2017年6月29日木曜日

「王のルール」6月、二代王亨進様が幾つか裁定を下さりました。

王のルール(王の裁定)
http://sanctuary-pa.org/index.php/kings-rulings/
「ルール 亨進」の画像検索結果

今年6月、王のルール(王の裁定)が本部サンクチュアリ教会のHPに掲載されました。
これは機械翻訳から少し修正しただけのかなり適当な訳です。あくまでも参考であり、リンク先の原文を正としてください。後日正式な日本語訳あるいはそれに準じた訳が発表されることを期待します。原文を見てここは修正したほうが良いという部分に気づかれましたら教えて下さい。


原文このPDFファイルをダウンロードするにはここをクリックしてください - "King's Rulings - 1 to 16"


裁定1
新しい真の母


新しい真のお母様がいます。韓氏オモニの異端の失敗は、イスラエルの祝福がアブラハム、イサク、ヤコブを経て完成したのと同じように、真の父母様の使命を3世代で完成させることを必要としています。真のお父様は韓オモニを妻として受け入れることはできません。韓鶴子は永遠にこの地位を失いました。文妍雅(ムン ヨナ)様は、二代王の治世が終わった後、文信俊(ムン・シンジュン)に彼女の王として侍らなければならない新しい真のお母様です。


会合参加者(GN)が裁定した裁定判決の日付:2016年6月16日
最終的な支配言語の王の承認日:2017年6月1日
キングの署名:[Hyung Jin Moon]
判決の公開日:2017年6月3日


裁定2
真のお父様の権威に戻るための祝福


天一国(チョンイルグッ)二代王は、韓氏オモニが真のお父様の聖和の後に真のお母様としての地位を去ったことをはっきりと説明しています。2012年9月3日以降に行ったすべての決定は無効です。


韓鶴子を中心に2013年2月に開催された「基元節」は、堕落した「基元節」であり、2013年2月にFFWPUの「聖酒」を飲んだり、2013年2月にこの式に参加した人々は、これらの家族は、再び血統転換の過程を経なければなりません。これは、真の聖酒を受け取り、真のお父様の権威の下で行われた聖なる祝福式に参加し、40日間の聖別期間を経て、三日儀式を行うことを意味します。
2013年2月以降、FFWPUの「祝福」に参加した人々にも同じことが言えます。
真のお父様の権威に戻るためには、2015年4月21日の祝福の指示に従って祝福されなければなりません。
40日聖別期間や三日儀式で失敗が発生した場合、統一聖殿の大陸コーディネーター(大陸会長)*は、そのような失敗を回復するための条件を決定することができます。


会議参加者(GN)が裁定した裁定判決の日付:2016年6月
最終的な支配言語の王の承認日:2017年6月1日
キングの署名:[Hyung Jin Moon]
判決の公開日:2017年6月3日

*今までの慣例・実例から、地域ではなく、所属する教会の大陸会長


裁定3
三代王権を支えるために人々が何をすべきか


1.天一国国歌として「栄光の賜物」を歌う。


2.真のお父様のみ言の、毎日の訓読(八大教本)。


3.本来の真のお父様の家庭盟誓を唱和する。


4.「天の御父様」に祈りなさい。


5.真のお父様、文鮮明が再臨の救世主であり、天一王国の二代王である文亨進が、真のお父様が確立された真の父母様の権威を継承し、御言や伝統を守る現実世界の代表者であり相続人であることを信じる。

会合参加者(GN)が裁定した裁定日の日付:2016年6月9日
最終的な支配言語の王の承認日:2017年6月1日
キングの署名:[Hyung Jin Moon]
判決の公開日:2017年6月3日


裁定4
紛 争


王国統一聖殿本部は地方紛争に関与しません。議論を奨励しますが、物理的な攻撃は奨励しません。
もし誰かが不合理で、あまりにも強く行動すれば、人々はその支配的なリーダーを離れ、別のコミュニティやプロジェクトに参加することができます。自由市場がリーダーシップを決めます。
私たちは、集中化された教会ではなく、分散化された運動を追求しています。


会合参加者(GN)が裁定した裁定判決の日付:2016年6月16日
最終的な支配言語の王の承認日:2017年6月1日
キングの署名:[Hyung Jin Moon]
判決の公開日:2017年6月3日


裁定5
王冠摂理と王冠の着用


「王冠摂理・儀式」の行事には公式の判決はありませんが、個々の場所や地方組織が王冠を受け取るためのプロセスを作成したい場合は自由に行えます。唯一の規定は、夫婦が真のお父様の権威の下に立っている祝福された夫婦だけが王冠を着用するということです。


会合参加者(GN)が裁定した裁定判決の日付:2017年2月
最終的な支配言語の王の承認日:2017年6月1日
キングの署名:[Hyung Jin Moon]
判決の公開日:2017年6月3日


裁定6
祝福二世の状況


FFWPU(家庭連合)の一員であり、良好な立場の統一聖殿の祝福二世と祝福される性的に純粋な祝福二世は、祝福二世の地位を回復するでしょう。


会合参加者(GN)が裁定した裁定判決の日付:2016年7月14日
最終的な支配言語の王の承認日:2017年6月1日
キングの署名:[Hyung Jin Moon]
判決の公開日:2017年6月3日


裁定7
祈り - 報告方法


祈るとき、祝福された夫婦は、自分の名前で祈り、報告することができます。祝福されていない家庭や一個人は、「三代王権」の名で祈ることができます。


会合参加者(GN)が裁定した裁定日の日付:2016年8月11日
最終的な支配言語の王の承認日:2017年6月1日
キングの署名:[Hyung Jin Moon]
判決の公開日:2017年6月3日



裁定8

何が堕落を構成するのですか?


祝福された結婚以外の性交は神によって定められていません。性交は、他人の性的臓器、膣性交、肛門、口頭、または衣類を通しても意識的に触れることに決定されます。これには、あらゆる形の同性愛者またはレズビアンの性行為、人間、動物および遺伝子組み換え生物体に対する人工知的代用品が含まれます。これらは堕落を構成します。偶発的な接触、健康診断、性的暴力や強姦の被害者は堕落ではありません。

原文:Accidental touching, a medical examination and victims of sexual assault or rape are not the Fall.


これらの行動のいずれかに該当する祝福二世は、一世となり、祝福を受けるために、40日聖別条件、三日儀式および蕩減棒を行う必要があります。この祝福は統一聖殿標準に従って行わなければなりません。


会合参加者(GN)が裁定した裁定日の日付:2016年6月9日
最終的な支配言語の王の承認日:2017年6月1日
キングの署名:[Hyung Jin Moon]
判決の公開日:2017年6月3日



裁定9

離 婚


離婚は以下の状況の場合、非常に残念ですが、許可されます。


1.信仰を離れる。


2.子供を持つ能力がない。


3.姦通。


会合参加者(GN)が裁定した裁定日の日付:2016年8月11日
最終的な支配言語の王の承認日:2017年6月1日
キングの署名:[Hyung Jin Moon]
判決の公開日:2017年6月3日


裁定10
人々に与えられた「象徴的」祝福の現状


過去に祝福されたカップルもいましたが、三日儀式を経ていませんでした。彼らは広報などによって真のお父様を偉大な教師として受け入れた、兄弟姉妹の父母(統一聖殿やFFWP)、またはグループや教団、クリスチャンからなる個人です。このように祝福された何百人ものクリスチャンです。彼らの教会のグループとして祝福を受けたので、彼らの名前は知られていないことがあります。そのような祝福を「実際の」祝福と数えるか、または「実際の」祝福とみなすべきかどうかという疑問が尋ねられました。真のお父様がこれらの祝福のために特別な恵みを与えたということですが、これらの祝福は「条件付きの祝福」とみなすべきであり、 彼らの血統を転換した祝福家庭ではありません。


このような「条件付きの祝福」を受けた個人と夫婦の問題についての王の判決は、真のお父様は救世主であり彼の三代王権を受け入れ、40日聖別期間、三日儀式と蕩減棒を経なければなりません。


会議参加者(GN)が採決した裁定判決の日付:2017年2月23日
最終的な支配言語の王の承認日:2017年6月1日
キングの署名:[Hyung Jin Moon]
判決の公開日:2017年6月3日


裁定11
自 殺


自殺は人間の生命という神の恩寵の冒涜です。


精神病や自殺を伴う事件は、聖和式を開催する許可を得るため王に報告されることがあります。


会合参加者(GN)が裁定した裁定日の日付:2016年8月11日
最終的な支配言語の王の承認日:2017年6月1日
キングの署名:[Hyung Jin Moon]
判決の公開日:2017年6月3日



裁定12

人工授精


非配偶者ドナーからの人工授精は、国王によって承認されていないか、認知されていません。代わりに、夫婦は養子を受けなければなりません。信仰の外からの養子は容認できますが、子供は一世です。


会合参加者(GN)が裁定した裁定判決の日付:2016年8月4日
最終的な支配言語の王の承認日:2017年6月1日
キングの署名:[Hyung Jin Moon]
判決の公開日:2017年6月3日


裁定13
中 絶


人間の生命は、受胎時に始まります。


会合参加者(GN)が裁定した裁定日の日付:2016年6月9日
最終的な支配言語の王の承認日:2017年6月1日
キングの署名:[Hyung Jin Moon]
判決の公開日:2017年6月3日



裁定14

三日間で三日儀式を完了できない。


三日儀式は、三日以内に処方された通りに完了し、行わなければなりません。例外はありません。夫婦が三日間で儀式を行えない場合は、新しい40日間の聖別期間を再設定する必要があります(大陸会長と相談して)。その後、三日儀式を繰り返す必要があります。


理想は挿入と射精ですが、物理的に可能でない場合は、単独での挿入または性器間の接触が許容されます。


会合参加者(GN)が裁定した裁定判決の日付:2016年10月20日および2016年10月27日
最終的な支配言語の王の承認日:2017年6月1日
キングの署名:[Hyung Jin Moon]
判決の公開日:2017年6月3日



裁定15
子宮内で死んだ子供たちは名前を挙げるべきです。


子宮内で死亡した子供の名前を付けるべきです(性別がわからない場合はユニセックス名)。これらの子供たちは、天一国の王によって公認された先祖解怨式を通じて解放されなければなりません。


会合参加者(GN)が裁定した裁定日の日付:2016年11月25日
最終的な支配言語の王の承認日:2017年6月1日
キングの署名:[Hyung Jin Moon]
判決の公開日:2017年6月3日


裁定16
避妊薬の使用


受胎を妨げる避妊は罪ではありません。


会合参加者(GN)が裁定した裁定日の日付:2017年1月5日
最終的な支配言語の王の承認日:2017年6月1日
キングの署名:[Hyung Jin Moon]
判決の公開日:2017年6月3日

2代王様の裁定に関する質問

サンクチュアリ教会世界宣教本部 ティモシー・エルダー本部長ブログより

久しぶりの更新です。

王様の裁定に関する質問に対してお答えした内容を公表します。

:裁定1についてですが、お父様の相対が韓オモニではないことは明らかですが、それではお父様の相対は今後どなたかが就任されるのでしょうか?
その場合、その方は真のお母様という立場にはならないのでしょうか?
文妍雅様が新しい真の母とのことですが、お父様との関係はどうなるのでしょうか?

:お父様が決定される内容だと思われます。ふさわしい時にその内容を2代王様を通して知らせてくださるでしょう。

:裁定8ついてですが、(現在出回っている和訳)は「性交は、他人の性的臓器、膣性交、肛門、口頭、または衣類を通しても意識的に触れることに決定されます。」と訳されています。
これは他人の性器・肛門に直接あるいは服の上から手または口で意識的に触れることも性交になるということでしょうか?
すみませんが、分かりやすく説明していただけると助かります。

また、「これには、あらゆる形の同性愛者またはレズビアンの性行為、人間、動物および遺伝子組み換え生物体に対する人工知的代用品が含まれます。これらは堕落を構成します。」と訳されていますが、「遺伝子組み換え生物体」とは何を指すのでしょうか?
また、「人工知的代用品」とは何を指すのでしょうか?
すみませんが、ここの部分は難解な部分ですので、分かりやすく説明していただけると助かります。

また、「性的暴力や強姦の被害者は堕落ではありません。」と訳されていますが、被害者が堕落していないのであれば、強姦によって妊娠し子どもが生まれた場合、その子は1世になるのでしょうか?それとも2世になるのでしょうか?

:祝福結婚の範囲外で、手や口などを使って他人の性器に意識的に触ることは、たとえそれが服の上からであったとしても、性行為と断定されます。遺伝子組み換え生物という表現は将来科学の発展に備えての文句です。「人工知的代用品」は、人間の代用としてAIが備わった人形と性交することを意味します。

強姦によって生まれた子供の扱いについては裁定を出しておられません。そのようなケースがあればお知らせください。

:裁定11についてですが、「精神病や自殺を伴う事件は、聖和式を開催する許可を得るため王に報告されることがあります。」と訳されていますが、精神病や自殺で亡くなった場合、聖和式を開催する許可を米国本部に取らないといけないということでしょうか?
また、精神病や自殺を伴って亡くなった場合は日本支部やその他の教会の判断で聖和式をやってはいけないということでしょうか?

:自殺は神様からいただいた賜物である命を冒涜する行為ですので原則として聖和式は許可されません。ただし、精神病による自殺、殉教に値する自殺の場合には例外として、王様が聖和式を許可される場合もありえます。該当するケースがあれば宣教本部までお知らせください。

:裁定12についてですが、「代わりに、夫婦は養子を受けなければなりません。信仰の外からの採用は容認できますが、子供は一世です。」と訳されていますが、信仰の外からの採用は容認できるということは、一般の信仰を持たない家庭から養子をもらわないといけないということでしょうか?
信仰を持った家庭すなわち他のサンクチュアリ家庭から祝福2世を養子としてもらうことは出来ないということでしょうか?

:採用」と訳されているのは「養子」または「養子縁組」の誤訳ではないでしょうか。当然他のサンクチュアリ家庭からの養子が望ましいですが、外部からの養子縁組許可されるという意味です。

:裁定15についてですが、「子宮内で死亡した子供の名前を付けるべきです」とありますが、サンクチュアリ家庭の復帰されていない親から死産した子供(サンクチュアリ祝福家庭の主体者の兄または姉として生まれてくる予定だった)について、親が復帰されておらず、数十年前の話なので今から親に死産した子供の名前を付けてもらうことは出来ません。
その場合、サンクチュアリ家庭の主体者がその死産した子供(サンクチュアリ家庭の主体者から見て兄または姉に当たる)の名前を代わりにつけて先祖解怨祝福することは可能でしょうか?

:名前を付けることは可能ですが、先祖解怨祝福は直系8列に限られます。兄弟の解怨祝福は現在行っておりません。

キリストの血統王権、真の父母・真のお父様と三代王権にクリック! 

 当教会への連絡お問合せ

聖酒送ります。戻る祝福を受け天の直接主管を受けましょう。