2017年1月10日火曜日

天一宮入宮式<最後の祝祷>文亨進二代王2017年1月1日


天一宮入宮式<最後の祝祷>文亨進二代王2017年1月1日

今日この席に集まった祝福家庭たちは、夫婦の立場に立った祝福家庭たちは各々が王と王妃、自分たちの家庭の血統の王と王妃として立っています。 そしてその王権の先祖として立つようになりました。お父様、そして王権が全世界に広がって行かなければならないことを私たちは知っております。


とても素晴らしい人々を幸せにする福音の祈祷です。皆様にお伝え頂ければ幸いです。


(英韓通訳からの翻訳)




クリックすれば最後の祈祷の画面になります。

報告祈祷

愛多き天のお父様、勝利した天宙天地人真のご父母様!
お父様 お父様が今日この席に私達を集めてくださったことを心より感謝申し上げます。
あなたの前に集まることができたことを心より感謝申し上げます。
この王権をあなたが生かしてくださったことに心より感謝申し上げます。
真のお父様、私たちを守り導いてくださったことに心より感謝致します。


私たちを捨てずこのような不足な者たちを集めてくださいました。
私たちは雑巾にも劣る価値が無い存在であるのにもかかわらずお父様は愛してくださいました。お父様、私たちは偉くて私たちがよく出来るので今日この席に立つようになったのではなく、ひたすら真のお父様が真のお父様の愛と聖霊役事を通じてこの復帰攝理歴史を通じて、あなたの導きによって熱い救いの御手があったので今日この席に立つようになりました。 この地球上にある神様の実体をもって私たちは導かれたことをお父様、私どもは感謝して感謝して感謝するものです。
お父様、誰が再臨主とともにこの路程を歩むと想像できたでしょうか? また永遠なる天の天国に入れると誰が想像することができたでしょうか?
お父様、しかしあなたの勝利的な基台と勝利的天一国基台と勝利的三代王権の基台と祝福家庭たちがあなたの祝福の権限で、あなたの権限に帰って来た祝福家庭たちがあなたの右手に立っています。 神様の霊魂の中に立っています。


お父様、これからここにいる食口の皆さんはこの世の中の王であり女王です。 しかしお父様、私たちは肝に銘じて、肝に銘じなければならないことは私たちが傲慢になってはならずあなたの御前に栄光を捧げなければならないことを知って、肝に銘じなければなりません。
そして私たちの責任はあなたの前に栄光をお返ししてあなたを守り命をかけてあなたの相続、このような受けた内容を守ることが私たちの責任であると分かっております。
これからこの日を基点にして天一国市民たちはただ仮想的な王の王ではなく実在的な王の王になるということを知っております。
あなたの直系血統を中心とした兄弟姉妹だけでなく王の王として立つようになったのです。この祝福はあなたが実在的にこの地球上にいらっしゃる恩寵で、...その 恩寵があってこの事を成就できるようになりました。

お父様、ここにこの場に集ったすべての人々がこの攝理的な歴史そして預言がいつかは実在的に実体化することを悟るようにして下さり、あなたの王権が人類歴史上初めて実在的にこの地球上に立てられたことを悟るようにしてくださるように切に祈り願います。

お父様、あなたみ言を通じて私どもを絶えず導いてくださり、あなたの生きたみ言を通じて私どもの心と様式を導いてくださり私たちに今日この日を許諾してくださいました。すべてのものを捨てても命をかけてもサタン勢力と争いあなたの、あなたとの愛の約束を守るようにあなたが訓練してくださいました。


今日この席に集まった祝福家庭たちは、夫婦の立場に立った祝福家庭たちは各々が王と王妃、自分たちの家庭の血統の王と王妃として立っています。 そしてその王権の先祖として立つようになりました。お父様、そして王権が全世界に広がって行かなければならないことを私たちは知っております。

お父様、あなたの預言が現れております。 あなたの市民たちが天の市民たちが全ての世界、全世界に広がりこの世を祝福し統治するというみ言があります。そのようなその攝理を通じてあなたのために血と汗を 流した人々がこの場に集いましたし、すべての人々が楽な道に行っている時その血と涙と汗を流しながらこの席に集まった人々こそあなたの 横に、 創造主の席の側に立つようになるこを知っております。
しかしお父様、私たちが肝に銘じてまた銘じなければならないことは絶対にお父様の権限と、天のお父様の権限を侵犯してはならず、常に聖霊の役事を通じて導きを受け、生きたみ言を通じて私達が一日一日毎日毎日あなたに侍るよう承諾して下さり、あなたの王権を立てるように承諾してくださるよう切に切に祈り願い申し上げます。


神様のみ言にあるように神様の本霊だけで造り上げられるのはなく、このような真の息子娘の血と汗で造り上げられるという内容があります。 私たちはあなたのみ言あなたの恩寵とあなたの愛と祝福を受けました.。ここにいる者達はあなたの前に不足なるものであることを分かっております。天のお父様がどれほど受難の絶え間ない十字架の道をいかれたか知ってますし、また真のお父様がそのような道を歩まれたことも知っておりますし私たちがこの道をまっすぐに行くことができるように私たちのためにこの道を作ってくださったことも知っております。


そうでありますのでお父様、この天一宮においてこの基台の上に、ここにいる王と王たちが集いそして王の王妃が集い、私たちの心から宣布します。私達の心の底から全ての万物に宣布します。
あなたの王権が立ちました。 そしてあなたの王権が永遠であり永遠に偉大であることを宣布します。 栄光の王権そして新しいエルサレムの王権、この世に広がっていく王権がこの席に到来しました。 そしてサタンは本来の自分の席に退いていきます。


お父様感謝申し上げます。
この天一宮を中心にして新しい歴史が立ち上がりました。そしてあなたの愛とあなたの熱い視線が私達の心の底から燃え上がります。 そうでありますのでお父様、この時点をもって天一宮、私達の天一宮を守り天一国を守りあなたの王権を守ることができる私たちになるように承諾してくださり、この相続圏を私たちが命をかけて守るようにしてくださり責任を果たすことができる私たちの姿になるよう承諾してくださることを懇切にお願い申し上げます。


本当にこの攝理的な歴史の上に不足な私達を探してくださり、 あなたの救いの手によってあなたが私たちを訪ねて下さり 私たちの罪を清算してくださり、子羊の血によって私たちの復帰のために私たちの救いのために子羊の血を流されたことを知っております。
そのようなお父様を私たちは二度と裏切らないであなたに絶対的に侍り新しい文化と新しい世界を広げてまいります。

これからはあなたの王権が全世界に広がって行くでしょうし創造当時の天のお父様の創造目的がこの場を通じて広がるようになるでしょう。 お父様、あなたが下さった全ての事に感謝申し上げます。これから起こるすべての事に対しても感謝申し上げます。


ここにいる天一宮にいる兄弟姉妹のみなさんは、これ以上奴隷の立場ではなく王と王妃の心得を持たなければならないことをまた知っております。 この地球上に王と王妃の立場で今後、訓読会に参加する時そして会議、集会に参加する時この入宮、天一宮に入る時みすぼらしい心で入って来るのではなく王冠を被った王と王妃の心情で入って来るようになるでしょう。


しかしそれは優れているからそうなるのではなく、あなたの栄光によって、あなたの愛によって、あなたの決定によって、あなたの祝福によって、そのような立場に立つことができるようになったとことを知っております。
そして生きている王権の中に生きている王と生きている女王と生きている天の王権天一国、責任と自由意志の王権そして平和軍平和警察がこれからこの宮を基点にして開かれるようになります。


これから攝理史は進むでしょう。サタンを征服してすべての万物をあなたの権限で返すそのような攝理がこれから進むようになります。この福音のみ言が、王権の福音のみ言が全世界にあらゆるところに広がるでしょうし広がるようにしてくださり、そして私たちが王権の福音を伝え宣言しながらサタン異教王権が崩れさることを目の前に見るようになります。
神様の王と王妃たちが立ち上がるようになりこれがキリストの花嫁であると天の女性たちが立ち上がるようになるでしょうし、天のエバ達がキリストを通じて女性たちを導いて行くでしょう。


天一国のお父様、この驚くべき時代に生きて呼吸することができることをまことに感謝致します。
お父様、この血の中にあなたの血統があなたの息が流れ溢れていることを知っています。
人類がこのようにあなたとともに呼吸しながらあなたの生命の中に住むことができるこの道が開かれました。そして天のお父様の王権が、そして真のご父母様の王権がこの世界に永遠となるように征服し広がって行きますし、またお父様に栄光と感謝の言葉を申し上げます。


カインアベルとして三代王権がこの場に集まりましたので、あなたに感謝して感謝申し上げます。 すべての祝福家庭の名前で三代王権の名前で描いてあなたの名前で報告し祈祷お捧げ申し上げます。

アージュ、アージュ、アージュ

翻訳:ファクラブ

励ましのクリック聖霊感謝です。Sanctuary サンクチュアリ教会 真のお父様 文亨進 文鮮明 天一国 聖殿 イエス キリスト 再臨 メシア サンクチュアリ協会 サンクチュアリ 聖書にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へにほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へにほんブログ村
聖酒送ります。戻る祝福を受け天の直接主管を受けましょう。お問合せホーム 
教会主催者 三原 fanclubcomm@gmail.com 電話050-7124-8027 www.sanctuaryjp.org