2017年8月10日木曜日

8月8日「死と苦難に希望を持ちなさい」/8月7日「これは歴史上一度もなかった霊的戦いです。」キングスリポート

神の為に死ぬことに希望を持ちなさい。
キングスリポート8月9日・8月8日二日分
 英韓チャット訳の一部を編集翻訳
(誤字脱字、翻訳ミス訂正は問い合わせ欄から連絡ください。見直しチェックする時間もありませんので助かります。)

8月9日の、姜先生の芸術ともいえる精神世界と深い信仰心情の説教です。
8月8日、亨進様は、「歴史上一度もなかった霊的戦い」であることをお教え下さいました。


8月9日
天一宮石庭
姜賢實先生の説教
 「イエス様の如く死する時も苦難に希望を頂く者となりなさい。」
9.11テロの真実:スペシャルゲスト Richard Gage
8月8日
神の子だと宣言する重要性
・トランプは文化戦争をしている。
・ドラッジ・ニュース 北朝鮮
・近親相姦
・トランプを助ける法務長官ジェフ・セッションズ




天一宮石庭園

今日もキングのレポートにいらっしゃったことを歓迎します。
画像に含まれている可能性があるもの:屋外、水、自然

昨日は一日中、天一宮殿に雨がふりました。
特に石庭園は雨が降るとき、最も美しいですね。 岩の単調に見えた色の深みと多様性が雨が降った時、その美しさを自慢します。 また、もみじの木の皮もそうでした。 幹の美しさが雨が降るとその倍に加えます。 木の葉の先に宿った雨粒もまた美しさ、玉のように美しく光ることを私が楽しみました。


昨日は日本石庭園の美しさを見せてくれるドキュメンタリーを見ました。 そのプログラムである僧侶は石庭園を見ながら、自分の内面の平和を探すと話しました。しかし、その言葉には合わないところがあります。 なぜならその石庭園はまだもその僧侶の外にあるためです。 平和を与えることが自分と分離されているために結局は環境の影響を受けて、自分が内面の平和を受けることになるからです。 しかし、主は異なります。 主は、私たちの内面にも伴にしてくださりながら主の心を持ったのなら私たちに平和をお許し下さります。


最近私が科学界にますます神様を信じている科学者たちが増え続けているという話をしました。
科学者たちがもっとたくさん勉強すればするほど'あ、世界には創造者(知的設計者)がいるんだな!ということを感じるようになります。 もちろん私が絶対創造者という言葉ではありませんが、この小さな天一宮殿の庭園をめぐって私は宇宙の一部分をこの庭に持ち込む気持ちで全体を歩いて感じ伴にすることができるようにデザインしました。

日本庭園を作る時は内側から外を眺める気持ちでデザインしなければならないという話をした有名な庭園もいましたが、そうような言葉は、創造主なる神を認めない、自分の人間の中に閉じ込められている哲学であると考えました。 ほとんどの人たちは内面があまりにも忙しいために事実、石庭園を歩きながらも石庭園の小さな詳細の美しさを感じることは難しいでしょう。


体を止めて気を落ち着かせて、祈祷の瞑想の心を持つことも難しいこともあります。 しかし、私は皆さんが天一宮庭に来られたときはそれ以上をすることができればいいですね。
神様の創造の美しさ、また、我々が対象の立場で神様の創造の偉大さを賞讃する心情を感じられたらと思います。 皆さんが天一宮を訪問しときに庭園を歩きながら世俗的な詩的な感想だけを感じることではなく、この世界を創造した真の詩人である神様を賛美する時間になればと思います。

姜賢實先生の説教
「イエス様の如く死する時も苦難に希望を頂く者となりなさい。」


今日の聖句は詩篇77章です。
77:1わたしは神にむかい声をあげて叫ぶ。わたしが神にむかって声をあげれば、神はわたしに聞かれる。

この詩の書いた者は自分がとても苦痛の中にいるが、自分が神様に泣き叫ぶことで、自分が慰められたと話しています。
もちろん、食口の方々も今の韓氏オモの状況が残念で心が痛いでしょうが離婚をした時、最も多くの打撃を受けるのは子供たちです。 多くの家庭連合の人々は、自分たちも真のお父様と韓氏オモニと食事もしたしスピーチも出席したと言いながら、私はその方々をよく知っている、こう言います。
しかし、それは遠くで見たのであり鑑賞したのであり、本当に近い関係だと見ることができません。
それで私は私が天一作った石庭園を歩いて行かれる時、荒野を歩きながら私たちが耐えなければならなかった韓オモニを失った苦痛も、もう一度省みて、また多くの困難と苦痛の中にも私たち全部が父なる神お一人を賛美し栄光を捧げる人生を生きていかなければならないという事実をあらためて大きく想起する時間になることを祈ります。


この詩篇では私たちが苦痛の中でも神様が我々に語られた口約束を記憶する信仰人の姿勢にならなければならないことを一緒に黙想しました。 苦難の雨が降る時には人々がより多く中に入らなければならないだろう、寒くて体が震えて雨を避けたいが、岩が雨に撃たれた時、もっと美しいように、私たちが苦難を受けた時、磐石である神様の心情をもっと深く理解できるようになります。


もちろん、岩が、晴れた日美しくないということではありません。 しかし、雨が降るとき、より美しく、その深さを人間の目に見えるのです。 そのように私たちが苦痛の雨のなかで神様の心情の深さをもっとよく見ることができます。 感じることができます。
私たちがいつも晴れの日だけを経験すれば、それが感謝であることを忘れます。
したがって、関係において良い時間だけを送ることを追求してはいけません。 難しいことが関係から生じることを恐れてもいけません。 難しいことがあるとき、それは私たちを霊的に育つようにします。


もちろん難しいことを訪ねながら、それが与える苦痛を正面から受け止めなさいという言葉を私が言っているのではありません。
ボクシングトレーニングの中で私がずっと撃たれるだけでなく、自分の顔を覆って顔に飛んで来るパンチから防ぎます。 そして一度大きく受けた時、それを記憶して、今、そんなに悪くないことを記憶します。 ここで重要なのはその霊的パンチを恐れないことなのです。


勉強をしたとき、私のために勉強したら辛いが、わが国を救わなければならない、ひいては神様のために勉強するときは、単語漢字において結果が出ると時、実に深刻になるしかありません。
単語一つを知っている知らないが、3千万が死ぬか生きるかということがここにあるとするならば、われわれは夜を徹して勉強せざるを得ないということです。
このように精誠をこめて漢字でも逃さないという心で勉強をしてみれば、必ずこの結果は私が予想できなかった良い結果を得られるはずです。


それでどれほど私たちが人生行路を歩いて行っているが深刻な場で深刻なことをしているのかということが我々に問題になることです。
命をかけた深刻な場で決心したことを本当に忘れていいのですか?

母親たちがよく言います、私の子供は頭が悪くて勉強ができないと言いますが、そうではありません。散漫になるために記憶できないのであって、死の場で死ぬ瞬間が近づいてきたところ、生きることのできる妙案が浮かんで写真を撮ったかのように瞬間的に、頭に記憶させることができるのです。


勉強をしても本一冊にしがみついてこんなに命をかけて精力を投入したのならば出来ないことありません。
昔、お父様が聖書を見る時は深刻な問題は一年でも三年でもしがみついて精誠を込めたと言われました。それでお父様の聖書を私も見ましたな、赤い線で満ちていました。
自分のための道にはいつも落胆が伴いますが、民族のために世界のために神様のための道にはいつも希望があります。 民族と世界はいつも復活していくためです。
このような事実を中心として動けば、現在はたとえ残るものが無くても彼は民族と世界とともに、必ず歴史的人物として残るということなのです。

2千年前、イエス様がその受けた苦痛は歴史的な苦痛として多くの人類の苦痛の中で残るでしょうし、彼が受けた生涯のさまざまな事情は必ず世界が相続すべき事由として残っていくのです。
私たちも現実よりさらに困難な過程を経なくては、決して最後まで残ることは難しいのです。 それで自分を中心として残したものは、結局、流れてしまう事実を私たちは肝に銘じなければならないのです。


それで、イエス様は本当に神様を中心として動く時は最後まで残ることが出来ることを知って本当に人が分からない努力をされたのだと思います。
それで、イエス様は神様の前に行くのにおいても本当に卑屈になって行かれたのではありませんでした。 あなたの御旨とともに、あなたが願ってあなたが願ってこられた決心した神様の息子としての道を行かれたのです。
今まで多くの人類が現れ、イエス様のようなその道を行くと言いましたが、実在に行った人は多くなかったのです。

お父様は言われました。 私は神様とともに、本当にイエス様が行かれたその道を行かなければならないと舌を噛みながら何度も約束されたそうです。 イエス様は処刑の場でも堂々と彼らの罪を赦されて行かれたのです。
多分その時のイエス様はこんな思いをされたことでしょう、体は神様のところに行くが、我々の時は必ず来るという信念を持って生きていかれたことでしょう。
私たちの勝利の時は、我々が世界を制覇するその時は、恩讐を愛する世界を作る考えをされました。それで、イエス様は自分が死んでいくところでも、未来の主導権に自信を持ちながらも敗亡するローマとその群れに祝福を与えられたのです。


このような事実を省みる時、イエス様は内外で全てを占領できる方であるということを、我々は考えることが出来ます。
神様の前に立てた忠孝の基準を本当に成さなければならないというその考えを何回もされたことでしょう。それで彼は本当に、イエス様によって中外で樹立されるその世界を夢見て敵を赦し下さった新しい国を麦として..
私たちの世界人類全体が頭を下げて尊敬しなければならない方でした。
イエス様は、内外からみても、本当に引っかかることがない生涯を生きて行かれました。 イエスの生涯は33年に終わったのではなく歴史とともに連綿として残っており、歴史はそれを実行してきたのです。
歴史が進めて来た方向と目的はイエス様が成就しようとされた目的と一致せざるを得なかったのです。
それでキリスト教は世界的な宗教にならざるを得なかったし、どんなに迫害を受けても栄えるという運命に処していたのです。 イエス様の前に迫害と困難が近づくにつれ、それが大きな勝利の内容と伝統になるのです。


今日の、私たち聖殿教会の食口も本当にこれと同じ道を私たちは今行っているのです。 私たちも神様のために生きて世界を救い、また、天一国を創建するために生まれたという自負心をもって私たちは生きてみ旨を成し遂げなければならないということを朝夕復誦して生きなければなりません。


お父様が2代王様に祝福祈祷され神様の王国を建てるためにどれほど精誠を込めた心情で伴にしてくださったかを私たちはよく知っています。
今日、私はこの大きなみ旨を叶えるために生まれたという信念と確信を持てば、神様の王国は必ず成し遂げられ、今日の主人の主役の役を私が残っている私自身が成さなければならないということを、我々は毎朝誓わなければなりません。
今日、我々は神様の大きな成就の目的を置いて命を捧げていく時であればあるほど、ここには希望があるのでありまた、望みを抱いて進まなければなりません。

それで私たちは本当に最後まで残ることができる私たちにならなければならないのです。
それで私たちは恩讐とともに死ぬのではなく、天とともに、死んでいかなければならず、そこに神様は必ず同行して下さるのです。 イエス様がそのような生涯を生きて行かれました。自分にある全ての力を尽くしたうえに行かざるを得ない運命の道を行かれたのです。

弟子たちがイエス様の十字架を前に、イエス様を捨てて自分自身の生命を維持するためにバラバラに散って行った時、イエス様は自分のためではなく、神様のための忠誠は、そのどのような人よりもっと暖かい心と強い責任感と明瞭な目的観を持って神様のみ旨のために十字架の道を行かれました。
このようなイエスの最後の運命を通じて歴史を導いていく新しい伝統を恩讐の世界に根を突き刺すことが出来ることを知って行かれたのです。

「父よ、できることなら、この杯をわたしから過ぎ去らせてください。しかし、わたしの願いどおりではなく、御心のままに。」 マタイ26章39節
このイエスの祈りの中にはこのような内容があるのです。
私たち聖殿の食口達と最後まで残ることができる場にいるという誓いをこの朝、もう一度しながら本当に残ることができる私たちとならなければなりません。
ありがとうございます。

ニュース:
・米国はフィリピンにあるアイシスを空中爆撃をする意向があると言いました。

・ウォーター上院議員は自分が見るとき、トランプは今年12月まで大統領職をできないだろう。 その前に弾劾になるだろうと言いました。 この女性は今後、'トランプリアルニュース'をリードする方です。

・主流マスコミは今まで自分たちが作った内容で世論操作をすることができました。 しかしこれがトランプ大統領とはうまくいかないですね。

・これは、欧州に押し寄せる難民の一つのグループです。 女性と子供たちはいません。
広報では戦争で傷ついた女性と子供たちは保護するためだと言ったではないですか!! このような難民の流入で、政府は自分の中央政府を強化できる正当性を持ちます。 より多くの権力と資産を中央に政府はこのような難民政策にすることができます。
ポーランドは難民を受け入れるが、自分の国は、同じ欧州のような文化を持った国からのみ移民を受け入れると発表しました。 アフリカや中東では自分たちは不法移民を受け入れないと言いました。 また、ポーランド外交通商部長官は'我々は、欧州連合が2015年9月に作った難民の流入政策に同意せず、従いもしないだろう'と発表しました。

9.11テロの真実:スペシャルゲスト Richard Gage
Richard Gage リチャード・ゲージ

アメリカを破壊した9/11:

eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2017/04/911-45d5.html
2017/04/27 - 9/11から約五年後、サンフランシスコの建築家、リチャードゲージが、三棟のWTCビルは、公式説明に一致するような倒壊を決してしていないのに気がついた。彼は「9/11の真実のための建築家 & エンジニア」という現在会員約3,000人の組織 ...

今日7時からはリチャード・ゲージ氏が私たちと一緒になさる予定です。
この方は9/11の真実という団体を率いている方です。
9/11事態は本当に重要な事件です。 3000人の人が世界貿易センターでその日のうちに殺されました。
16人の飛行機乗っ取り犯たちがサウジアラビア人たちであっても9/11事態後すぐ、次の日から、これはイラクの仕業だとブッシュ政府は断定し、強い政治宣伝でブッシュはイラク戦争を敢行します。

リチャード・ゲージさんは、我々の米国聖殿本部でも、一度来て9/11の真実というテーマで講演をしましたよね。
もっと詳しいことは30分後からこの方を招待して聞いてみます。



リチャード・ゲージ氏を特別ゲストとして今日お迎えしました。
この方は建築家を職業としていて、2000人の米国の建築家たちを'9//11真実'という団体を作って仕事をしていらっしゃいます。
ゲージ氏は、自分の職業の専門性で初めて9/11事態を見た時、これは絶対に火災で建物が崩壊したのではなく、ダイナマイトで建物が専門的に崩壊されたものであると確信したそうです。
9/11の事態の真実を明らかにしながらとても多くの非難と嘲弄を受けました。

リチャード・ゲージ:
はい、本当にそうでした。 多くの人々が私を置いて陰謀論者だと嘲弄しました。 しかし、私はただ、真実を知りたいという建築業者であるだけです。 また人たちが9/11事態の日、双子貿易センターの2ビルだけが崩れたのではありません。
その日に第七ビルというソロモンビルも崩壊しました。
当時、放送ではその建物は7秒でがらがらと崩れた、このビルを置いてツインビルが崩壊した影響で火災がこのソロモンビルに生じ、それでこのビルが崩れたとしましたが、絶対に絶対に絶対私の職業をかけて申し上げますが、ビルは火事でそのように崩れないのです。

第七ビル、ソロモンビルは7秒で崩壊しました。 これは絶対ありえないことです。 これは専門的な建物の崩壊です。 9/11の時に崩れました。
このビルは再度申し上げますが、双子貿易センタービルとは他のビルですが、9/11事態のときに飛行機がぶつかることもなく9/11事態の数時間後にこのように7秒で崩壊しました。
ビルは鉄の鉄筋でその柱を作ります。 そのためにこのように崩れる恐れがありません。 これは誰が見ても火災による建物の崩壊でありません。 これは人為的な建物の崩壊です。
第七ビル、ソロモンビルは特に45,000トンの鉄筋で建てられました。 しかしこれが重力の速度でがらがらと崩れているのは自然的には絶対ありえないことです。
また、全ての双子貿易センターの建物の残骸は中国に全部運ばれて行きました。

また、ツインビルのような建物は高いために外に、骨組みが崩れないように作ります。 もちろん、柱は鉄筋で作ります。 しかし、火災は絶対に鉄筋を溶かす温度になりません。 ところが、建物の鉄が溶けました。 完全に溶けて落ちました。
また、硫酸がその日の残滓のほこりから抜粋されました。 また、モルトンという物質も発見されました。 これはダイナマイトのような爆発物から発見される化学物質です。
ツインビルが崩れ落ちたビデオを見ると、溶岩のように火の液体が外に噴出されるのを見ました。 またそれはこのツインビルが爆発物で爆発したという証拠です。
9/11の真実が全ての人から隠されました。 その日のテロの衝撃は私たち全員が真実から完全に目を遠のかせました。
しかし、今は違います。 私たちはもはや、真実を掘って明らかにしなければなりません。
ほとんどの人たちは双子ビルが崩壊したことだけを知っていて第七ビルソロモンが崩れたのことも知りせん。 また、第七ビルが崩れた事実もまた知らないのです。
また、BBCが本当に不思議なことに第七ビルが崩れる前に第七ビルが崩れたと報道しました。
これを見るとき、これは全世界のメディアが加担して私たち米国人たちを騙しました。
見ておられる映像です。
第七ビルがまだこの女性リポーター後に見えます。 しかし、この女性リポーターは第七ビルが崩れたと報道しています。

2代王様:
この9/11事態後にアメリカの政府は米国の市民たちを監視検閲することを強く始めました。 政府が空港検閲、政府市民電話盗聴許容、裁判なしで人を射殺できる権限を9/11事態に持つようになりました。 今回のトランプ政府が発足し、9/11事態について真実が明らかになる可能性が見えますか。

ゲージさん:
あ、私もそうなることを本当に望んでいますが、このようにトランプ大統領が、国内外の攻撃を受けているため、この真実を明らかにする余力がないというのが本当に残念です。

2代王様:
私はゲージさんがやっている戦いがサタンと戦う霊的戦いだと思います。 どう思いますか。
ゲージさん:
はい、私もそれを悟るのに多くの時間がかかりましたけれど本当に大きな代価を払って私もその事実を悟りました。 私たちには祈りが本当に必要ですし私は本当に時間がある時に祈りをしています。 これは私の力でできることではありません。 私たちは建築家の立場で真実を話しているスピーカーとなって米国市民たちに継続して知らせる考えです。
本当に多くの米国人が9/11事態について眠っています。

2代王様:
あまりにも多くの嘘と詐欺が真に信じられている現実です。 皆さんも、もっと多くの真実の詳細を知りたい方、ユーチューブで、ビデオも探して支持をしてください。
今日、一緒にしてくださったリチャード・ゲイジーさんに本当に感謝を申し上げます。
リチャードさんとした本当に良いインタビューでした。
リチャード・ゲージ氏は2900人の建築家を集めて今の9/11事態の真実を望んでいる建築家の集まりを作って今も活動をしています。
9/11事態は米国で、市民たちの自由を中央政府が露呈しておいて奪った事件の始まりでした。

左派たちは、継続して虎視眈々とトランプ大統領を解任させることができる方法を探しています。
欧州は難民たちで完全に無茶苦茶になっています。
しかし、皆さん私たちはこうした事態を直視しながらも、絶望に陥るのではなく、我々の体にいい野菜と果物を食べさせて子供たちを神様のみ意に合わせて育て、配偶者と神様の言葉を受けて家庭を育成しながら進まなければならないのです。 いくら悪が満ちて見えてもこのように義人たちがあちらこちらに隠れています。 今日も子供たちに愛するという話をちゃんとしてください。 天で神様の王国が行われるように地で行われますようにアーメン、アージュ  

今日も伴にしてくださったすべての方々に感謝します。

これは歴史上一度もなかったそのような霊的戦いです。
 キングスリポート8月7日(木)The King's Report 08/7/2017

神の子だと宣言する重要性

今日もキングのレポートにいらっしゃったことを歓迎します。


今日の聖句はヨハネによる福音書8章13節です。
8:13するとパリサイ人たちがイエスに言った、「あなたは、自分のことをあかししている。あなたのあかしは真実ではない」。
8:14イエスは彼らに答えて言われた、「たとい、わたしが自分のことをあかししても、わたしのあかしは真実である。それは、わたしがどこからきたのか、また、どこへ行くのかを知っているからである。しかし、あなたがたは、わたしがどこからきて、どこへ行くのかを知らない。
8:15あなたがたは肉によって人をさばくが、わたしはだれもさばかない。


私たちがサタンに向かって私たち自分が神様の息子だ娘だと宣言した時、そこには神の能力が臨みます。 私が'私は真の父母様の後継者であり相続者である'と宣言した時、ある人たちは私がまるで自慢をして威張っていると考えます。 私は威張っているのでも自慢をしようとしているのでもありません。 私は事実をそのまま話しただけなのです。


しかし、天使長らは神様が私に下さった位置を宣布宣言したとき、私たちがそのように言うそのものを罪の意識を持つようにして他人の目を気にするようにする文化を作ります。
しかし、今日の聖句であるヨハネによる福音書を見てください。
イエス様は神様が自分に下さったイエスの神様の息子の位置を恥ずかしく主たり、他の人たちがどのように見るか顔色を伺いませんでした。


最近韓国の小さな宗教新聞が李相烈(イ・サンヨル)会長をインタビューしようとしました。 それでインタビューの質問を私にも見せて下さいましたが、そして意見を聞きました。
そのインタビューの質問の中のひとつは'あなた(2代王様)はこうすることが肉身の母に親不孝であると考えないのか?'ということでした。 これを見てください。 この質問はまさに私が話しているポイントを抑えています。


なぜなら私がおかしいから韓氏オモニにバビロンの淫女と話すようになりましたか? それとも韓氏オモニが真のお父様の背中の後で、サタンの霊との結婚は天正宮においておこない、真のお父様、主を背信し裏切ったからですか? そしてその真実は私が人々たちに言ったことなのに、私に罪の意識を持てと言うのです。


私は真のお父様が私を相続者の信者の位置に立ててくださったことを恐れないのです。 恥ずかしくもないのです。 イエス様を、この聖句でみてください。 イエス様は'私は世の中の光だから'と自らの正体性(アイデンティティ)を話しています。
家庭詐欺連合は、全世界的に聖殿が雨後の竹の子のように立ち上がっていると頭をかきむしりながら心配しています。 しかし、真のお父様を背信した天使長の立場では真のお父様の代身者相続者を攻撃するには限界があるでしょう。


私は、私が自分を真のお父様、主の代身者相続者に任命しませんでした。 もしあなたが堕落した天使長たちと過ごすことになれば、結局、あなたは天使長らがいるところで、永生を過ごすのです。
これは歴史上一度もなかったそのような霊的戦いです。 皆さんが真理の上に立てば、世俗的な全てのことを捨てて神様が許諾された私たちの相続権の上に立てば、神様は私たちがそのどのような状況にいたとしても共にいてくださいます。
世の中の権力者が闇の勢力が窓ガラスを金づちで打ち付けた時、粉々に壊れるように割れていくのです。



紅葉木の後ろには聖句を記そうと思います。 また、門の前の右側には男性を象徴する石を移して男性的な石庭園を作りました。 左側には女性的な石庭園を作りました。
私の天一宮の子どもたち全員が一日中働きました。


仕事をするすることはあまりにも重要です。 職業の貴賤がなく、熱心に働くことが重要です。 だから私が私の子供たちに石を移すこともさせるのです。

これもフェイスブックの写真を一度ご覧ください。
鉄パイプを石の下に置いて運用しました。 この石を移すのにかなり時間がかかりました。立ててみるとそんなに大きく見えません、機械の助けなしにこの大きな石を移すのはチャレンジでした。 写真の大人たちがほとんどサイズが同じように見えるほどこの岩が大きいです。
子供たちが一日中手伝いをしたのにです。 一度も不平不満を言わなかったことをありがたく思います。 岩を移すときは本当に注意を傾けなければなりません。 間違って指をけがしたら手が折れて1~2年間訓練もできないのです。


その夜に蛙が庭園を楽しむために来ました^^
この美しい庭園を楽しんでみようと言っている蛙がいますね^^


この庭にイエス様が船に乗っている姿をおきました。



トランプは文化戦争をしている。
アレックス・ジョーンズ、フォークソングコンテストで私が一番気に入った作品です。 一度一緒に鑑賞します。


左派既得権らは私たちを抑えたいと思います。 私たちが何でもないと言います。 それで私は今日話します。 私達は君たちが言う存在ではない!
私はキリスト教人を迫害して中絶した子どもの体を売り渡した彼らに憤慨している、そのように始まってヒラリーは本当に不細工だ。 そして彼女の体から悪臭がするそのような歌詞ですね... (この歌は同じ歌詞とメロディーを与えて歌のジャンルとセットアップを変えるインフォ・ウォーズの公募展の一環です。)
同じ歌ですが、違う感じですね。 ハスキーな声が、セラ・メラクリンという歌手の声と似ています。 (この公募戦の賞金は2千万ウォンだそうです。)


もしトランプ大統領をグローバルリストたちが大統領職から除去しようとするなら、米国の国民は結局、決起をして米国をひっくり返して内戦をするとエディ氏は言いました。 エディ氏は'彼らはまだイナゴの群れ(自由を愛し米国を愛するトランプの支持者たち)の恐ろしさを味わっていない'と言いながら、もし大統領に触って、私たちが腹が立つようにしたな草の根の保守も黙っていないであろうと話しました。 最初は私たちから選挙権を奪って行こうとし、それに失敗すると、今は私たちのトランプ大統領を奪って行こうとしているとエディ氏は大いに憤慨しました。   


主流マスコミではトランプを大統領職から排除しなければならないと公開的に促しています。 米国は英国と戦って勝った植民地の歴史があります。 それでもちろん、保守自由市民たちは平和な人たちです。 しかし、あまりにもコーナーに追い込まれると、米国の保守市民たちは、絶対に黙っていないのです。
保守派の愛国者は人間として自由を勝ち取るために、家族を守るため、地域社会を守るために、敵と戦います。


トランプ大統領は本当にある面では天才です。 トランプはただ経済、政治、戦争のみをしているのではありません。 トランプは文化戦争をしています。


レーガン保守大統領もその実、経済停滞戦争を左派としたのです。 しかし、そこにトランプは文化戦争をしています。 それで彼は左派の温床であるニューヨークタイムズ紙とCNNを攻撃しているのです。 そしてこうした米国の左派マスコミの20社の系列会社は自分たちがどうすれば良いか分からず右往左往しています。


私たちは主の中でどう生きるべきかを確実に知ることができます。 神様は人間を愛されると同時に神様は公義の方であるため人間が義に生きることを願われます。 神様は公正で公平であるから人間たちがそのような文化を作ることを望んでいます。
創造理想で夫婦が夫と妻が子供を生んで美しい家庭を作って生きることを願われています。 私たちは完璧ではありません。 しかし、我々が神様のそうした本性と品性に従おうと努力する時、我々は神様の王国を地上に建設することができます。



金正恩は、米国が北朝鮮を孤立させようとするなら、このような米国の行動に報復を誓うと脅しをかけました。
米国が経済制裁を加えたとき、3つの結果が出ることが考えられます。

1.米国経済制裁によって国が変わる。

2.米国経済制裁全く通じない。
 例)キューバ:50年の経済制裁は全く役に立たない

3.米国経済制裁、軍事報復に返って来た。
 例)日本・真珠港、神風で報復


米国は北朝鮮に経済制裁を加える時、この3種類の中に北朝鮮がどのように反応をするのか、3つをすべて備えなければなりません。
今回の経済制裁が加えられれば、北朝鮮は、北朝鮮は国の年間利益の3分の1が減ります。
---


近親相姦
マークダイス氏のビデオです。
もう同性愛者の結婚は、米国で平凡なことだと述べています。 むしろそのように言わないと変な人であると左派では取り扱います。 今やどこまで来たのか。
ある英国女性は自分の実の息子と性的関係をしたが、本当に満足したといいながら私たちは結婚もするでしょうし、赤ちゃんも生むであろうと記事で言いました。
ニュージャージー州では近親相姦が法的に認められています。 これは驚きます。 あるデニシ(という)教授は、実の兄弟姉妹たちでも、もし中絶手術をして、子供を持たないとすれば遺伝子的に問題を起こさないのに何が問題かと言っているのです。
同性愛者とか、トランスジェンダーの論理に従うなら、もし、本当の父母や兄弟姉妹であっても成人が同意すれば、性パートナーとなって結婚ができると言うしかないのです。 これはまるで狂った声のようですが、実際に起こっているのです。

カイル・トピ氏:私たちがいつも忘れてならないのは、米国内で多くのキリスト教を愛する人たちがこれを支持しない多数がいるということです。


2代王様:
そうです。 多くの声を出さない多数はこのような近親相姦が間違っており、遺伝子的にも奇形をもたらすことをよく分かっています。
このような近親相姦が法的に許容されたら、ある精神がおかしい親たちは、15歳で法的性衝動の歳を言うドイツでは自分の幼い息子や娘を親が自分たちの性的奴隷に洗脳して転落させる事件が発生するでしょうし、また左派世界でこの狂った人たちを英雄視するでしょう。

カイル・トピ:このような人たちは本当にごく少数だと思いませんか?

2代王様:
私もそう思います。 しかし、このような人たちを英雄視する文化をハリウッドで作るということが問題です。 最近もあるトランスジェンダー男性(女性と言う)に今年、何、何の賞をハリウッドであげたと言います。 このようなトランスジェンダーの偶像化文化が大きな問題だと思います。
そのため、我々がしっかりこれを整理して直視する必要があります。 そうしてこそ絶対に惑わされないのです。


トランプを助ける法務長官ジェフ・セッションズ

法務長官ジェフ・セッションズがトランプの方に自分の方向を向けています。 先週金曜日、ジェフ・セッションズは、ホワイトハウスの機密の漏えいを自分が集中的に調査すると約束をしました。 とらんジェフ・セッションズは実はとても良い上院議員としての経歴を持っています。
しかし、最初に、多くの脅迫を受けたようです。
しかし、今やトランプ大統領の良い圧迫を受けてジェフ・セッションズが大統領を助けるようですね。

マクマスターはシリア戦争を支持した主要人物でよく登場する人物です。マクマスターはアメリカ軍隊は北朝鮮を対抗して戦争を準備していると言いました。 これは危険な発言です。 韓国内では三万人の米国人が住んでいて、日本人、インド人など...あまりにも多くの外国人がソウルと衛星都市で住んでいます。 しかし米国が北朝鮮と戦争をすることになれば、韓国人のみならず、他の国の人たちも殺すことになり、結局第3次世界大戦が起こるようになるのです。


日本の市民たちは70年ぶりに核爆弾が落ちることを懸念し、70年ぶりに初めて避難の予行演習をしました。



キリストの血統王権、真の父母・真のお父様と三代王権にクリック! 

聖酒送ります。戻る祝福を受け天の直接主管を受けましょう。