自分の弟がどれほど素晴らしいか、私は弟に喜んで付いていきたい。 このように話されました。 これは、世界会長任命式の時ですね。 これもつけて下さい。
国進様)私の弟は、尊敬して愛しいので、私は十分に私の弟を世界会長として侍ることができます。 そうでなければ絶対に従わないでしょう。 死んでも従いません。 皆さんご存じでしょう。 私は戦い方をよく知ってます。 一度決心して信じたら、最後までやり遂げます。 私の良心の通りに生きるしかありません。 特に、榮進は、あぁ、その弟よりも完璧な人はいません。とても賢く、何でも出来て、すべての兄弟を愛して、本当に愛してくれました。しかし、私の弟の事故が起こる前に、私にお願いしました。 本当に亨進を守って、本当に出来るように助けてあげてくれと・・・約束、その約束を守ることができるので、 本当に感謝して・・
1:06:04
とても感動的です。 このようにしてお兄さんが涙を流しながら弟を証しする、その光景を皆さん見ましたか? おそらくこれが初めてのことです。 どれほど美しいですか? そして、國進様の決心は今も変わりません。 絶対的に二代王様に王として侍っています。 2015年天歴7月17日、陽暦8月30日に、ここで王冠を自分の弟の頭にかぶせる、その光景を皆さんもご覧になったと思います。自分の弟に王として侍る。 絶対的に侍る。 このように立派な兄、このように立派なカインがどこにいますか?
ですから、お父様は勝利したカインとして、そして、亨進様を勝利したアベルとして認定して宣言されたのです。 このアベルとカインが一つになったので、お父様は霊界に行くことができたのです。 それを宣布したことが2012年暦6月5日でした。 6月5日。ラスベガスで。その式をしてちょうど3ヵ月後にお父様は霊界に行かれました。

カインとアベルが一つになったため、どんなに・・・その時もお父様は韓氏オモニに対して心配だったでしょうが、どんなに韓氏オモニが間違ったとしても、カインとアベルが一つとなっている状況では大丈夫だ。 信じて霊界に行くことができる。このように考えられて、その陽暦9月5日、天歴7月17日に霊界に行かれたのです。この二人の息子に任せていく。 任せて行くことができる。 私は霊界に行ってすることがある。 このようにされたのです。 私はそう信じています。
もちろん117歳まで生きなければならない。 生きる。 このようなお話もされました。 しかし、これは考えてみてください。 もしその時、カインとアベル、國進様と亨進様が一つとなってなかったなら、お父様はその次の世代、おそらく信俊様を育てて、信俊様を王として立てて、後継者に立てなければならないようになっていたでしょう。 それでは、その時は117歳まで生きなければならないが、國進様と亨進様が一つになられたので天歴7月17日に霊界に行っても大丈夫だとお考えになって行かれたのです。 もちろん、今は、韓氏オモニの背信、韓氏オモニの失敗のため、いろいろな問題があります。 しかし、カインとアベルが一つになったので、我々は必ず勝利することができます。 お父様もそう信じて、私たちもそれを信じましょう。拍手! ありがとうございます。1:09:11
國進様は今もその時も韓国で多くの活動をされました。亨進様に侍った過程においてご覧の通り…その時、自由社会、そして、強い大韓民国、強い日本、そして強い米国、米国でもその講義をされました。 ワシントンで。また、ここ現代グループの役員にも会われ、そして右側には朴槿恵その時は大統領候補でした。 候補を宣言する少し前でしたが、朴槿恵氏がその時は行事に来て自分の外交政策を発表したりしました。 そしてエコノミック・ジャーナルにこんなに成功した企業家として紹介されたりしました。
ですからもし、韓氏オモニの失敗がなければ、この二人は既に韓国のエリート層に入っていました。既に入っており、これから韓国を天一国の始発点として作ることができる体制が既にありました。あったのにこのよう
うして今のようになったのですが、私たちは少し遠い道を歩んでいますが、結局は必ず勝利することでしょう。
そして2009年、お父様の祝福と権限が伝授されました。 その時1月15日と31日にそれを天正宮で戴冠式をして、また、ソウルとニューヨークの時差を利用して同様の儀式を同じ日に1月31日にニューヨークにおいてもされました。

その時、お父様が真の父母の祝福を伝授いたします。 と祈祷されました。 伝授いたします。伝授いたします。伝授されたのです。その横に韓氏オモニも立っていたじゃないですか。今、「伝授いたします」の御言葉が出ます。 これも大切なので、一度聞いてみましょう。

1:11:40
(お父様)天宙天地父母様安息権安着即位式において真の父母の祝福を伝授いたします。アジュ アジュ アジュ
伝授いたします。 これは極めて歴史的な御言葉でした。 伝授いたします。真の父母の祝福を伝授いたします。ですから、伝授されたのです。 その時から、二代王様は今や真の父母のすべての権限を伝授されたのです。ですから、私たちの真の父母様はここにいらっしゃるのです。霊界にいらっしゃる真のお父様の代身者相続者であって、地上におられる真の父母様はここにおられるのです。 清平に行っても真の父母はいません。
そして2010年6月、陽暦の6月5日にお父様が宣布文を出されました。萬王の王は一人の方、神様 一つの神様、真の父母様も一人の父母、萬世帯の民たちも一つの血統の国民であり、一つの天国の子女である。 天宙平和統一本部も絶対唯一の本部である。その他の人は、その他には、その代身者相続者は文亨進である。 その他の人は異端者であり爆破者である。
今、爆破されているのではないですか? 家庭連合が。パーンと爆破されています。 なぜでしょうか? 爆破者がいるからそうです。 以上の内容は真の父母の宣布文である。 文鮮明 印 このようにされました。ですから、2009年にされて2010年にまた確認されました。 1:14:09
そして、お父様は語られたように2011年6月21日に訓読会において、神様は必要なく、父母も必要なく、長男も必要なく、そして三男も必要ない。 しかし、末の息子は必要である。母のためにも、真の母のためにも、それは亨進である。 そして國進も必要である。 この2人の息子(が必要である)。このようにラスベガスで話されました。
そして、2012年6月5日、少し前に申し上げたように、ラスベガスにおいて、天和宮で「國進と亨進、この息子達はカインとアベルとして一つになった」 このように宣言されました。 これが大変に・・・私たちはその時、私たちはわかりませんでした。分かりませんでしたが、今見たらとても重要な事件でした。

亨進様が対信者相続者であり、お父様の後継者であるという事は、米国のCNNも明らかにしています。CNNも。CNNはとんでもない話もたくさんしますが、この時はとてもいい話しをしました。
この写真の説明を見てみると、Rev.sunmyung moon funeral 文鮮明牧師の葬儀としながら、左側に文亨進、彼はsunmyung moonの末の息子であり、一番若い息子であり、後継者(である)。そして亨進の兄の國進は右側にいる。 統一教会で運営している企業の指導者である。と、このようにしています。 ですからCNNは、亨進様を後継者として紹介しています。 その時CNNも放送を通じて確認をしています。
そしてまた、面白いことは、日本に周藤健先生という方がいらっしゃいます。 韓国ではどれだけ知られているのか私はわかりませんが、日本はもちろん、米国でも古い食口はほとんど全て周藤健先生の講義を入教して聞きました。 私も周藤先生の120日…7日21日40日、そして120日修練会を私は連続的に受けました。 入教してから。ですから、日本と米国では大変、尊敬を受けている方です。 その方の話を一度聞いてみましょう。 英語でお話しされていますが、私がそれを韓国語に翻訳します。
(周藤健先生) お父様がこのように祈祷をされたそうです。天のお父様、一人だけでも私ほど、私ほど天を愛する人を送ってください。 私が神様を愛する以上に神様を愛する人を一人だけでも送ってください。 100年に一度でも、100年ごとに一度だけでも、そのような人を送ってください。 このようにお父様はお祈りされました。 100年に一度でも私ほど、またそれ以上に神を愛する人。その時、お父様は、これは数十年前なのですが、30年40年前にそのようにお祈りされましたが、その時は見つけることができなかったが、今、探しました。真のお父様の気持ちを理解する人、その方が現れました。 そしてお父様と同じ涙を流す人、お父様が誰であるのかを知っている人。それが誰でしょうか?末っ子の最も若い息子、そうです。 世界会長の亨進様です。
このように亨進様を証しされました。 そのように周藤先生もお話しされました。 その方の英語は、私たちはみな分かります。私たちは大変慣れたので、私たちは全て分かります。 たくさんトレーニングを受けました。 その時は。長くいる米国食口は全てこの方を知っています。
そして次は、リベカの勝利に対して一度考えましょう。 お父様がお話しされました。 これは世界経典Ⅱ471ページに出ている御言です。お父様が語られた内容を私が韓国語に翻訳すれば、もちろんヤコブもそのために大変な努力をしました。しかし、それ以上に(ヤコブの)母が100回 100倍努力しました。 彼らの姿勢を彼らの態度を変えるために、そして、今ヤコブを殺さないと誓わせるために、多くの努力をしました。 リベカはそのような重要な使命を完成させて、そして復帰を可能にさせました。と、お父様がリベカを語られました。 リベカは自分の生命をかけて、命をかけて、ヤゴブを守って、そして選民の血統を守りました。
それに比べて韓氏オモニは何をしましたか? お父様が 2011年 2012年にカインとアベルとして、勝利したカインとアベルとして宣布した、兄さんと弟を守るためにどのような事をしましたか? むしろ、韓氏オモニは後継者を解雇しました。 お父様の聖和式が終わった2週後に、半月後に、その時亨進様が韓国で五つ持っていた位置からすべて解雇してしまいました。そして、ヨナ様の … 2013年にはまた、アメリカ協会長の立場から解雇されました。 それでは、ヨナ様のインタビューを一度聞いて見ましょう。
1:21:48
(ヨナ様)お二人はお母様を完全に信じました。お父様を信じ、亨進様國進様もお母様を信じました。もちろん、お父様とお母様の間に摩擦があったのです。ありましたが、それでも決定的な瞬間には、お母様は必ず勝利すると信じていました。あるときは、亨進様がこのように國進様にお話もされました。 こんなにすべてのものをお母様の主管下に置いておくことは危ないのではないか? 危ないのではないでしょうか? と言ったりしました。 すべての清平財団もあり、宣教財団も、すべてのものを、その時お母様の管轄の下におきました。ダンベリー以後すべてのものがお母様の中に結局は入って行ったのです。
國進様は完全に100% お母様を信じました。 御言葉や伝統だけでなく、その時の完成期天福宮のための献金、そして宣教財団に5千億ウォンの資金がありました。 宣教財団に。そのようにして、真のお母様が、これから韓国の指導者達にお金をもらわなければならない、物乞いしなければならない状況が起きないようにしたのです。
はい、次に行きましょう。これも聞いて見ましょう。 これは韓氏オモニとの最後の亨進様の最後の会合です。 それに対してヨナ様が説明します。
(ヨナ様)2013年、お父様の聖和記念日に行かれました。 その時もお母様に同じお話しをされました。 ですから、このようにしてはいけないと、強く申し上げたのです。あの時、ヨナ様はとても恐ろしかったそうです。

このようにしてはいけません。お父様のお話を変えてはいけません。 そしてまたその後にも、ラスベガスでお母様にお会いしました。 そしてまた同じ話しを、また、お母様にされました。 このようにすれば教会が分裂します。お父様はこれを喜ばれません。このようにして真のお父様が喜ばれると思われますか? このようにとても強くおっしゃったそうです。
それでもお母様は、「違う。 お父様は霊界で私がすることに対してとても喜んでいる」このようにむしろ、反駁しました。 そして、母の日に電話もして、花も送りましたが、しかし、ラスベガスで会った時、話し合っている最中にお母様はそのまま立ち上がって出てしまいました。 その後にまた電話をしても、「お母様愛しています」と話そうとしても、お母様はその電話に出ようとしませんでした。今、会議中だ。 忙しい、電話に出ることができない。 このようにしました。
そして 2014年にまた清平に亨進様が行かれたのですが、やはり聖和記念日の前後に行かれたのですが、その時は韓氏オモニが、会わない。と、会う事を断りました。 ですから、聖和記念式に出ないと会うことができない。 その時、家庭連合の意図は亨進様を利用することでした。亨進様を壇上に建てることで自分たちの行為を正当化しようと合理化しようとしたのです。 ところで、亨進様は「そんな式で利用されることはできない。」と言って、式には参加することができない。 だからお父様のお墓には別に挨拶して、お母様にも別に会おうとされたのですが、韓氏オモニはあの時会う事を断って、結局会うことができずに帰って来ました。 そんな事もありました。1:28:10


JHON翻訳↓

皆さん、真のお父様の涙という冊子をご覧になって、このような内容も皆さんはご存知のことだと思います。そうならば、お母様は完璧ですか?無欠ですか?そうではありません。お父様も2011年、お父様は2013年陽暦の6月16日です。このようにみ言も語られました。


そして、オモニは、自分の本然の立場に戻ってこなければなりません。そして、2007年5月11日のみ言です。2013年6月16日までに自分を完成して、本然の位置に戻って来られなければならないというみ言を、2007年に語られました。そして、2011年8月29日に完成級の真の父母聖婚式に対してみ言を語られました。

それは、本来、2012年の真の父母様の御聖誕祭に成される計画だったのです。それは、2011年8月29日にもみ言を語られました。来年、私達の生誕の時に、この結婚式をするようになるだろう。この結婚式を持つことによって、真の父母が完成されるだろうと天正宮でみ言を語られました。ところで、その問題の結婚式が成されなかったでしょ。その前日、前日にお父様はそれを取り消しました。取り消されたのです。
そして、それが1年後にある(行なわれる)だろうと話しました。それなので、1年延期されたのです。2012年にある式があるにはあったのですが、お父様は、これは予行練習だと語られました。ところで、お父様は1年延期して、2013年にするとおっしゃったのですが、その前にお父様が聖和されたので、それは成されなかったのです。

そして、天聖経に対してお父様が語られた内容です。天聖経はとても恐ろしいみ言だ。天聖経という単語が、言葉が。第三者がどんなに優れているとしても、それがノーベル賞を何個も受けたとしても、これに手をつけることはできない。天聖経に手を出すことはできない。手をつけることができないので、新しい教派は出てくることができない。出てこないのです、と語られました。これは、お父様のマルスム選集、447巻83ページに出ています。2004年のみ言です。ところで、天聖経は変えませんでしたか?
変えたので、やはり、このような分裂が起こったのです。別の言葉をそこに入れてはいけないと語られたのです。それで、私は別の言葉にそこに入れるなと言っている。私が「くそ」だと言えば、「くそ」なのだ。私が「拳骨」と言えば、「拳骨」なのだ。それを私が解くのである。これが最も貴いことなので、これを思うままに変えることができない。このように2008年にみ言も語られました。

ところで、すでに韓氏オモニが任命した委員会がそれを、変えませんでしたか?そして、お父様が、私がお前達の言葉を聞かなければならないのか?それとも、お前達が私の言葉を聞かなければならないのか、このようなみ言も語られました。これをまた、金孝律氏に対してみ言を、また、強く語られたのです。
それに手を触れるな、手を出すな、一つの単語も手を出すな。これをこのまま出版しなければならない。このように平和の基準というみ言を語られながら、お話されました。2009年7月14日に語られました。お父様はみ言の重要性を、非常に強調されたのです。

そして、お父様は8大教材教本を奉献されました。今、8大教材教本を、今、私は残します、と言われ、人類がこれを今後、永遠にこれを使用しなければならないと語られたのです。ところで、お父様が聖和されて、聖和されたなら、直ちにその人たちはそれを変える作業に取り掛かりませんでしたか?
8大教材教本というものは、文鮮明先生み言選集、原理講論、天聖経、家庭盟誓、平和神経、真の家庭 天国の門、平和の主人 血統の主人、そして、世界経典の8つをお父様が8大教材教本として定められました。2010年から2012年まで、このように、その8大教材教本を奉献されたのですが、今、お父様のみ言を聞いてみましょう。聞いて下さい。

(お父様)皆さん、真の父母様は、すでに人類のための遺言を準備し、残しました。一生の間に、6、7回も生死を行き来する監獄を過ごされながらも、勝利し、準備された遺言書です。永遠なる人類の教材教本として8種類の本を残されました。この教本は、皆さんがこの霊界に入って行っても、読んで勉強しなければならない本です。絶対、人間の頭脳からの言葉や教えではありません。
そうなのです。絶対に人間の頭脳から出てきた言葉ではないと言われたのですが、人間の頭脳で変えてしまいました。これはどうなったのですか?話にもならないでしょう。

次に、特にお父様の選集を、マルスム選集最後の22巻を一度、回収、一度出版してから回収して、もう一度違う内容に変えてから、また出したのです。そうなので、今、615巻まであるのですが、これを変えてしまったのです。2014年4月に、だから、お父様が聖和される前に韓氏オモニは成和社に行って、そのみ言選集に出ている、ある文句(語句)を取り除きなさいと指示をされたというのです。
そして、今、家庭連合の連合本部では、594巻以後の全てのマルスム選集をもう一度、回収しなさい、返納しなさい、このように指示を出しました。そして、その本に対しては、もう一度変えて、再び出しました。もう一度、内容を変えて!

その変えた内容が、どのように変えたかといえば、韓氏オモニに対して批判的に語っているみ言!お父様がお母様を育てたというみ言!そのようなものは、全て削除されました。そして、また、亨進様に対しても語られた内容が削除されました。例えば、お父様が2009年2月16日に語られたみ言ですが、原本ではこのように出ています。『今、基元節まで何年、何ヶ月残っているか?もし、オモニが責任を、責任を果たさなかったならば、その時までに責任を果たさなかったならは、問題が起きる。
その、そのような理由のために、私が全ての責任を、私が自ら全てやった。オモニを代身して私がやったので、(それなので)オモニが怒ったりとか、そのようなことをしなければ、全てのことがうまくいく。』と語られたみ言、これが削除されました。元々、これが607巻に、37ページに出ているのに、原本には。ところが、新しい607巻には、元々この内容が302ページなのですが、たくさん変えたので、ページ数が変わりました。302ページに出てこなければならないのに、そこには出てきません。

そして、614巻121ページに元々は、原本にはこのように出ています。『オモニが堕落したので、(それなので)自分を復帰するために責任を全て果たさなければならない。この人たちが、これを、遊んで通り過ぎる人たちにはできません。』と語られているのですが、その、新しく出版された614巻には、そのみ言が、もちろん削除されて、削除されているのです。別の周辺のみ言は、71側(項)に出ているのですが、このみ言だけは削除されています。このようにお父様が聖和される前に、あろうことか、お父様のマルスム選集までも手を出し、変えてしまったのです。それでは、その張本人の言葉を一度、聞いてみましょう。

(オモニ)空前絶後の宝石を手にしました。おめでとう。
はい、その人たちの歌になり、それで、今8大教材教本ではなくて、今、韓氏オモニの3種類の経典へと変えてしまったのです。8大教材教本は、どこかへ行ってしまったのです。天聖経という本はありますが、お父様の本ではありません。赤い天聖経です。赤い天聖経!それならば、果たして真の父母は一つなのでしょうか?家庭連合ではずっと、真の父母は一つだ。真の父母は一つだ。念仏のように言っていますが、果たしてそうでしょうか?お父様の天聖経を変え・・新しく出版して、同じ題目を持っていますが、完全に違う内容です。
そして、彼らの偽の天一国憲法には、3種類の経典が羅列されています。韓氏オモニの天聖経、真の父母経、そして、平和経。お父様の、その8大教材教本の中に、今、赤い線のところは、はじめからなくされて、お父様のマルスム選集、原理講論・・・原理講論も今後、内容が変わると言います。今、神様を「お父様」と呼ぶ内容が出てこないではないですか?その創造論(創造原理?)に。その人たちは変えざるを得ないのです。
自分たちの神学と合わないから、そして、既に天聖経は変えられて、家庭盟誓も変えられ、そして、平和神経も変えられたのです。そして、真の家庭、天国を開く門 真の家庭も無くなり、そして今、平和の主人、血統の主人、そして、世界経典も全て、無くなってしまっています。
ある人は、亨進様が、2代王が、どうして、そのように自分の母親に対して(そのように)言うことができるのか?ひどい言葉で言うことができるのかと言いますが、イエス様を見てください。イエス様も新約聖書で、自分の母親に対して、とてもひどく言っています。ヨハネによる福音書2章4節を見れば、「婦人よ、私と何の関わりがあろうか?」このように語っています。

ユダヤ教で、ユダヤ教文化で自分の母親を婦人と呼ぶことはできません。これはとても失礼なことです。とても、何、最高に親不孝な子供でなければ、そのように言うことはできないのです。ところで、キリストであられるイエス様は、そのように自分の母親をそのように呼んだのです。何故ならば、マリヤが自分の責任を果たせないでいたので、自分を結婚させなければならないのに、自分は結婚しない・・させてくれず、何、別の家の結婚式だけ準備をして、そして、そこに行き、また、ぶどう酒が無くなったので、この水をぶどう酒に変えてみなさいと、このような、とんでもない内容までイエス様の権限を自分の個人的な欲望のために利用しているというのです。
おい、お前はメシヤだから、キリストだから、何、この水をぶどう酒に変えてみなさい。私たちはぶどう酒が無くなったので。あ~、これを考えてみてください。イエス様としては、どれほど、あきれる、気が滅入ってしまう内容でしょうか。それなので、責任を果たしていないので、そのように婦人という言葉が出てきたのでしょう。

そして、今、マタイによる福音書12章46節から50節まで。そして、私の母親が誰で、私の兄弟が誰か?そして、今、その弟子たちを指し示しながら、ここにいる人達が私の母親であり、兄弟だ。父、天にいらっしゃる私たちの父のみ旨をする、行う者は、私の兄弟であり、私の姉妹であり、私の母親である。このようにみ言を語られました。それなので、マリヤは、私とまったく関係の無い人だ。このように宣言されたのです。
そして、マタイによる福音書26章34節、そして、今、この日に、私を否定するのだろう。ペテロにもひどい事を語っています。今、家庭連合は、お父様の後継者を排斥し、否定しています。そのようにしてしまったのです。お父様が定められた、その血統を否定しているのです。

家庭連合で今は、私たちは血統ではなく、法統だと話していることを皆さんもご存知でしょう?このように対外的に広報を行っています。私たちは血統ではなく、法統だ。法統といえば、それは、旧約聖書ではないでしょうか?そのようにとんでもないことを言っているのです。

そして、ある最高委員会を任命して、今後、最高委員会を、委員会を中心として統一教会を統治する。このように言っているのですが、お父様の相続者、後継者に対しては、何の言及もありません。お父様がはっきりと、真の父母の、真の父母の権限を伝授されたのに、そして、一人でされたのではなく、韓氏オモニが隣にいる席で、そのように伝授されたのです。み言を伝達、伝えられる時も韓氏オモニが隣にいる状況で一緒に、み言も代身者、相続者であられる2代王に相続されたのです。それにもかかわらず、ここに来て私たちは知らない。その人が誰なのか私たちは知らない。私たちは法統だ。法統だ。法統だ。私たちは思い通りにやる。このように言っているのです。
(15分40秒頃)さあ、ここで亨進様、国進様に赤い、そのようなエックスが描かれているが(写真に赤いバッテン)、これはとても心が痛むことではあるけれど、これは現実に現れていることです。

そして、それだけではないのです。アボジがそのまま、どこであろうが、出てくると考えますか?違います。アボジは、私でなければ、清平にだけに来るというのです。理解できますか?お前たちの中で、知らなかった人がいたなら、今、お前たちは説明された。このように2012年12月25日、韓氏オモニが語ったのです。ところで、考えてみてください。イエス様も復活された次に、500人がいる場所に現れました。そのまま、特定の、何人かにだけ現れたのではないのです。そして、2000年を通してイエス様は、何度もお姿を現されたのです。
ローマの、ローマ教皇にだけ現れますか?そうではありません。ある牧師・・・神学校を卒業しないなら、イエス様は現れませんか?そうではありません。使途パウロにも現れたでしょう。使徒パウロが寧ろ、その時は、キリスト教の人々を逼迫し、殺す人なのですが、イエス様は、使徒パウロ、その罪人にも現れたのです。罪人にも現れたのです。お父様は思いのままにお姿を現されるのであって、オモニに拘束されていません。私にだけ現れると言っても何の役にも立ちません。あなた、私にだけ現れて、別の人のところに行ってはいけません。役に立たないのです。
(19分40秒頃)それなので、とんでもない話をして、権力と権限を全て自分の物に、ただ集中し・・・自分だけが持っており、別の人が権限を少しでも持ってはダメなのです。独裁者なのです。独裁者!独裁者!お父様の顔までこのように×をして(お父様のお顔の写真に赤色でバッテンをしている)、これもやはり、家庭連合の現実を伝達するために、私たちがどうすることもできず、このようにしていることなのです。

そして、今、お父様の8大教材教本はオモニの3大経典に変えられました。20分よりもっと行くでしょう?それなので、最初から覚悟をして入っていかなければならないのです。

そして、今、天一国国家も、天一国国家がとても、ただ、大変(偉大)な歌です。それが、栄光の賜物。私も初めて、その歌を歌った時、よく分からなかったのですが、お父様が興南の監獄にいる時に、その時、神様を、そのような生きている生霊を探される神様の心情を歌う歌です。全て。その神様に、私がどのように侍るのか?
『死から蘇きたこの我は、蘇かしたお方に抱かれて』 実際、これはとんでもない歌です。それをある音楽の先生が書いた歌詞と替えたので、本当に・・・

そして、お父様が定められた代身者、相続者はオモニを、オモニの前に屈服しないという理由で、解雇されました。そして、家庭連合の憲法にはお父様の後継者の役割に対しては何の言及もありません。このようにしてお父様を捨てたのです。

そして、神様を神様と呼んではいけない、天の父母様と呼びなさいと指示したのです。そして、その新しい天聖経、つまり自分たちの新しい天聖経ではない、偽の天聖経、赤い天聖経には英語で、Heavenly parentsです。だと直接出ています。今、アメリカの食口たちは、これ、s(複数形)をつけることがどうしても、すっきりしないので、たくさん、取り除いています。神様を複数で呼ぶことがおかしいので、実際におかしいのです。
しかし、明らかに、その自分たちの偽の天聖経には、Heavenly parents 括弧まで、英語、英文表記まで、とても徹底して出しています。どんなにその食口たちが違う。sが無いといっても、事実、そのまま自分たちの経典に出ているのです。1:51:50

そして、お父様の聖和式の時、2代王が祈祷されるのですが、神様に、天のお父様に祈祷したと解雇したのです。天の父母様に祈らなければならないので、そうでしょう?そのように理解しています。私が、その時、お母様が怒ってそのようにしたというのです。

なぜHeavenly parents なのかということを、アンドリュー・ウォルスンが説明しています。罪人の話を一度聞いてみましょう。
少し、そこでストップ。少し止めて。それなので、ユダヤ教、キリスト教の聖書には男性たちが、男性の立場で、書いたので。このように話を始めています。次に。少し。そうです。私たちが聖書では天のお母様の立場から、(立場)に対しては、特に私たちが助けになる。聖書には助けになる言葉がありません。このように話しています。

また、天のお母様の心情に対して、それで、堕落した創世記16節には神様がエバに呪いを与えたと出ているのです。出産する時に苦痛を経験したかどうを、エバに対しては相当にひどい言葉が出ています。創世記。しかし、それは、天のお母様の、天のお母様の、その姿勢ではなかったのです、と言うのです。天のお母様は、また、他の、別の考えをしたというのです。また、ところで、聖書が男性が書いたものであるために、男性の立場から書いたものであるために、もう一度、最初に戻らなければならないでしょう?天のお母様はそのようにエバに呪いを与える立場ではなかったというのです。
それなので、天のお父様と天のお母様は違うということでしょう?続けて、はい。あ、終わりましたね。終わったなぁ。

そのように今、天の父がいて、天の母がいる。お互いに意見が違う。意見の差がある。ところで、その間、ずっと天の母は抑圧を受けてきた。今、この男性たちが書いたので、それなので、そのようなウォルスン博士が、今は完全にバアル神の預言者になって、そのような役割をしているので、そのような、その話をまた、とんでもない話をしています。また、今、どんな話をウォルスン博士が言ったのかといえば、男性たちの戦いは戦争に向かうけれど、女性たちは、その死んだ子供のために涙を流す。このように言って、女性たちはその平和を作り、男性たちは戦争を作る。このような話をしていて、そして、今、カイン、アベルに対しても、このような競争的なこれは、男性の考えであり、それは女性の考えとは違う、と話しているのです。
それなので、神様の・・・この、間違ったことは、神様の犠牲的な愛を完全に無視しています。今、神様は、今、私たちの父であられる神様は、聖書を通して愛と審判と、そして、許しも下さります。そして、真理も下さります。それは、完全に・・・ところで、ウォルスンのフェミニズム、フェミニズムに立脚した、そのような、その聖書解釈は、神様とキリストが人間のために、犠牲になり、そして、どれくらい慈悲深い愛を与えてくださったのか・・・それは、完全に無視しています。

私たちみんなは、男性も、そうであり、そして、女性もそうであり、みんなが神様の栄光に比べるならば、私たちがそこに、神様の前に出て行く資格がありません。しかし、それを悔い改めることによって、重生し、そして、神様とキリストに侍ることによって、私たちがもう一度、神様の前に行くことができることを、男性も、女性もまったく同じように行くことができるということを無視しています。そうであるならば、今、韓神学、韓鶴子神学と、それは二元論でしょう?
韓鶴子神学の二元論と、原理DP はDivine Principle 原理講論のことを、み言を話しています。それを比較してみましょう。

それなので、その現在、韓鶴子神学の、その本質は、神様は、今、本質的に二元論、二元論の神様であると信じているというのです。神様は、男性と、女性が別々にあるので、それが、ある一方も、神様を完全に現すことができないというのが、韓鶴子神学です。

しかし、それに比べて、原理は神様の二性性相の和合体だ、中和的存在だと語っています。そして、今、性相と形状が一次的なものであり、そして、陽と陰、陽と陰が二次的なものであるとしています。これはまた、本体論にも出てきます。そして、神様は、心情と情と理性と、情知意の神様であられるので、私たちのために犠牲になり、そして、私たちを救援していらっしゃる、救われると原理は教えています。

それでは、ある食口が、ある家庭連合に属する女性食口がリチャード・パンザー博士に書いたメールです。これがあまりにもとんでもない内容であり、あまりにも、しかし、この家庭連合の立場をうまく現しているのでパンザー博士がここで紹介します。 Dear Rechard 、このようにこのようにメールの内容を始めます。



励ましのクリック聖霊感謝です。Sanctuary サンクチュアリ教会 真のお父様 文亨進 文鮮明 天一国 聖殿 イエス キリスト 再臨 メシア サンクチュアリ協会 サンクチュアリ 聖書にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へにほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へにほんブログ村

 当教会への連絡お問合せ

聖酒送ります。戻る祝福を受け天の直接主管を受けましょう。