2015年12月27日日曜日

《戻る祝福式の重要性》これを2016年2月13日までに受けなければ1世も2世も深刻な内容があります。

  • 電話インターネットによる「お父様に戻る祝福」随時受け付けています。
    聖酒・聖水が入ったミニ祝福キットを実費にて郵送しております、お問合せ下さい。fanclubcomm@gmail.com
期限が過ぎましたが一世として戻る道があります。お問合せ下さい。


 お問合せ・各連絡先 お気軽にお声をかけてください 


<<重要関連記事>>

天基7年天暦1月6日(陽2016年2月13日)に予定されている「真のお父様の権威に戻る祝福」が近付くにつれ、これに関連した多くの質問を受けています。特に、だれがこの祝福の対象となり、受けない場合にはどうなるのかに関する質問が主です。


それらの質問に一括してお答えする目的でこの記事を準備しました。


1.偽基元節の悲劇
天基4年天暦1月13日(陽2013年2月23日)に行われた偽基元節はアダムとエバの堕落よりも更に悲劇的な事件でした。真のお父様がアダムの使命を完成・完結・完了され、国進様と亨進様がカインとアベルとしてお父様のみ旨を中心に一つになった状態の中で、後はエバだけが問題でした。ところが、この日、エバの位置にいた韓氏オモニは、お父様ではなく、サタンと最終的に一つになって堕落しました。


アダム家庭を復帰する真の父母の使命は本来、この日に完成・完結・完了されるはずでした。しかし、韓氏オモニの堕落により、その使命は現在三代を通して完成されることになりました。




偽基元節の堕落は韓氏オモニ一人だけが関係した事件ではありませんでした。それは、その場に参加した、または所属の教会などでその聖酒を飲んだすべての人が関係し、韓氏オモニの堕落を恊助し、その堕落に参与した事件でした。


サタンと一つになった韓氏オモニと一つになり、韓氏オモニと共に堕落の絶壁から飛び降りたのです。それは、私達がお父様からいただいた尊い祝福を、自らサタンに返上する事件でした。サタンに騙されてそうしたとしても、その責任は私達のものです。


本来なら、その絶壁から飛び降りた瞬間に私達の祝福がすべて取り消される状況でした。


2.「真のお父様の権威に戻る祝福」の該当者


お父様は私達に、その祝福を取り返す道をくださいました。それが、亨進王様が今年4月から行っておられる「真のお父様の権威に戻る祝福」です。この祝福を受けるべき方は、偽基元節に参加された(所属教会で聖酒を飲んだ方を含む)すべての方です。1世、2世、霊肉祝福など、すべてです。


偽基元節の聖酒は霊的な毒です。必ず、解毒剤(お父様がご聖和以前に造られた聖酒、またはサンクチュアリ教会の聖酒)を飲んでください。


(関連記事:難を免れた家庭


3.天暦1月6日のまでの恩恵


韓氏オモニの堕落を恊助し、そこに参与したことによって、本来取り消されるべき祝福でしたが、お父様は、亨進王様を通して、天基7年天暦1月6日までの猶予期間を恩恵としてくださいました。下の該当する項を参考にしてください。


ア、偽基元節、またはそれ以降に行われた家庭連合の偽祝福式に参加しなかった。聖酒も飲まなかった。
  「戻る祝福」を受ける必要がありません。


イ、お父様のご聖和以前に1世として祝福を受け、偽基元節に参加した。
  天暦1月6日までに「戻る祝福」を受ける場合には、お父様から受けた1世祝福がそのまま有効です。
  その日以降「戻る祝福」を受けられる場合には、40日聖別期間、3日行事、蕩減棒などを再度経なければなりません。また、「36家庭、72家庭」など、当初の家庭名簿から外されます。


ウ、お父様のご聖和以前に2世として祝福を受け、偽基元節に参加した。
  天暦1月6日までに「戻る祝福」を受ける場合には、お父様から受けた2世祝福がそのまま有効です。
  その日以降「戻る祝福」を受ける場合には、1世として受けることになり、40日聖別期間、3日行事、蕩減棒などを経ることになります。


エ、偽基元節、またはそれ以降に行われた家庭連合の偽祝福式で、1世として初めて祝福を受けた。
  まだ祝福中心家庭になっておられません。「戻る祝福」を早めにお受けください。


オ、偽基元節、またはそれ以降に行われた家庭連合の偽祝福式で、2世として初めて祝福を受けたが、
  * 家庭を出発せずに祝福が壊れた。
    天暦1月6日までは独身2世として「戻る祝福」を受けることができます。
    それ以降は1世として受けることになります。
  * 家庭を出発してから祝福が壊れた。
    既に他者と性的関係を持った事実を新しい祝福相手に必ず明かすことを条件に、天暦1月6日までは独身2世として「戻る祝福」を受けることができます。
    それ以降は1世として受けることになります。
  * 現在まで家庭を維持している。
    天暦1月6日までは2世家庭として「戻る祝福」を受けることができます。
    それ以降は1世家庭として受けることになります。

不明な点がありましたら、ご連絡ください。


真のお父様の権威に戻る祝福ができる権限を頂いております。

電話インターネットによる「お父様に戻る祝福」随時受け付けています。
聖酒・聖水を実費にて郵送しております、お問合せ下さい。fanclubcomm@gmail.com

励ましのクリックを頂ければ聖霊感謝です。
聖酒送ります。戻る祝福を受け幸せをつかんで下さい。お問合せホーム 
fanclubcomm@gmail.com  tel 電話050-7124-8027 www.sanctuaryjp.org 

年に一回の先祖解怨を重視しています

 お問合せ・各連絡先 お気軽にお声をかけてください