2017年8月31日木曜日

「神様は私たちに準備万端整えよと」 8月27日聖日曜礼英語説教(全文転載)

 

神様は私たちに準備万端整えよとおっしゃいました。

8月27日聖日曜礼英語説教(全文転載)

●8月27日本文より:
ノアの時は天使長の雑種である、巨人のネフェリムなども一掃されました。来るべき最後の日が来たのです。(ネフェリム:天使と人間の女性との間に生まれた神の心を痛めた雑種)
神様が準備をせよ、と言われるとき、それはただ対策のためだけではないのです。
準備を整えることの目的はただ生き延びることではないのです。それは困難の時代の「祝福」となるためです。神様は私たちに準備万端整えよとおっしゃいました。それはわれわれが神の仕事をしていく上で影響力を得るためです。御業を成していく力を得るためなのです。


●8月29日キングスリポートより:
状況がこうなのに、私が皆さんに最小限の生存物品を準備しろという話に、あざ笑う人たちがいます。
そうではありません。皆さん、準備をしなければなりません。
これ以上、明日、明日と言いながら、先送りしてはいけません。
我々が生存するために準備をする理由は、我々が生きるためだけではありません。
私たちが生存して、神様のみ旨をこの地に実現されることを、力いっぱい助け、広げるためです。
そのような精神を備えて私たちが生きれば、万が一死ぬとしても、神様の宮で神様と一緒に暮らすことができる人になるのです


アメリカも韓国もサバイバルグッズを集めています。

韓国は戦争を想定して冬、山で長期過ごすことも考えて準備しています。



Sanctuary Church Sunday Service 08/27/2017



日本語訳字幕Videoです。
英日翻訳はサンクチュアリNEWSさんからの転載です。
お願い:当ブログ教会は、宣教と所属教会員のために御言葉をコレクションしています。ご了承下さい。


翻訳:サンクチュアリNEWS管理人 字幕:2nd Israel


「備える」ことが重要です。そして、それは聖書的です

今日はいつもと違うことをします。
先週とても大切なことを話しました。
私たちは今がどのような時であるか知っています。
9月23日には、天にしるしが現れます。黙示録12章に登場する女性が誰であるかも分かりました。明快です。極めて深刻な時、最後の時を生きているのですが、キリストにある者として、備えなければなりません。自分のライフスタイルの中にその備えを取り込まなければならないのです。この備えることに関しては幾度も話してきました。


アーサーはどこにいますか。
アーサーはここで「平和準備クラス」を担当しています。この「備える」ということは非常に聖書的であるというのです。今日、関連するビデオを見せるつもりですが、その前に、今の時について十分に理解しておかなければなりません。
通常の時ではないのです。私たちが暮らすこの時は、社会が崩壊する時であり、自然災害、私たちを取り巻くありとあらゆることが-聖書は「疫病」、「自然災害」、「超自然の霊的災難」と言及しています。


サマーキャンプで、「備えること」について、とても重要な質問を受けました。質問者は都会で働いているのですが、都会で事が起きたとき、そのための最良の備え方を知りたいというのです。最近では暴動もあるし、危害を受けそうになることもあります。ジョージ・ソロスの資金を受けて銅像を引き倒し、暴徒が走り回っています。気の狂ったテロリストです。非常に不安定化です。田舎や地方ではそれほどではありません。
しかし、もし2週間前のシャーロッツビルに住んでいたなら、水を蓄えていなければならなかったでしょう。何人かの若者はそう思ったはずです。彼らは(備えなければならないという)両親を2、3年、馬鹿にし続けてきたのです。それが、事件が起きたとたんに、「なんてことだ。食べ物を蓄えとかないと」と豹変しました。備えていなかったから愚かだったというのです。


そのようなことを言うと、普通は冗談のネタにするのです。なぜなら直面していないからです。それが身に迫って来ると急に、「これこれを貸してもらえますか」などといって準備し始めるのです。そう言ってきたら、顔を殴ることにしましょうか。最低限、頭を叩いてやりましょう。そうされても仕方がないというのです。
その人(備える人)たちは主流メディアの、大衆迎合カルトに染まることなく、徴(しるし)を見分け、時を知り、責任もって備える人を当てにしているのです。
まるで条件反射のように、まともなことすべてを嘲笑して。一度、タイラ・バンクスの番組で(緊急時の備えについて)話された時も笑い飛ばしていました。そういうことには嘲笑するように訓練されているのです。問題とならない限りは!


たとえ主流メディアがトランプを殺そうとしても、元FBIの副長官がCNNで「トランプは殺されるだろう」と言っても。バカなカルト芸能人キャシー・グリフィンがトランプ大統領の血まみれの首を手にもって掲げたとしても!


「そんなことは気にしなくてもいい」。テロリストがヒューストンで銅像を吹っ飛ばしたとしても。(将来の危機のため)「準備する」などということを、タイラ・バンクスもエレン・デジェネレス(女優、コメディアン)も笑い飛ばすのです。
あまりにも愚かになると・・・精神の戦争で最高の軍事専門家もこの手を使うのです。崩壊して、政治的、財政的にも乗っ取られようとする国に仕掛けるのです。ちょうどソロスがウクライナに実行したように。2016年のことです。
「脳死状態」になる訓練、すべてを「あざ笑う」訓練、すべてを「吹き消してしまう」訓練を受けているのです。


テレビで着飾った綺麗なトークショーのホストが、「最後の審判が来る、ですって、ははは。そんなバカなことは忘れてフラペチーノ(スターバックスで販売されているコーヒー飲料)でも飲みに行きましょう」と嘲笑します。この文化全体が、皆さんを馬鹿にしてあざ笑うようにできています。自分は普通じゃない、社会のシステムからはみ出ていると思わせる。学校の先生の言うことを聞いていないのではないか、「何も心配することない」という役人の言うことを聞いていないのではないかと。


「911のようなことは起こらない」「大統領が殺されることもない」「ディープステートなど存在しない」「ジョージ・ソロスはヒラリー・クリントンの作戦を実行などしていない」「クリントン財団はハイチの人々のためのお金の93%を盗んでなんかいない」「アメリカがアフガニスタンで麻薬なんて作る訳がない」「われわれはアフガニスタンとイラクで戦争するべきだった、たとえ911事件の犯人16人全員がサウジアラビア人であったとしても」「一切気にするな、疑うな、おとなしくフラペチーノでも飲んでいろ」
「人生を楽しめ、iPadでも見ながら」


脳死するというのです!警告を発する(脳の)偏桃体が働かなくなる。
準備することの意味を知らなければなりません。何十万という人々はもう準備し始めています。時の印を読んでいるのです。霊的に分かる人もいるでしょうし、霊的な知恵をもっている人もいるでしょう。


そういう人は気が付きます。「政治家は私が間違っているというが、自分の立場を変えずに色々話しても、彼らはトランプに関していうことはロシア、ロシア、ロシア・・・何でもかんでもロシアと関連付けようとする」。毎日、毎日、CNNもMSNBCも同じことを繰り返す。ロシア、ロシア、ロシア、ロシア・・・。


それも失敗です。調査によれば、アメリカ国民の6、7%しか、ロシアゲートを信じていないとません。はっきり言って誰もまともに信じていないのです。そこで「(トランプは)人種差別主義者だ」と方向転換した。
いまやCNNもMSNBCもトランプのことを(白人至上主義者だ」と連呼しています。(トランプ支持者の)白人でない者にさえそういっている。
狂っている!


彼らのすることは何もかもうまくいきません。失敗です。民主党の急進リベラルのパーティすら、うまくいかないというのです。彼らと同盟を組んでいる名前だけの共和党員、RINO達も!外国にこの国を売り渡そうとしている連中です。まったく邪(よこしま)な連中です。


しかし白人、黒人、アジア人に関わらず、このやり方は良くない、外国にアメリカを売り渡すのは良くない、と言い始めているグループがアメリカにもいます。アメリカも完全ではないし、アメリカ人も完全ではありません。しかしベネズエラやキューバ、そして北朝鮮のような国にはなりたくない。


狂った状態が進行中です。「準備する、備える」ことが重要です。そしてそれが聖書的だということが分かります。このあと少しビデオをお見せしますが、ジェイソン・ハント牧師は「終末のキリスト教徒」に向けての素晴らしい本を書いています。最後の日を迎えるにあたり、神様がいかに特別な使命として準備の必要性を説いておられるか。
聖書の歴史を見ても、神様は預言者たちに準備することをどれだけ求めたことか。
ノアがどれほど終末のために備えましたか。文字通り、ノアは終末に備える究極のプレパ―でした。
*訳注:プレパー:prepper(プレッパー)とは、とんでもない非常事態(終末)に備える人々のことを言う。 アメリカのメディアによると、プレッパーでグルーピングされているアメリカ人は少なくとも、三百万人いると見られている。
何と75年間、山の上で箱舟をつくり続けました。文字通り海に浮かぶ避難豪です。周りの危険からじぶんを完全に守るものです。神様が命じられました。


終末に備える人々などのことはテレビの番組でも様々に放映しています。ガスマスクやらなにやら。それがすべてではありません。ノアは、ガスマスクは用意しませんでした。ノアは神様の命を受けて山の上で、馬鹿にされ罵られても、「山の上に船をつくって、気違いだ」などと言われても準備したといいます。


しかしわれわれは箱舟の本当の性質を忘れています。それは避難豪(バンカー)だったのです。ノアとその家族を守る安全な水に浮かぶ「退避豪」です。なぜなら神様は大雨を降らせるといったからです。人びとはそのような大雨を体験したことがありませんでした。水はほとんど地下層から地下水として採っていたからです。そこに雨が降り始めました。それはどんどん水位をあげて山の上まで上がっていったのです。その時ふと、皆は気の狂ったといわれるノアを見上げました。長いひげを伸ばした、75年間、「最後の審判の日が来る」と叫び続けた人です。「大雨が大洪水になり皆、沈んでしまう」と。


周囲の者たちは75年間、彼を馬鹿にし続けたのでした。ノアは世界を洪水で流し去る審判に備えていたのです。天使長の雑種である、巨人のネフェリムなども一掃されました。来るべき最後の日が来たのです。


ノアは最後の日のため準備をしていました。審判の日のシナリオに備えていたのです。すべてを一掃する大洪水です。
ノアが箱舟をつくる過程で、神様は「家族を入れよ」といわれました。退避豪を用意してそれだけで大丈夫ですか、家畜も必要でしょう。どれだけ準備すればいいか分かりますか。何日分の餌と食料が必要ですか。いつ雨が降り止むか分からないのです。様々な種類の道具も必要でしょう。


箱舟建造に多くの道具を用いたことでしょう。メンテナンスの道具も必要でしょう。掃除用具も必要です。穴が開いたらどうでしょう、修理道具も必要です。島などないのです。ノアの視点で当時の環境、状況を考えてみて下さい。神様から命じられて、用意しなければならないと、そして準備万端だった。古いことわざに「後で悔いるより最初から安全でいるのがよい(It is better to be safe than sorry.)といのがあります。


ノアは箱舟を造っただけではなく、修理道具や、箱舟に関連するすべての物を準備しなければなりませんでした。それを箱舟に持ち込んで初めて生き残れるのです。
また(エジプトの)ヨセフを見てください。最終的にエジプト全土を治めるまでになりました。ヨセフは何をしたのか。国ため飢饉に備えて穀物を蓄えたのです。これも神様がそう命じられたのでした。結局、彼は十分に蓄えたので、自分の兄弟たちまで養うことができました。


ヨセフは蓄え、その時点で大きな権力をもっていたので、兄弟を含む、イスラエル、ヤコブの一族に土地まで供与することができました。彼らはただ食料のためにエジプトに入ったのですが、モーセの頃になると、エジプトで奴隷の立場にまで落ちました。奴隷になったのです。


神様が準備をせよ、と言われるとき、それはただ対策のためだけではないのです。ただの対策だと思えば、罠にかかり奴隷になるのです。神を中心としない別の文明の奴隷になる。それは富を中心とする文明かもしれないし、フェイク、偽りの福音です。「備える」ことの意味を忘れてはなりません。ただ生き延びることだけが問題ではないのです。


準備を整えることの目的はただ生き延びることではない



「死ぬ」ということは神様の予言の一つに過ぎません。
終わりの日には、罰せられ、迫害を受け、追い詰められ、クリスチャンは首を切られ殺される・・・。
わたしたちはそのすべてに耐える覚悟ができています。なぜなら、死んだ後、キリストと共に永遠に生きると知っているからです。
だから生き残る目的は、ただ生き延びることではありません。たとえ死んだとしてもわれわれは天のお父様とともに暮らすことができるからです。わかりますか。非常に大事なポイントです。


準備を整えることの目的はただ生き延びることではないのです。それは困難の時代の「祝福」となるためです。神様は私たちに準備万端整えよとおっしゃいました。それはわれわれが神の仕事をしていく上で影響力を得るためです。御業を成していく力を得るためなのです。


ジム・ロジャーズ、ピーター・シフ、ハリー・デントといったトップ・エコノミストたちの話をビデオで見せましたね。2017年から18年にかけて大恐慌に見舞われるというものです。2007年のリーマン危機どころではない、世界的規模の恐慌です。ドルは暴落する。ドル紙幣の価値が無くなるということです。だから備える人は、資産には成り得ないただの紙に過ぎない紙幣の代わりに実体的な物を集めているというのです。
神様はこの時、私たちを配置するというのです。人々の命をキリストにつなぐことのできる、そういう影響をもてる位置に配置する。人々も自分たちが傲慢であったことを悟るでしょう。愚かしい「有名人、芸能人」のカルトに染まっていたことを。彼らはノアをあざ笑った者たちと同じです。もはや彼らは特別ではありません。何らかの道具たり得ないのです。


(終末に)備える人たちを嘲笑した者たちです。自分たちが愚か者だったことを気付かされるでしょう。知能も乏しくまともな精神も備えていなかったと。彼らこそ馬鹿者です。
その嘲笑したすべての内容、ハハハ、フフフと嗤(わら)って人々をコケにしてきた内容。これから目の前で起こることを見たら、それをみんなトイレで流したくなるでしょう。
「ああ、水がない。ああ食べ物がない」と大騒ぎしながら。「せめて、ナイフか何か持たないと・・・」
「備える人」たちは皆に警告し、先で起こる危機を見通して準備する人のために教えてきました。もし鋭い経済的財政的な洞察力をもっていたなら、トップクラスの投資家にでもコネがあるなら、現在がどのような時か聞いてみればいい。何百億というお金を扱っている人たちです。もし聞けるなら聞いてみればいい。全員が「大変に不安定な時だ」ということでしょう。


しかし世間は、おバカな、有名アシスタントと同じ考えをもたせるグループに誘い込むのです。そればかりではなくその有名人を崇めさせようとする。化粧したハリウッドのタレントからエネルギーを受けて引き込もうとする。ハリウッドの有名俳優は、一生懸命、テレプロンプタ―に映るCIAのメッセージを読んでいるだけだというのに!


彼らは、用意すべきだ、理性的に考えて…などとは言いません。何でもかんでも「人種差別だ」すべての問題の根源はドナルド・トランプだ!すべて白人至上主義者が悪い!白人至上主義者が至る所から湧いてくる!殺人者はアメリカでは白人が最も少ないというのに!
摂理歴史をみるとき、神様はご自分の民に「用意しなさい」といいました。それは必ずしも生き延びる為ではありません。もちろんそれも大事だし、重要ですが、神様は地上天国という偉大な祝福を世界のために用意しているからです。


それが生き残るべき重要な理由だというのです。終末を生き延びることは必ずしも生き延びることだけが理由ではなく、地上に神の王国創建という最大の恩恵がもたらされるのを生きて見るために重要なのです。


だからと言ってわれわれ全員が生き残るとは限らないし、首を刎ねられない保証はありません。聖書も艱難の中間を超えるとますます悪くなるといっています。
その中間点が9月23日です。「天の大いなるしるし」が現れる日です。黙示録13章から16章。そのすべてのことが起こる。海からの地からも獣が上がってくる。


体は豹に似て、口は獅子のよう、その足は熊の足。まあ実際にそのような獣がいるのではなくそれは何かの象徴でしょう。国家の象徴でしょう。世界中の権力が集められ法律を作る。獣の印・・・これは黙示録13章に登場します。手と額に刻印を押させて、それのない者はみな、物を買うことも売ることもできないという。そういう深刻な時が迫っているのです。
聖書は、明快に、中間点をこえるとき、迫害が厳しくなり、不安定化もひどくなるといっています。現在の政治状況を見てください。進んでいく様子を。楽になりそうもないし、良くなりそうにも見えません。国は一層分裂することでしょう。CNNとMSNBCは渾身の力を込めてその方向に進めているのです。


「国を分裂させろ!」「トランプを殺せ!」
「正当に選ばれた大統領に対してクーデターを起こせ」と。毎日です。
ああ、トランプはアルツハイマーだ、とかアメリカ合衆国大統領になる資質がない、合衆国憲法修正第25条にもとづいてトランプをやめさせろ!などと。トランプがアルツハイマーだと主張しているのです。ナンシー・ペロシ(合衆国下院議長、民主党)は13回も、大統領選を戦ったのはブッシュだと言い間違えているのです。どちらがアルツハイマーなのか。
現実の逆転現象で自分達が患っている病気を全部トランプに押し付けているのです。トランプが安定をもたらそうとしているから。


もちろんトランプも完璧でもなければ、メシアでもありません。しかしアメリカが国際銀行団に売られようとしているのを食い止めているのです。文字通りマフィアのような連中です。
だから今、すべての人種、様々な信条をもつ人びとが、気が付き、立ち上がっているのです。
「いや、こちらの左翼の連中こそがテロリストだ」「奴らが火をつけている」
アフリカ系アメリカ人の多くが立ち上がって「自分たちはBLM(ブラックライブズマター:人素差別と闘うという、ソロスがお金を出している組織)を支持しない」と言っています。ムーブ・ドット・オルグもそうだし、アンティファもそうです。
いまアンティマというグループが出ています。アンチ・毛沢東という意味です。これは保守系です。アメリカでも狂気のように色々起きています。この国がここまで分裂したことはありません。


建国の父も全員が人種差別主義者で奴隷所有者だったと言っています。特にトマス・ジェファソンの奴隷所有をターゲットにしています。当時のヴァージニアでは奴隷を持たないことが犯罪だったのです。法律違反。


アメリカ建国の父は何人いましたか、56人ですね。このうち奴隷所有していたのは14人です。4分の一です。しかし扇動者は、全員が奴隷をもっていたと叫んでいます。トマス・ジェファソンは奴隷制をなくしたいと思っていたのです。憲法修正手続きに奴隷制廃止に向けた項目を入れたのです。反奴隷制に向けた初めての条文です。


ジョージ・ワシントンもヴァージニア出身ですが、奴隷をなくすことは当時違法な中、彼は「自分が死んだら自分の奴隷を皆、開放するように」と遺言を残していました。
有名な話でトマス・ジェファソンは奴隷と関係をもっていたというものがあります。(その子孫だという人がいる)歴史学者はDNA鑑定を行いました。するとトマス・ジェファソンの子孫だといっている人たちはじつはジェファソンの弟の子孫だったのです。当時、ヴァージニアの郡には26家庭もジェファソン家が存在していたのです。その内の一人が奴隷と関係をもちましたが、ジェファソン姓をもつ全員が奴隷と関係をもっていたとは言えません。
80年代か90年代に(見かけは黒人だが)自分はトマス・ジェファソンの子孫だという人をテストしたらジェファソンの弟のDNAだったというのです。しかし左翼はそれでもジェファソンだ、などというのです。弟が行ったことでも責任を問われるからです。


実際に、信じがたいほど国は分裂しているのです。もちろんヨーロッパも大変ですが、アメリカも分裂しているのです。明らかにイデオロギーです。いろんな名をつけていますが、明確に政治的サタン主義です。それに対するのが、もちろん決して完璧でも聖人でもありませんが、主権のために立つ者たちです。自律主義、人間の自由を重んじる人々です。もちろん中にはキリスト教の原理に生きる人ではないにしても、ゲイだとオープンにしていたとしても、それでもその人たちは全体主義に立ち向かっているのです。ベネズエラや北朝鮮のような国にしたくないと。


中核的進歩派、これは共産主義を意味します。バリエーションがありますが根本は同じです。とても危険な時代にいるのです。ちょうど3,4年前に私たちが言っていたように、アジアでもそうです、韓国を見てみなさい。崩壊しているのです。完全に急進的左翼に流されてしまいました。極左の文在寅が大統領になった時点で。
3,4年前に異端者たちにこの話をしたとき、私が韓オモニに話したとき、皆が笑いました。「お母様の祝福がこの国にあるのに何を言うのか。韓国はますます豊かに栄光に満ちていくだろう」といって。
3年後には韓国は大統領を弾劾し、国は大きな動乱を抱えて、それまで国のトップと渉外して築いてきたすべての基台が失われ、共産党に売られました。左翼に乗っ取られたのです。紅衛兵たちによって。


私と国進兄さんは当時韓国で、真のお父様のカイン、アベルとしてエリート層を分立するという明確な使命をもって動いていました。アべル型革命を起こすためにはエリートを分立しなければならないからです。ボルシェビキ革命やフランス革命では駄目なのです。それはいかによくなるという希望をもっても結局は別の独裁国家になるのです。
エリートを崩さなければならないのです。エリート同士が戦うのです。アベル側、神側のエリートとカイン側のエリートです。神側のエリートはサタン側エリートに戦いを挑んで一般国民もそこに取り込むのです。なぜなら彼らは戦いを挑むに十分な資産とインフラを持っているからです。


アメリカ建国の父たちは皆エリートだったのです。彼らはイギリスのエリートたちと闘いました。「自分たちはもうイギリスの言うことは聞かない」と拒絶して。当時もロスチャイルドなどはヨーロッパを一つにしようと策を練っていたのです。世界統治システムを志向して。
「それは拒否する。主権がある。ペンシルバニアやワシントン、ヴァージニアですることにイギリスにいる人間から指図は受けない」と建国の父は言ったのです。
帝国主義とは別の体制を立てる。自分達で通貨を発行し、金銀で取引できるようにする。他からの介入を一切受けずに思い通りのことをする。
こうしてアベル型革命が起こりました。


本質はマルクスが説いたような階級闘争ではないのです。真の構図は「略奪者」対「正常な人々」です。それが問題です。エリート層にも略奪層は存在するし、中流階級にも略奪層は存在します。貧困層にも略奪層がいるのです。階級は関係ありません。どの階層を見ても略奪者はいるというのです。彼らこそが問題です。
しかしマルクス主義も共産主義も、その略奪層を見ようとしません。階級だけを見ようとするのです。だから彼らは、階級間で分断し統治しようとします。しかしそれは的外れです。階級など関係なく、誰が神側で、誰がサタン側なのか、これが問題だということです。
誰が国民を守ろうとしているのか、誰が中央権力を操って人々を支配しようとしているのか。その資産を収奪して。


上流、中流、下流、そのようなものは関係ないのです。そのどこにも略奪者はいるのです。
決定的に重要なことは「略奪者」を見極めることです。「略奪層」こそ危険なのです。「ソシオパス(社会病質者)」がその次にいます。悪人です。天一国が創建されたとしても、すべての権力独占が憲法で禁止されたとしても40%いるソシオパスを悪に誘導しようとする力が働くのです。


この先3年半が生易しい時だと夢にも考えてはいけません



正常な人、善人が50%だとするなら、10%はサイコパス(精神病質者)、40%がソシオパス(社会病質者)だといわれています。ソシオパスは悪に同調しがちです。年金などの利益を欲して悪の指導者についていくのです。美徳や良心に従うことはしません。その様にする正常人は50%です。


もし正常な人々が王になるなら、中央権力は成立する余地がありません。すべては局地的に分権化されて、銃器も分け与えられるでしょう。そうなると「略奪者、略奪層」は深刻な危機に陥ります。40%のソシオパス階層は、略奪層ではなく、50%の善人が権力をもっているのを見て、自分達も善人になろうとするのです。ソシオパスは基本的に傭兵的なので、自分の利益になる方になびくのです。


天一国の環境はどのようなものか、自分の利益のためなら何でもするソシオパスが悪よりも善を行なおうとするのです。もはやサイコパスにはなびかない。この中央権力に対する飽くなき欲望をもつ者達(サイコパス)に・・・(サイコパスは)破壊、略奪なんでもする輩です。「税金」、「政府」という名目で略奪をおこなう。
終わりの時に意識しておかなければならない重要な、重要な、重要なことは何か。終末が容易いものだ、この先3年半が生易しい時だと夢にも考えてはなりません。だから準備する、備えることが重要なのです。その準備のレベルに応じて変わってくるでしょう。霊的レベルから、心理的レベルからずーっと、そのすべてのレベルで完全に備えることは無理です。しかし少なくとも、今よりは、良く備えることはできるでしょう。簡単なことから始めればいいのです。考え方を変える、それをあなたから初めるといいのです。


例えば「シャーロッツビルで起きたことを思うなら、催涙スプレーを携帯すればどうか」、それは大きな変化です。最後の時に備えて準備する人を、テレビであざ笑うタイラ・バンクスや他の番組の見過ぎでカルトに洗脳されることを思えば。タイラはああいうが分かっていない、私は催涙スプレーを携帯しよう・・・これで少し呪縛が解けるのです。


タイラ・バンクス(左)とアンダーソン・クーパー(右)
おバカなアンダーソン・クーパーが「何ということはない、何もたいへんなことなど起こらない。トランプが自分のツイッターでほら吹いているだけだ」などとバカなオタクが言っています。


要するに、準備することは聖書の教えにかなっているということです。
神の人はいつも準備し備えることを求められました。生き延びるだけが目的ではありません。神様が呼ばれるときに御旨を成すためです。神様から必要とされる時に、自分の5%を果たして準備していれば、御旨を果たす手段をもっていることになるではないですか。神様が摂理を進めるために用いられる知識や技能、必要な物資も。
そうして人々を神の国に連れて行くのです。
それではここでジェイソン・ハンター牧師のパスファインダー(探検)のトレーニング映像を見ましょう。


(映像視聴)
(二代王によるサバイバル道具の説明)
ー 以上 ー
キリストの血統王権、真の父母・真のお父様と三代王権にクリック! 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へにほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へにほんブログ村
 当教会への連絡お問合せ

聖酒送ります。戻る祝福を受け天の直接主管を受けましょう。

2017年8月29日火曜日

み言と原理で解明 「真の後継者」


<寄稿論文>寄稿論文ありがとうございます。
大変な力作でありながら、大変分かりやすい内容になっています。

下記リンク先にPDFがありますのでダウンロードして宣教活動にご活用ください。(カーソルを置いてリンク先へ)
み言と原理で解明 「真の後継者」

2017.6.10
人間の性(さが)として、私たちはまず初めに結論ありきで、 その結論を正当化するために、いろいろな理屈を作り出して しまいます。
政治家や評論家たちの政治討論を見ても、宗教家たちの宗 教的対立を見ても、それぞれが自分の考えの正当性を主張 するのみで、相手の話など聞く耳を持ちません。
これらは決 して神が人間に与えてくださった創造本姓などではなく、単 なる堕落性にすぎません。このような堕落性に満ちた人間世 界では、それぞれの思想信条を越えて、統一世界を作り出 すことなど到底不可能と言わざるを得ません。
しかし原理を知らない人が自分の堕落性を理解せず、自己 主張を繰り返すばかりで、他人の話を聞こうとしないというようなことは、ある意味仕方のないことだ ともいえます。原理を知らないがゆえに陥る落とし穴であれば、原理を学ぶことによってその堕落 性は克服できるかもしれないからです。
しかし原理を学び、原理を教育するような立場の人たちが、原理を知らない人たちと同じような落と し穴にはまってしまうとしたら事は重大です。自分は原理を知っているということで、原理を知らな い人たちよりも正しい人間だと傲慢な思いに陥り、無意識のうちに相手を見下してしまいます。
また自分の最初に抱いた結論を正当化するために、原理用語を駆使し、自己正当化の理論を作 りあげ、周りの人たちまで巻き込んでしまいます。同時に他人の意見に一切耳を貸すことなく、頭 ごなしに否定し、何が真実なのかを客観的に見つめようとしません。そんな人たちには、原理で人 を正しく導くことはできないし、理想世界を作ることもできるはずがありません。
多くの場合、最初に導き出した結論は、自分にとって心地よい、都合の良い結論であり、その結論 を否定することは、多大なる犠牲を払うことになってしまうのです。ですから自分を否定することが 出来ず、自己犠牲の道を行くこともできないため、最初の結論に執着し、真理を受入れることもで きなくなるのです。
しかしその道は、真理を否定する道であり、神を裏切る道であり、自己愛の結果としてサタンの元 へと向かう、破滅の道です。そのことに気づくためには、まずは自分が導き出した結論を一旦捨て てしまわなければいけません。そして自分の損得を忘れ、どこまでも客観的な立場に立って、真理 に従う謙虚な姿勢が要求されます。ただ神の願いに生き、神の願いを果たすために、100%自分 を捨てることができれば、必ず正しい答えが見えてくるはずです。
ここで参考に、徳野会長が真のお父様の病床に行った時、どのような心情になり、どのような決意をされたのかを見てみることにします。2016 年 10 月 16 日、盛岡家庭教会における出征式で語ら れた内容(「世界家庭」2016.12/P.19〜)
「真のお父様の病室に入れていただいたとき、13 本の管を 体にお付けになったお姿に衝撃を受けました。私はそのとき はっきり分かったのです。お父様は間もなく霊界に行かれる だろうと。そして次の瞬間に脳裏をよぎったのが、私自身もも ちろん、どの食口も一度たりとも経験したことがない、『お父 様が地上におられない統一教会』の時代にいよいよ入るの だということでした。私は『信仰観を切り替えなければならな い』と思いました。
つまり、あまりにも真のお父様の存在感が強烈なので、どうしても、どちらかといえば真のお父様だ けを見詰めがちな信仰から、お父様を見詰めてきたのと同じ心情基準、信仰基準で、お父様の代 身である真のお母様を見詰めて歩んでいくという信仰に切り替えるということです。真のお父様を 慕うのと同じ信仰基準で、どこまで真のお母様を見詰めることができるのか、言い換えれば、お父 様が地上からいなくなられても、寂しく思わない心の状態を保つことができるのか。それが問われ る時代を、いよいよ迎えるのだと思いました。
そして、『地上においては、真のお父様中心の信仰の時代とも言うべき統一教会の歴史の第 1 章 が終わり、真のお母様中心の信仰の時代ともいうべき第 2 章が始まろうとしている。すなわち、統 一教会の第  2 幕が開けるのだ』と心に深く刻み込んだのです。」
この講演内容を見ると、旧統一教会、現家庭連合の会長である徳野会長は、真のお父様亡き後 の教会は、韓お母様が中心となるということを無条件受け入れ、その事実をいかに受け入れるかと いうところに信仰を立てたということがわかります。そしてその後の教会から発せられる指針も、韓 お母様の言われることを、無条件受入れることにのみ信仰を立て、韓お母様のみ言に疑義を抱く ことは許されない状態でした。たとえ韓お母様がご自分を「独生女」と言われたとしても、たとえ韓 お母様が、真のお父様には原罪があったと言われたとしても、無条件韓お母様の言われることを 受入れることが信仰となったのです。
会長である徳野会長が韓お母様を後継者として無条件受け入れることに信仰を立てたように、家 庭連合ではほとんどの食口たちも、韓お母様を後継者として無条件受入れることに信仰を立てるようになりました。そのため家庭連合では、韓お母様こそが真のお父様の後継者であり、「独生女」であるということを正当化するため、真のお父様の都合の良いみ言のみを引っ張り出しては、「独 生女」神学を作り上げています。最初に結論ありきで、その結論を正当化するための理論作りを 行っているのです。
真のお父様の聖和を前後し、統一教会は大きく分けて 3 つに分裂してしまいました。神の摂理を 担う中心宗教がその使命を果たしていたらば、決して分裂することなどあり得ませんでしたが、結 果的に 3 つに分裂してしまったということは、統一教会自体にサタンが侵入してしまったからである という結論を前編では明らかにしてきました。また誰にどのようにしてサタンが侵入してしまったのかということも明らかにしました。統一教会にサタンが侵入してしまったため分裂してしまったことは、 原理から見て間違いのない事実です。
そして現在、主に 3 つの団体が自分こそは正当な後継者だと主張しながら対立しています。神は、 または真のお父様は、3 人もの人を後継者として立てようとしていたのでしょうか?それはあり得ま せん。神が立てた、真のお父様が立てた後継者は、たった一人しかいません。分裂を引き起こす ような形で、後継者を 3 人も立てることなどあり得ません。
後継者問題は、旧統一教会の分裂問題の中でも、最も核心的な問題です。旧統一教会が家庭連 合となり、ある意味自然な成り行きで韓お母様が権力を継承しましたが、真のお父様の御心は実 際はどこにあったのでしょうか?

後継者問題を最初に結論ありきで考えるのではなく、神の願い、真のお父様の願いはどこにある のかを、何の先入観も持たずに、白紙の状態で考え、そこで得た結論を素直に受け入れる謙虚さ が私たちに求められているのではないでしょうか?

ここでもう一度真のお父様は、いったい誰を後継者として立てたのかについて、できるだけ原理に基づいた客観的資料を基に考察を進めてみたいと思います。
後継者問題を考えたとき、最も重視されるべきものが、
1)真のお父様は後継者問題に対しどのように語られていたの か?
ということです。 よってここではまず、真のお父様のみ言を中心に後継者問題を見ていくことにします。
しかしみ言というのは、断片的な部分だけを見るのではなく、そのみ言が語られた時期、そしてそ の背景についても分析していかなければ、そのみ言の本当の意味を理解することはできません。 よって、
2)真のお父様が後継者問題について語られたみ言の時期、そしてそのみ言を語られた背景につ いても分析していかなければいけません。
同時に、真のお父様は時として、全く反対のみ言を語られていることも多いため、 3)反対の意味を持つみ言についても見ていきたいと思います。 また真のお父様によって明かされた統一原理を学び、み旨の道に集った私たち食口は、全ての問題の解決を統一原理と真のお父様の路程の中に見出さなければいけません。後継者問題を考える時も、何をもって後継者と判断するのかその判断基準は、やはり統一原理、特に復帰摂理歴 史の中に見出すことができます。そしてその最も典型的な答えは、アブラハム家庭の中にあります。

アブラハムは信仰基台を復帰するための中心人物として、象徴献祭を捧げました。その時、羊と 雌牛は二つに裂いて捧げましたが、ハトだけは裂かずに置いたため、荒い鳥が降りてきて象徴献 祭に失敗し、アブラハムにサタンが侵入してしまいました。
アブラハムが「象徴献祭」に失敗したのち、神は再びアブラハム に現れ、今度はイサクを燔祭としてささげよと命令されました。そ の時アブラハムは、自らの命よりも大切なイサクを捧げる決意を することにより、「象徴献祭」の失敗によってサタンの侵入を受け た自分自身を殺した立場に立ちました。そして神は、「あなたが 神を恐れる者であることをわたしは今知った」(創 22.12)と言わ れ、イサクを生かすことで、イサクを死んだ立場からよみがえら せると同時に、アブラハム自身をも死から再びよみがえった立 場に立たせました。こうしてアブラハムとイサクは、み旨を中心と して、一体不可分の立場に立つようになりました。
このイサク献祭から学べることは、中心人物の勝利圏を相続 できる後継者は、中心人物と完全に心情一体化していなけ ればならないということです。これが最大の条件と言えます。
例えばノア家庭で、40 日間の洪水審判の後、ノアが天幕で 裸で寝ていたのを見たハムは裸を恥ずかしく思い、兄弟を 扇動してノアの裸を着物で覆った行動が罪となりました。これ はハムがノアと心情的に一体不可分の立場に立てなかった ために、ノアの信仰基台勝利の条件を受け継ぎ、実体基台 の中心人物には立てずに摂理に失敗してしまったのでした。
そこで各後継者たちは、


4)真のお父様と心情一体化しているのか?
または心情一体化していると言っていたとしても、実際はどうだったのかについて、その証言や証拠を元に分析していきたいと思います。
次にヤコブ路程を見ると、ヤコブはパンとレンズ豆のあつもの を与えて、エサウから長子の嗣業を奪いました。そして母リベカの協助のもと、ヤコブは知恵を用いて、エサウからイサクの 祝福をも奪ってしまいました。
その後、21 年間のハラン苦役路程を勝利し、天使に対する主管性を復帰し、エサウを屈服し、カナン復帰を果たしまし たが、ヤコブが摂理的中心人物として立てたのは、長子の嗣 業とイサクの祝福を奪うことが出来たからでした。つまり摂理 的中心人物として立つために必要なもう一つの条件物が、
5)長子の嗣業と、祝福だったということです。
またイエス路程を見ると、イエスが世界的カナン復帰路程の中心人物として立った時、イエスはサ タンによって直接に三大試練を受けました。このように摂理的中心人物には、常にイエスの三大試 練に相当する試練がやってきます
サタンの三大試練を復習すると、
①神の第一祝福の復帰の基台
イエスが荒野で 40 日の断食を終えられたとき、サタンがその前に現 れて、「もしあなたが神の子であるなら、これらの石がパンになるように 命じてごらんなさい」(マタイ 4.3)と試練してきた。 この試練に対するイエスの答えは、「人はパンだけで生きるものでは なく、神の口から出る一つ一つの言で生きるものである」(マタイ 4.4) というみ言であった。 こうしてイエスは、個性完成したメシヤの立場を取り戻す試練に勝利 しました。
②神の第二祝福の復帰の基台
次にサタンはイエスを宮の頂上に立たせて、「もしあなたが神の子で あるなら、下へ飛びおりてごらんなさい」(マタイ 4.6)と言った。 これは、イエスが主人公の位置から下りて堕落人間の立場に戻るならば、自分がイエスの代わりに 神殿主管者の位置を占領するという意味だったのである。 これに対してイエスは、「主なるあなたの神を試みてはならない」(マタイ 4.7)と答えられた。 こうして本神殿であり、新郎であり、また人類の真の親として来られたイエスは、すべての信徒たち を、分神殿と新婦、そして子女の立場に、復帰することができる条件を立てられたのでした。
③神の第三祝福の復帰の基台
最後にサタンは、イエスを非常に高い山に連れていき、世のすべての国々とその栄華とを見せな がら「もしあなたが、ひれ伏してわたしを拝むなら、これらのものを皆あなたにあげましょう」(マタイ 4.9)と試練しました。 これに対してイエスは、「主なるあなたの神を拝し、ただ神にのみ仕えよ」(マタイ 4.10)と答えられ た。 こうしてイエスは第三の試練にも勝利され、被造世界に対する主管性を復帰し得る条件を立てら れました。
そこでここではもう一つ、韓お母様、文顯進様、文亨進様が
6)三大試練にあった時の対応についても比較してみたいと思います。
つまりここでは、これら 6 つの項目を中心に、真のお父様の後継者問題について紐解いていきた いと思います。

①韓お母様

1)真のお父様のみ言に見る後継者の根拠

伝統はただ一つ! 真のお父様を中心として! 他の誰かの、どんな話にも影響されてはいけま せん。先生が教えた御言と先生の原理の御言以外には、どんな話にも従ってはならないのです。 今、先生を中心としてお母様を立てました。先生が霊界に行ったならば、お母様(韓鶴子夫人)を 絶対中心として、絶対的に一つにならなければなりません。今、お母様が行く道は、お父様が今 まで立てた御言と説教集を中心として、行かなければならないのです。他の言葉を述べるのを許 しません」(『祝福』1995  年夏季号、68 ページ)
「これからは先生がいなくても、お母様一人でみ旨に何の支障もないというのです。…ですから、 先生が一人でいても真の父母様の代身であり、お母様が一人でいても真の父母様の代身です」
(同 115-116  ページ、1990.3.27)
「私は第一教主、お母様は第二教主です。」(同 116  ページ、1990.5.6)
お母様を中心として皆さんが一体になっていかなければならない時が来ました。もう先生がいな くても、お母様が代わりにできる特権を許諾したというのです。…先生が第一教主であれば、お母 様は第二教主であると世界的に宣布し、天地に宣布します」(同 116-117  ページ、1994.11.27)

2)そのみ言の語られた時期、背景

家庭連合が韓お母様の正当性を証明するために発表しているこ れらのみ言を見ると、真のお父様は韓お母様を第二教主に任命し、 今後は韓お母様を中心にみ旨を進めていこうとされているように 見えます。
しかしもう一歩深読みすると、これらのみ言が語られたのは、1990 年から 1995 年頃までであり、そ れ以降に語られたみ言はありません。この時期は、女性連合が出発し、1991 年 9 月に東京大会、 その後、1992 年 4 月に、「世界平和女性連合」が創設された時期でした。つまり、これから女性の時代を迎え、お母様を中心として摂理を進めていくために、お母様を励ますと同時に、お母様を 中心として今後の摂理を進めていくんだと信徒に向けて語られたもでした。決して、真のお父様 の聖和後の後継者を示すためのみ言ではありませんでした。
1999 年 9 月 9 日の 9・9 節宣布によって、母子協助時代が終わり、父子協助時代に入ることによっ て、それまでとは全く反対のみ言が語られるようになりました。
「オモニはいなくてもかまいません。オモニはいくらでも探し立てることができます。」(1999.9.9)
「オモニが堕落したので外れるのです。」(2000.3.06)

父が母を通じて生んだ息子が相続することの出来る時代が来るのです。」(2000.11.11)
「お母様がどうして神様の夫人の位置に立つのですか?堕落した女性として、どうして真の父母 の夫人の位置に立つの?」(2009.7.12)
このように 1999 年 9 月 9 日の 9・9 節以降、韓お母様は第二教主どころか堕落した女性として、真の父母の夫人の位置に立つことはできないということを明確に語っておられます。同時に、父が母 を通じて生んだ息子が相続すると語られていることから見ても、家庭連合が韓お母様が後継者である根拠とするみ言はすべて間違いであり、真のお父様は韓お母様は後継者とはみなさず、息子 が後継者になると語られているということがわかります。

3)後継者であることを否定するみ言

「今までの復帰歴史においては母子が協助してきましたが、母子協助時代が過ぎ去るのです。蕩 減の歴史は母子オモニと息子娘が犠牲となって復帰されましたが、9・9 節を宣布して南北が統一 される運勢に入り、父子協助時代に入るのです。オモニはいなくてもかまいません。オモニはいく らでも探し立てることができます。」  (み言葉選集 303 巻 p264、1999 年 9 月 9 日)
「第一次、第二次大戦を終えて第三次時代へと越えながら、すべてを埋め尽くし、ついに整備さ れたカイン・アベル圏、聖霊を中心として霊的な準備を連結させて、実体的基準を中心とした再臨 主と一つになって、母子協助時代から父子協助時代に転換するのです。そのためには母親がい なくならなければならないのです。それゆえ、蕩減時代の母ではなくて、直接的時代の父が母を 通じて生んだ息子が相続することの出来る時代が来るのです。」
(家庭連合時代―主要儀式と宣布式  Ⅳ 1999 年 7 月―2001 年 1 月、父子協助時代宣言 2000
年 11 月 11 日、p602)
「母子協助時代を経て、父子協助時代に越えていくと言う事を宣布しました。その時が何時なの か?2000 年 11 月 11 日です。その日を宣布したのです。・・・・ 父子だけが中心となって継代を受け継ぐことの出来る、この様な時代に入った事実を記憶する今 日であることをお願いします。分かりますか?」
(統一世界、404 号 2004 年 10 月号、p32)
「最後にはオモニが問題となります。オモニが堕落したので 外れるのです。そして父子時代に入るのです。息子がオモ ニを呼び止めることができ、アボジもオモニを呼び止めるこ とができるのです。」                      
(み言選集  318 巻 172 ページ 2000.03.06 <父子協助復帰時代>)
「お母様がどうして神様の夫人の位置に立つのですか?堕落した女性として、どうして真の父母 の夫人の位置に立つの?真なる僕の夫人の位置にすら立てず、追い出されて、それを殺してし まって、それなのにですよ。そのような人を捕まえて神様の夫人の位置に立てますか?そのような亡霊のような行動が何処にありますか?」 (み言選集 614 巻 28 ページ  <カインとアベルの戦 略> 2009.7.12 天正苑)

4)真のお父様との一体化

家庭連合が韓お母様こそが真のお父様の後継者であるとする根 拠は、一にも二にも真のお父様と韓お母様とは完全一体であると いうことです。実際真のお父様は、何度も何度も真のご父母様夫 妻が最終一体となられたことを宣言されています。
・「真の父母様夫妻が横的に最終一体を成した。」
2010 年 6 月 19 日  午前 2 時 20 分
6 月 26 日  午前 3 次 25 分
・「真の父母様ご夫妻は最終一体」
2010 年 11 月 22 日
2011 年 2 月 3 日
・「すべての摂理の完成、完結、完了と最終勝利を宣言」
2011 年 12 月 11 日
これらの宣言の通りに、真のお父様と韓お母様が完全に最終一体化していたのなら、韓お母様に も後継者として立つ資格はあったかもしれません。しかし韓お母様が後継者として立つためにはさ らにいくつか条件があります。
まずは前項で掲載した、家庭連合が韓お母様こそが後継者である根拠とする真のお父様のみ言 をもう一度見てみると、
「伝統はただ一つ! 真のお父様を中心として! 他の誰かの、どんな話にも影響されてはいけま せん。先生が教えた御言と先生の原理の御言以外には、どんな話にも従ってはならないのです。 今、先生を中心としてお母様を立てました。先生が霊界に行ったならば、お母様(韓鶴子夫人)を 絶対中心として、絶対的に一つにならなければなりません。今、お母様が行く道は、お父様が今 まで立てた御言と説教集を中心として、行かなければならないのです。他の言葉を述べるのを許 しません」(『祝福』1995  年夏季号、68 ページ)
とあります。つまりここでは、

・伝統はただ一つ! 先生が教えた御言と先生の原理の御言以外には、どんな話にも従ってはな らないのです。

・お母様が行く道は、お父様が今まで立てた御言と説教集を中心として、行かなければならない のです。
・真のお父様を中心として! 他の誰かの、どんな話にも影響されてはいけません。他の言葉を述 べるのを許しません

このように真のお父様ははっきりと言い切っておられます。しかし真のお父様の聖和後、家庭連合 は矢継ぎ早に、真のお父様の立てられた伝統を次々と破壊してしまいました。
・お父様の天聖経の削除を含む大改編。
・お父様が涙を流しながら歌われた天一国国歌(栄光の賜物) の変更。
・家庭盟誓において「神様」を「天の父母様」に変更。
・成婚問答の簡略化。
・女性神の実質的導入。
・建国の根幹たる憲法から統一原理を疎外。
同時に韓お母様は、自らを『独生女』と宣言し、真のお父様は原罪を持って生まれてきたと発言し、 文氏の血統を貶め、韓氏の血統を尊重する発言を繰り返しています。そればかりか原理本体論を 封印し、統一原理までも改竄し、独自の独生女神学の構築を行っています
これらの事実を見ると韓お母様は、真のお父様の立てられた伝統を破壊し、み言を改竄し、自らを 独生女、メシヤとする、新しい教えを語られていることがわかります。そして自らを高め正当化する ために、相対的に真のお父様の尊前性までも地に落とそうとしているのです。つまり真のお父様の 戒めを破り、完全に真のお父様の願いとは相反することを行っているのです。
今の韓お母様は、真のお父様と完全最終一体化していると言えるのでしょうか?正しい判断能力 を持っている人なら、完全最終一体化しているとは思えないのではないでしょうか?つまり真のお 父様の後継者として最も大切な資格、真のお父様とは心情一体化はなされていなかったと判断す るしかありません。
このように見ると、真のお父様が聖和前、何度も何度も最終一体化宣言をされたということは、韓 お母様から何らかの条件を奪い、一縷の望みをかけ、条件的に何度も最終一体化宣言をされて いたのではないでしょうか?真のお父様にとっても最後まで韓お母様と最終一体化したかった、 狂おしいほどの心情の痛みを感じざるを得ません。それがただ単に、自らの問題だけではなく、神 の願いであり、人類全体の問題であり、生涯を共にした韓お母様の永遠の生の問題でもあります から、今はどれほど嘆き悲しまれていることか想像を絶するものがあります。
そのような韓お母様に悔い改めていただき、再び本然の位置に戻っていただくためには、家庭連 合に残る全ての兄弟姉妹たちが、韓お母様の間違いに気づき、真のお父様の元に戻ってくること が唯一の道なのではないでしょうか?

5)長子の嗣業と祝福

長子の嗣業とは具体的には後継者として、祝福の権能、聖酒を作る権能、先祖解怨の権能、教会 の指導者としての任命等が考えられます。

韓お母様に長子の嗣業を伝授されたというみ言や記録は一切ありません。 同様に韓お母様に、後継者としての祝福も与えられたという記録もありません。

つまり韓お母様には、真のお父様から長子の嗣業も伝授されておらず、後継者としての祝福も与えられていないわけですから、韓お母様は真のお父様が認めた正当な後継者ではないということです。

(嗣業:神から受け継いだ賜物、具体的には土地、富など相続財産、占有物を意味する。)

6)3 大試練

「お母さまは 2013 年 6 月 16 日までに完成しなければならない。そうして本然の位置にまで戻らな ければならない」(2007.5.11 天正宮訓読会)
「私が 93 歳、お母様が 70 歳で完成級の聖婚式をもつことですべての祝福家庭と共に完成した天 地の時代に入ることができる。」(2011.8.29 天正宮訓読会)


このように真のお父様は語られましたが、2012 年のご聖誕日に行われる予定だった聖婚式をキャ ンセルされました。そして韓お母様にさらに一年の猶予を与えられ、願われる基準での一体化を待たれましたが、お父様のご聖和により、その最後の完成段階の「真の父母聖婚式」は果たされる ことはありませんでした

本来韓お母様は基元節に、第三次「真の父母様聖婚式」を行い、真のお父様のみ言と伝統を守り、 その相対としての真の母の位置を守っていたらば、韓お母様自身も自動的に完成することができ ました。そして韓お母様の完成によって、全ての祝福家庭も創造本然の世界に入ることのできる時 代圏を迎えることができていたのです。その勝利はすなわち、韓お母様が神の第一祝福復帰の基台を勝利することを意味し、同時に神の第二祝福復帰の基台を造成することを意味しました。

しかし韓お母様は 2012 年 1 月 18 日頃、金孝南訓母様主礼の元、何らかの霊的存在との結婚式 を挙行しました。
「2012 年 1 月 18 日、ある結婚式がありました。 天正宮において。それは金孝南氏が主礼をし、韓 氏オモニと、ある神、どのような神か分かりませんが、ある神との結婚式でした。 神様ではありませ ん。  神との結婚式でした。  お父様はそこにいらっしゃいませんでした。」(2017.5.10  文亨進様)
アボジがおられない間に他の霊人と結婚したということはどういうことでしょうか。
第一にアボジは離婚したということ 第二にサタンと結婚したのです。
韓氏の血統  サタン王の血統に再び帰りながら萬王の王と離婚しながら、
後ろでサタンと姦通   結婚   堕落!した失敗した堕落したエバになってしまいました。」(2016.8.3
文亨進様)

このように韓お母様が、神と称する霊的存在との結婚式を行うことにより、真のお父様との第三次 聖婚式は行われませんでした。そして真のお父様とは離婚をし、サタンと結婚した立場に立ってし まいました

このようにして韓お母様は、サタンの三大試練のう ち第一試練と第二試練を乗り越えることはできま せんでした。
また韓お母様は、天使長たちから長い期間をかけ て、次のように誘惑されてきました。
「天使長達は『あなたは神になれる。あなたは神です。あなたはメシヤです。あなたは神様の一人娘 です。あなたは女神です。』とお母様を誘惑しました。」(2015.4.12 文亨進様)
その結果韓お母様は、自らは真のお父様の相対ではなく、韓お母様自身がメシヤであり、独生女 であると信じるようになり、そして自らを神と称するようになってしまいました
「3   年前お母様が私に、『私は誰ですか』と尋ねた時、私は『あなたは勝利された真のお母様です。』と答えました。お母様は、『いいえ、私はメシヤです。私は神です。』と言いました。 私はお母様に『あなたは神様ではありません。あなたはあなたを神様だと言ってはいけません。そ うしたら、あなたは神様からの裁きを受けるでしょう。神様はあなたを失望させ、誰が神様なのかを、 あなたに教えるでしょう。』と言いました。 お母様は笑って『天地のお母様がいる韓国に何が起こるというのですか。神様の祝福と守りがここ にはあるのです。』私達は『それは違います。』と言いました。」(2015.7.5  文亨進様)

このように韓お母様はサタンの誘惑に負け、霊的存在と結婚をすることにより、主なる神を拝し、た だ神にのみ仕えることを拒否し、サタンを拝し、自らを神と称するようになってしまいました。またその結果真のお父様の立てられた世界的なすべての基盤も、正当な後継者から略奪してしまいまし た。つまり神の第三祝福復帰の基台を造成する試練も乗り越えることが出来ずに、神よりも万物を 拝し、自らを神と称する存在となってしまったのです。


※資料(二)2-2  2017 年 5 月 10 日(水) 文亨進様説教
2012 年 1 月 18 日、ある結婚式がありました。 天正宮において。それは金孝南氏が主礼をし、韓 氏オモニと、ある神、どのような神か分かりませんが、ある神との結婚式でした。  神様ではありませ ん。 神との結婚式でした。 お父様はそこにいらっしゃいませんでした。ですから・・・、お父様は麗 水か?巨済島か?に、いらっしゃいましたが、その内容を報告を受けて直ちに上って来られました。 そして、その翌日 1 月 19 日、訓読会でお父様は韓氏オモニと四人の指導者を立てて、自分に絶 対的に従うということを、もう一度誓いをするようにされました。


ユンチョンロ、ソクジュンホ、キムヒョル、ファンソンジョこの四人がお母様と一緒にお父様の前に立って、そして絶対服従を宣誓する ようにされました。 お父様はまた別に行動すれば、滅び、死ぬだろうと言うお話もされました。 その 時は 2012 年 1 月 19 日です。
お母様は、これからは、お父様の前に絶対服従しなければならない。 そして、隣に座っていたお 母様を見て立ち上がって、前にお父様に向かって立たせて、四人の指導者達、先程の四人を呼 んで、お母様と一緒に絶対服従するように誓わせました。そして、その人たちが拍手してそれを確 認するようにされました。
そしてお父様はまた、昼の神様と夜の神様が今も戦っている。と仰いました。    それ故にお父様が完成級の聖婚式を延期されたのかは、私たちは分かりません。その十日後にある予定だった聖婚式が一年延期され、結局、お父様はその前に、霊界に行かれました。お父様のそのような御言 葉を残してです。
※資料(二)2-3   サンクチュアリ NEWS
「お母さまは 2013 年 6 月 16 日までに完成しなければならない。そうして本然の位置にまで戻らな ければならない」―2007 年 5 月 11 日 天正宮訓読会
私が 93 歳、お母様が 70 歳で完成級の聖婚式をもつことですべての祝福家庭と共に完成した天地の時代に入ることができる。―2011 年 8 月 29 日、天正宮訓読会
とお父様はおっしゃったが、2012 年のご聖誕日に行われる予定の聖婚式をお父様はキャンセル された。そしてお母さまにさらに一年の猶予を与えられ、願われる基準での一体化を待たれた。 しかし、お父様のご聖和により、その最後の完成段階の真の父母聖婚式は果たされることはな かった。

②文顯進様

1)真のお父様のみ言に見る後継者の根拠

父子協助時代を迎えた 2000 年頃の真のお父様が語られ たみ言を見ると、
「父母様が、霊界の長子である興進君を呼んで、このよう に祝福された家庭を立て、一緒に統一的宣言をすること によって、先生が祝福をしてあげるのではなく、今後は興 進君が祝福をするのですが、興進君がいなければ、顯進 君がお父様の代わりに祝福できる時代になるのです。」
(三時代大転換一体圏統一祝福式のみ言  2000 年 9 月24 日  )
「これから先生が興進君を中心として父子一致理念と、そ の兄と弟を中心として顕進君が父子一致理念を中心として、祝福行事を天地で、どこでも、思い のままに行うことができる解放時代となります。」
(祝福移譲宣布式  2000 年 9 月 24 日 天宙清平修錬苑)
このように真のお父様のみ言の中で、文顯進様が祝福行事を行う時代が来ると明確に語られてい ます。

祝福行事は、真のお父様から長子の嗣業を受け継いだ後継者にのみ与えられる特権です。つまり当時真のお父様も、顯進様が後継者として最もふさわしい存在として考えられていたとがこの み言から窺われます。

2)そのみ言の語られた時期、背景

・2000 年 3 月 31 日、文顯進様は「世界大学原理研究会」(W-CARP)会長に就任。
・2001 年 2 月 25 日、「世界平和青年連合」世界会長に就任。 この頃は真のお父様も文顯進様を後継者として考えられていた時期と思います。
・2004 年 5 月 10 日(陰 3 月 22 日)、文亨進様家庭に息子、文信俊様が誕生。 真のお父様は、「ついに生まれた!! 先生でさえもお前たち夫婦にこの孫が生まれるとは思いもしなかった。」とたいそう喜ばれました。
・2008 年 4 月 6 日には朝の訓読会で、真のお父様は亨進様を
後継者として任命されました。「今、食口たちの中で信仰体験からしても何にしても、亨進の基準を超える人はいない。」
・2008 年 4 月に文顯進様は、家庭連合副会長職、W-CARP 世 界会長職を解任されました。
・2008 年 4 月 18 日、文亨進様が世界会長に就任。
・2009  年 1  月には、文亨進様は 3 度の戴冠式を行い、「真の父母祝福」を伝授されました。 このように統一教会の後継者の流れが、文顯進様から文亨進様の方に変わっていきました。
・2009 年 3 月 8 日、束草事件で文顯進様は、真のお父様の「一年間、公的な活動を休んで、原理を勉強しなさい」「お父様のそばにいなさい」という指示を拒否し、独自の道を歩まれるようになりました。
・2009 年 8 月 2 日に UCI 財団は理事会を開き、反顯進派の 2 人の理事、金孝律理事と朱東文理 事を解任。統一教会の資産の 50~70%くらいと言われる 2 兆ウォン(2000 億円)以上の資産が文顯 進様派のものとなりました。
・2009 年 9 月 10 日には、文顯進様は郭錠煥先生と共に、統一教会と懐を分かつこととなりました。 そして GPF を組織し、独自の活動を展開されるようになりました。
このように見て分かることは、真のお父様によって 2008 年 頃からは文亨進様が後継者として指名されるようになったため、文顯進様は居場所がなくなり、独自の道を行くよう になってしまいました。しかしその背後には、後継者争い の有力候補だった文顯進様を陥れるため、韓お母様を中心とした勢力の陰謀があったことが明らかとなっています。
事実後継者として真のお父様によって公認された文亨進様、文國進様でさえも、韓お母様を不信 するようになると、すぐに教会を追い出されてしまいました。
このような流れから見ても、文顯進様が後継者であるというようなみ言は、真のお父様が顯進様を後継者にと考えられていた  2000年の一時期のみに限られるみ言であり、その後の文亨進様の台頭とともにそのようなみ言は見ることができなくなりました。

3)文顯進様が後継者であることを否定するみ言

★真のご父母様宣言
2010 年 6 月 5 日に、真のお父様が宣言文を書かれました。
「万王の王はお一人の神様、真の父母様もお一人の父母、 万世帯の民も一つの血統の国民であり、一つの天国の子 女である。天宙平和統一本部も絶対唯一の本部だ。その 代身者・相続者は文亨進である。その外の人は、異端者・ 爆破者である。以上の内容は、真の父母様の宣言文であ る  文鮮明印」  (2010.6.5)
当時統一教会内でも、郭・顕進様派の分裂問題が大きくなっていたため、韓お母様が真のお父様 に強く働きかけて『真のご父母様宣言』が書かれました。こうして文顯進様は、完全に後継者の位 置から外れてしまっただけでなく、統一教会に対抗する勢力となって、教会員の熾烈な奪い合い が始まりました。
★真のお父様が神山先生にボートで語られたみ言
2010 年 7 月 16 日、文顯進様をもう一度真のお父様 の元に連れ戻したいという思いで、神山先生が文顯 進様と行動を共にしたことに対し、真のお父様に問い 詰められている場面が残されています。
神山先生は「顕進様が帰ることだけを願ってやってきたことだと・・・」と言われたことに対し、真のお父様は明確に、「もう、ずうっと前に離れたんだよ。何 十年前に。」と答えられています。同時に「今のところ、韓国において繋がっている者は、国進様と 亨進様以外に誰もいないよ。」とも答えられています。 この頃には真のお父様にとっても、文顯進様はもうどうにもできない存在となってしまったということ が感じられます。
これらの事実を見て分かることは、2000 年頃には文顯進様も、真のお父様の有力な後継者候補 だったのが、2009 年に統一教会を離れてからは、真のお父様にもどうすることもできない存在と なってしまったということがわかります。

4)真のお父様との一体化

★束草事件
2009 年 3 月 8 日、束草・天情苑における早朝の 訓読会で、主要幹部と仁進様、顕進様、国進様、 亨進様を前に、真のお父様が「霊界の実相であ るから良く聞くように」と言われた文書が訓読されました。しかしその文書のうち、2 番目に訓読された文書は、当時、韓国教会の会長であった 梁昌植先生がご父母様への報告文として作成 した文書であり、霊界からのメッセージではな かったことがわかりました。
しかし、真のお父様は顯進様に次のように指示されました。
「一年間、公的な活動を休んで、原理を勉強しなさい」「お父様のそばにいなさい」と。
真のお父様にとって 2009 年は、残り少ない人生の貴重な期間でした。そんな貴重な日々を後継 者候補であった文顯進様と過ごすということは、文顯進様に改めて原理を体恤させ、真のお父様 の生きざまを伝え、後継者として完全に心情一体化するための、貴重な訓練期間であったと見ることができます。
そんな真のお父様の心情を知らず、願いを知らずに指示を拒否された文顯進様は、残念ながら 真のお父様の心情を理解することはできませんでした。つまり文顯進様には、後継者として立つた めの最も重要な資格、真のお父様との心情一体化はなされていませんでした

5)長子の嗣業と祝福

文顯進様に長子の嗣業を伝授されたというみ言や記録は一切ありません。 同様に文顯進様に、後継者としての祝福も与えられたという記録もありません。 つまり文顯進様は、真のお父様からは後継者としては認められていなかったことを意味します。

6)3 大試練

2009 年 3 月 8 日の束草事件の際、真のお父様は顯進様に、「一年 間、公的な活動を休んで、原理を勉強しなさい」「お父様のそばにい なさい」と指示されました。もし文顯進様がこの期間、真のお父様と 生活を共にしていたなら、み旨に対する真のお父様の真実な姿を観 察し理解することが出来たかもしれません。それはまさしく、生涯を 通じてただ神のみを愛してきた人生、神のためにすべてを犠牲にしてきた人生、座右の銘「宇宙主管を願う前に自己主管を完成せよ」 を身をもって実践してきた真のお父様の生きざまを知ることのできる 期間でした。
またそのような生き様を見せることで、文顯進様も後継者として、どの ような姿勢でみ旨に臨まなければいけないかを教え、真のお父様の 心情と一体となり、真のお父様の伝統を相続するための必要不可避 な路程であったろうと想像できます。
しかし文顯進様は、そのような真のお父様の願いを悟ることなく、自らの感情と事情を優先し、真の お父様の指示を拒否してしまいました。これは真のお父様と一体となって個性を完成し、完成した 家庭を築くことで、全ての人類の雛形となる創造本然の理想家庭を築くことができる唯一の機会で もあったと思われます。
そんな神の摂理があったことを悟れず、真のお父様の指示を拒否した文顯進様は、サタンの三大試練のうち、神の第一祝福、第二祝福復帰の基台を失った立場に立ってしまいました。
2009 年 8 月 2 日に UCI 財団は理事会を開き、反顯進派の 2 人の理事、金孝律理事と朱東文理 事を解任。統一教会の資産の 50~70%くらいと言われる 2 兆ウォン(2000 億円)以上の資産が文 顯進様派のものとなりました
9 月 10 日、真のお父様は顯進様に、「UCI を元に戻しなさい」と言われましが顕進様は「分かりま した」と言っただけで、実行はされませんでした。
サタンはイエスを非常に高い山に連れていき、世のすべての国々とその栄華とを見せながら「もし あなたが、ひれ伏してわたしを拝むなら、これらのものを皆あなたにあげましょう」(マタイ 4.9)と試 練しました。これに対してイエスは、「主なるあなたの神を拝し、ただ神にのみ仕えよ」(マタイ 4.10) と答えられた。
文顯進様は、真のお父様に仕えることを拒否し、合法的だったとしても、膨大な資産を有する UCI 財団を自らのものとして教会を出て行かれました。まさしく主なる神を拝し、ただ神にのみ仕えるこ とを拒否し、富に仕えることを選んだと解釈するしかありません。こうして文顯進様も、第三祝福復帰の基台も失ってしまいました。

③文亨進様

1)真のお父様のみ言に見る後継者の根拠

★2008 年 4 月 16 日 訓読会の御言葉
「今後、全部、私がしてきたことを代わりに任せようと 思うんだね。
今、食口たちの中で信仰体験からしても何にしても、 亨進の基準を超える人はいない。分かったか?明ら かだ。
自分の兄弟たちが多く助けるだろう。 国進も協助するだろうし、顕進も、外国に行っているから、協助して、ここにいる人も協助して。
36 家庭も全部皆よく理解してあげて、古参の先輩 たちも寄り集って、そうできるように…。それで、今日の日付で任命するんだよ。」
真のお父様はこのように語られ、その場にいた郭錠煥先生にも、3 度亨進様が引き継がれたと確認されました。
<参考 2010 年 2 月 22 日、韓お母様擁立を企てる金孝律補佐官の講演>
2010 年 2 月 22 日、世界指導者総会の際の金孝律補佐官の講演
「お父様が文亨進様を後継者に指名した。文顯進様は、自分ではなく弟の文亨進様が真のお父 様の後継者として決定されたため、問題を起こしている。彼は文顯進様が後継者となった弟に対する嫉妬心のために、5年前からの分派の道を行く準備をしていた」と言った。
このように 2008 年以降、教会内では文亨進様こそ、真のお父様の後継者であるということは周知 の事実であり、それに異議を唱える人はおりませんでした。 逆に基元節以降、いつの間にか文亨進様の姿が見えなくなったことを、不思議に思った食口は多 かったのではないでしょうか?

2)そのみ言の語られた時期、背景


真のお父様は 2008 年以降、文亨進様を後継者に指名し、常に文信俊様と行動を共にされていま したので、誰もが自然な形で、文亨進様が第二代教主、文信俊様が三代目教主になれらるだろうと信じていた期間でした。2012 年 9 月 3 日に真のお父様は聖和されましたので、聖和されるまで の期間は、常に文亨進様が後継者であると、誰もがそのように思っていました

3)文亨進様が後継者であることを否定するみ言

2008 年 4 月 16 日の訓読会の時、真のお父様が文亨進様を後継者と指名した後、真のお父様か らはそのことを否定するようなみ言は発せられませんでした。 亨進様を後継者ではないと否定するみ言だけでなく、文亨進様、文信俊様以外の人を、後継者と するみ言も発せられることはありませんでした。

4)真のお父様との一体化

2009 年 3 月 8 日の束草事件の際、真のお父様は文顯進様 に、「一年間、公的な活動を休んで、原理を勉強しなさい」「お父様のそばにいなさい」と指示されました。しかし顯進様は真のお父様の指示を拒否し、独自の道を歩まれるようにな りました。

その後時期ははっきりとは確認できませんが、真のお父様は 世界会長である文亨進様に同じ事を命じられました。その時 文亨進様は直ぐにお父様の指示に従い、世界会長としての 多忙なスケジュールを全て白紙に戻し、お父様のそばで約 2年間行動を共にされました。

小さい頃から真のお父様と一緒に過ごすことの少なかった文 亨進様にとって、真のお父様と過ごされたこの 2  年間は、何にも代えがたい人生で最高の恵みの時であり、計り知れないほどの転換だったと言われています。人を介して理解していたお父様の姿と、日々直接、接する生活の中で知るお父様の姿は全く異なるものでした。宗教家、 宗教指導者としてのお父様を超えたところでの本当に親しい関係、触れるほどの現実味のある喜 び、愛情、抱擁を感じたのです。ですからこの 2  年間がなければ、今頃、後継者、相続者としての「関係性」や「関わり」ではなく「宗教」を教え続けていただろうし、共に生きる人間としての神の人、 キリストを語らず、レバレント・ムーンの神学を講義していただろうということです。この 2 年の期間が あったからこそ、聖和後に生じたとんでもない出来事の数々や困難の時を、お父様との関係性に よって超えることができました。すべてを失いお母様さえも背を向けるという絶望と孤独の時にも力 を与え続けてくれたのです。
本来ならば末っ子として、人と争うことが嫌いな性格だったため、もし真のお父様から後継者として 指名されなかったら、家族だけでひっそりと暮らしていたのかもしれません。しかし後継者として真 のお父様の遺志を受け継いだため、真のお父様の伝統を破壊する勢力と、真正面から闘わなくて はいけなくなり、サンクチュアリ教会を設立しました。統一教会からは追われるように、それこそ何も持たずに出てきたため、裸一貫でサンクチュアリ教会をスタートさせましたが、文亨進様には、真のお父様から受け継いだ後継者としての長子の嗣業と祝福、真実があったため、家庭連合にとっ ては最も恐ろしい存在となりました。
実際、経済的基盤もなく、食口の基盤も何もないところから始まったサンクチュアリ教会でしたが、 2015 年 1 月 25 日の「沈黙を破って」の説教から 2 年半経った今では、全世界に数千人の食口を 抱える教会にまで成長しました。このような基盤は、真のお父様の伝統を受け継ぎ、真のお父様と 心情一体化した真の後継者であると確信した食口たちが、磁石に吸い寄せられるように集まって きた結果です。彼らは文亨進様の姿に真のお父様の姿がダブり、亨進様が語られると、お父様が 語られているように感じ、亨進様と真のお父様が完 全に一体となっていると感じて集まってきた群れで す。誰が文亨進様と真のお父様は別々だと言ったと しても、亨進様の姿に真のお父様の姿を見出してい る人たちですから、亨進様と真のお父様とは一体化しているなどと改めて言う必要もありません。
まさしく後継者となるにふさわしい一体化の基準を打 ち立てている方は、文亨進様であり、そのような一体 化の基準を打ち立てたのが、真のお父様とご一緒さ れた 2 年の期間だったのです。
※資料(二)2-4  亨進様  今明かされたストーリー  <全編> 第 2 章 お父様のお側で過ごした 2 年間
素晴らしい期間でした。おそらく私の人生で最高の恵みの時であったと思います。
当時、世界中の全教会、世界宣教本部、UPF(天宙平和連合)、世界青年連合、世界 CARP など のすべてを私に任せて下さっていました。大変に大きな責任です。忙しさにかまけて神様との関 係をないがしろにしがちです。おまけにソウルの天福宮の責任者でした。目まぐるしいほどの忙し さでした。それに加えて毎日のトレーニング、2 時半に起きて霊的訓練など、毎日休む暇がありま せんでした。
お父様と密な時間を過ごすことは、私に重要な悟りを与えてくれました。宗教や宗教的純粋性、条 件や修行が大切なのではない。それらは世間に自分が善人であることをアピールするための手段 に過ぎない。真に大切なのは神様との関係だということです。
それをお父様は教えて下さいました。宗教家、宗教指導者としてのお父様を超えたところでの本 当に親しい関係、触れるほどの現実味のある喜び、愛情、抱擁を感じたのです。
それらの日々があるからこそ、お父様との関係性によって、聖和後に生じたとんでもない出来事の 数々や困難の時を超えることができました。すべてを失いお母様さえも私たちに背を向けるという 絶望と孤独の時にも力を与え続けてくれたのです。

ですからこの 2 年間はお父様が与えて下さった貴重な時でした。これを理解していなければ、今 頃、後継者、相続者として「関係性」や「関わり」ではなく「宗教」を教え続けていたことでしょう。計り 知れないほどの転換でした。それがなければ、共に生きる人間としての神の人、キリストを語らず、 レバレント・ムーンの神学を講義していたでしょう。
大きなお父様の贈り物であり、恩寵でした。
※資料(二)2-5 「栄光の賜物」を慕って
お父様が下さった最後の 2 年間は本当に貴重な時間でした。 ただ一緒に過ごした時が問題ではありません。 人を介して理解していたお父様の姿と、日々直接、接する生 活の中で知るお父様の姿は全く異なるものだということに気付きました。
会議だけでなく部屋に入って着替えを手伝ったり風呂にお入れしたりする中でのことです。 お父様と生活したのです。
そうする中で見たお父様は律法の神ではありませんでした。 まったくそれとは違う神様のお姿です。恵みと赦しの神様です。
迫害する者を切なる思いで赦そうとするお姿でした。 心の中ではすでに許しておられるのです。
時に、私自身の理解を超えた世界を示されるのです。 ひどいことをする人々に、さすがに私も「お父様なぜこのような 人を許されるのですか」と思うこともありました。 お父様は許して愛されるのです。想像を絶するほどです。
もし法で裁くお方なら、あり得ません。
即座に罪を裁かれるでしょう。そうでしょう?
私や家内が体験したお父様は…。 お父様の近くにいるリーダー達はそれを体感しています。 近くにいる指導者たちは、そのお父様の愛と恵みを体験しています。
その恩寵が一般食口まで伝わって行かないのです。 側近たちは誰もが身をもって体感していることです。 お父様に許され愛された体験があるのです。
長い間、お父様と実際に関わる中で教育されてきました。 確かにお父様はパワフルですし激怒されることもあります。 しかしその怒りは悪に対するいわば「法的異議申し立て」なのです。 そうです悪に対する「法的異議申し立て」をされるのです。
同時に信じられないほどの愛と、信じられないほどの恵みをもっておられます。 それを表現することができません。
それが欲しくてたまらなくなるのです。 ですからもう身をもって体験しないと満足できなくなるのです。 それが伝え聞くお父様と、身をもって体験するお父様の違いです。
私自身もそうでした。 他の人がお父様から受けた愛を伝え聞く、受けた人が解釈するお父様の愛を学ぶ、これではお 父様を真に理解することはできません。
2/2/2014HJN『お父様の真の愛』Stardust(映像)より

5)長子の嗣業と祝福

2008 年 4 月 18 日 文亨進様世界会長に就任
・就任式でのお父様の祝祷
「ここに文亨進、李妍雅、ふたりの息子、娘が夫婦となり、きょう父母様の前に立って交代するこ の転換式において、代身者、相続者の権限を受け継ぐこの場となるふたりの息子、娘が真の父 母の代表として相続する権限を教えてあげることが、簡単でないことを知っている真の父母です。 残された長くない生涯の最後において、彼らがあらゆる精誠を尽くし、万国の万民の前に、行くべ き道はこうであるということを教示できる一つの代身ポイントとなり、代身相続のポイントはああで なければならないということを各自、各家庭が悟り、幼児の時代から億万時代を超えても変わら ない一心一体の代身者となり、勝利の王様、勝利の神様の自主権天国を受け継ぎ、解放、贖罪 の天国の息子、娘として誇ることができ、息子、娘として自ら抱いて愛することができる、この亨進 家庭となるよう、許諾してくださることをお願い申しあげます。」
・2008 年 7 月 6 日 韓国・天城旺臨宮殿大聖殿「太平聖 代神文明平和祝福結婚式」 文亨進世界会長ご夫妻を主礼としてお迎えし、153 組の 祝福家庭が誕生しました。
・2008 年 10 月 12 日  韓国・天城旺臨宮殿大聖殿「第 2次太平聖代神文明平和祝福結婚式」 文亨進・世界平和家庭連合世界会長ご夫妻の主礼で 21  カ国、242  双の祝福家庭が誕生しました。

★2009 年 1 月 15~31 日、亨進様、韓国、ニューヨークで、合計 3 度の戴冠式
・2009 年 1 月 15 日、亨進様、戴冠式(韓国)
「真の父母祝福」を伝授
・   1 月 30-31 日、亨進様、韓国、ニューヨークで 2 度の戴冠式
天宙天地父母安息圏安着即位式において、 真の父母様の祝福を伝授いたします。 アー ジュ
★2010 年 6 月 5 日 真の父母様宣言
万王の王はお一人の神様、真の父母様もお一人の父母、万世帯の民も一つの血統の国民であ り、一つの天国の子女である。天宙平和統一本部も絶対唯一の本部だ。その代身者・相続者は 文亨進である。その外の人は、異端者・爆破者である。以上の内容は、真の父母様の宣言文で ある  文鮮明印
2008 年 4 月 16 日 訓読会の御言葉で、
今後、全部、私がしてきたことを代わりに任せようと思うんだね。 今、食口たちの中で信仰体験からしても何にしても、亨進の基準を超える人はいない。」 このように真のお父様は語られ、その場にいた郭錠煥先生にも、3 度亨進様が引き継がれたと確 認されました。
この日から文亨進様を後継者として立てる流れが、急速に作り上げられてきました。
2008 年 4 月 18 日には、文亨進様が世界会長に就任。 真のお父様の祝祷では「きょう父母様の前に立って交代するこの転換式において、代身者、相続 者の権限を受け継ぐこの場となるふたりの息子、娘が真の父母の代表として相続する権限を教え てあげる」と祈られています。
そして 2008 年 7 月 6 日、10 月 12 日 文亨進様は 2 度に渡って、真の父母様に代わって祝福式 を挙行されました。
2009 年 1 月 15~31 日には、亨進様は韓国、ニューヨークで、合計 3 度の戴冠式が行われました。 戴冠式での真のお父様の祈祷「天宙天地父母安息圏安着即位式において、真の父母様の祝福 を伝授いたします。アージュ」
戴冠式で明確に、文亨進様に祝福の権能が伝授されました。 そして 2010 年 6 月 5 日には真の父母様宣言がなされました。
「万王の王はお一人の神様、真の父母様もお一人の父母、 万世帯の民も一つの血統の国民であり、一つの天国の子 女である。天宙平和統一本部も絶対唯一の本部だ。その代 身者・相続者は文亨進である。その外の人は、異端者・爆 破者である。以上の内容は、真の父母様の宣言文である 文鮮明印」
このように  2008  年以降、文亨進様は、長子の嗣業を受け継がれ、世界会長に就任し、真のご父母様に代わって祝福行事の主礼を務められ、3 度にわたり戴冠式を行い祝福の権能が伝授され、最後には真の父母宣 言まで発表されました真のお父様から長子の嗣業を受け継いだのも、長子の嗣業を受け継いだ 者に対する祝福も、文亨進様以外には誰にも与えられてはいません。このような事実から見ても、 真のお父様の後継者は、文亨進様以外にはあり得ないことがわかります。
6)3 大試練
真のお父様は世界会長である文亨進様にも、顯進様に命じられたように「公的な活動を休んで、 原理を勉強しなさい。お父様のそばにいなさい」と命じられました。その時亨進様は直ぐにお父様 の指示に従い、お父様のそばで約  2 年間行動を共にされました。
この 2 年間の感想を見ると、「真に大切なのは神様との関係だということです。それをお父様は教 えて下さいました。宗教家、宗教指導者としてのお父様を超えたところでの本当に親しい関係、触 れるほどの現実味のある喜び、愛情、抱擁を感じたのです。」
「そうする中で見たお父様は律法の神ではありませんでした。まったくそれとは違う神様のお姿で す。恵みと赦しの神様です。迫害する者を切なる思いで赦そうとするお姿でした。心の中ではすで に許しておられるのです。」
真のお父様と共に過ごされる中で、亨進様は神様との関係の重要性を改めて知らされました。そ して真のお父様の恩讐をも愛する真の愛の世界を知り、これらの経験は計り知れないほどの転換だったと言われています。つまりこの 2   年間で、亨進様はお父様の真の愛によって生まれ変わり、後継者としてどんな困難をも乗り越えてい行ける関係性を、真のお父様との間で結ぶことができま した。そしてこの期間に体恤した真の愛の世界を、全ての食口たちに伝授することにより、誰もが 真のお父様の真の愛の世界を相続できる真の愛の基台を造成することが出来たと言えるでしょう。
つまりこの 2   年間の経験は、神の第一祝福、第二祝福復帰の基台を造成する期間となりました。
文亨進様は、統一教会内で後継者として韓お母様と行動を共にしていた期間、様々な誘惑を受 けました。
我々の側に加われ。どっちにしろ、あなたの世界になります。あなたが後継者ですから。後継者 の権利とこの王国はあなたのものですよ。」「とにかくいったん私達の仲間になれ。お母様が霊界に行けば、あなたが好きなように変更すればよい。」(2015.1.18    文亨進様)
「当時私たちも同様なわいろと金銭的、権勢的誘惑を受け ました。お父様から代身者、王権の相続者の祝福を受けて いたのでむしろその規模は大きかったのです。私たちもサタ ンの誘惑にさらされました。国進兄さんも私もです。しかし私 たちは拒絶しました。お父様を裏切ることを拒否したので す。」(2016.4.9 文亨進様)
文亨進様と文國進様は、すべての誘惑を断ち切り、富と権 力に仕えることを拒否し、ただ真のお父様に侍り、真のお父 様の伝統に従う道を選ばれました。そして何も持たずに統 一教会を後にし、サンクチュアリ教会をスタートしたのです。

何も持たずに出てきました。ここには何もないのです。オバマ・ケアを受けるほどでした。大変なバッシングを受けすべてを失いましたが、お父様を手放さなかったおかげですべてを得ることがで きました。」

文亨進様はこうして、この世の富と栄誉、サタンに仕えることを拒否し、全てを失いましたが、ただ 神のみを拝し、真のお父様の遺志を継ぐ道を選ぶことによって、神の第三祝福復帰の基台を造成 することができました。こうして文亨進様は、サタンの三大試練にことごとく勝利し、神の第一、第二、第三祝福復帰の基台を造成することに成功したのです。
※資料(二)2-6  亨進様  今明かされたストーリー  <全編> 第 6 章   2015 年まで沈黙を守った理由
私たちは愚か者ではなく忠実で名誉を重んじる者たちです。物質的富は人生の目的にはなりえま せん。名誉ある人には富は自然と付いてくるものです。富だけを求めるなら不名誉をこうむり審判 を受けるでしょう。今の家庭連合がそうです。金力、資産、権力を追い求めはしますが、神様の愛 やキリストの愛を求めようとはしません。だから今崩壊しつつあるのです。
何も持たずに出てきました。ここには何もないのです。オバマ・ケアを受けるほどでした。 大変なバッシングを受けすべてを失いましたが、お父様を手放さなかったおかげですべてを得る ことができました。
名誉を重んじる人々、正義のため闘う人々、王の王のため立ち上がる人々が大勢出てきました。 そうした人々が立ち上がり私たちと共に活動しています。彼らは組織ではなく信仰によってつな がっています。ここからあれこれ指示を出しません。それぞれが自治体です。ただキリストへの信 仰と愛で結ばれているのです。

④三代王文信俊様

御父様は新しくお生まれになったお孫様をご覧になったあと「この子ではない、先生が待っている孫が生まれてこないと。」と仰っていました。
しかし 2004 年 5 月 10 日(陰暦 3.22)にお生まれになった信俊様をご覧になりついに生まれた!! 先生でさえもお前たち夫婦にこの孫が生まれるとは思いもしなかった。」とたいそう喜ばれました。
真のお父様の晩年、ご父母様の周りには常に 文信俊様がおり、ご父母様と常に行動を共にし ておられたのは誰もが知るところでした。そして 文信俊様こそが、真のお父様の業績を継ぐ 3 代王となることも、既存事実として疑う者は誰もいませんでした。しかし今、文信俊様のいなく なった家庭連合では、文信俊様の後継問題さ えも否定する立場をとっています。真のお父様 が後継者として指名された文亨進様は、文信俊様の親ということもありますが、「他の子女様たちには引っかかるかもしれない傷があるが、文 亨進様だけは何の傷もない。」と真のお父様がおっしゃられるように、唯一後継者としてふさわし い子女様であることを強調されておられます。また、「今、食口たちの中で信仰体験からしても何 にしても、亨進の基準を超える人はいない。」として文亨進様に教会を任せることを、幹部たちに 確認を取りながら納得させていたこともありました。
このようにして真のお父様の後継者として立てられた文亨進様は、あくまでも自らは三代王文信俊 様に繋ぐための役割であることを自覚し、2015 年 5 月 24 日にはサンクチュアリ教会において、「三 大王権完成者相続の為の特別の儀式」が行われました。
※資料(二)2-7
2004 年 5 月 10  日御聖誕された信俊様について、アボジはこのように言っておられる。
「ついに生まれた!! 先生でさえもお前たち夫婦(亨進様・ヨナ様)にこの孫が生まれるとは思い もしなかった。」と言われた。
※資料(二)2-8  2015 年 5 月 24 日
2015 年 5 月 24 日、三大王権完成者相続宣布式(仮称)が行われ信俊様が後継者として相続され ました。
5   月  24  日、イエス様-アボニム-亨進様-信俊様と繋がる後継者相続の為の、特別な儀式と祝祷(祈りの油塗り)が行われました。

ご子女様を一人ひとり祝福された後、最初に 4 人の御子女様が信俊様に敬拝され、次にヨナ様も 信俊様に敬拝を捧げるられるという天の伝統確立の為の、特別な儀式となりました。 これにより永遠に滅びることの無い天の宗家が宣布されたといえるでしょう。


み言と原理で解明「後継者」比較表

韓お母様
文顯進様
文亨進様
1)
「先生が霊界に行ったならば、お母様を絶対中心として、絶対的に一つにならなければなりません。」
(『祝福』1995 年夏季号)
「先生が一人でいても真の父母 様の代身であり、お母様が一人 でいても真の父母様の代身です」
1990.3.27
「先生が第一教主であれば、お母 様は第二教主である」
1994.11.27
「今後は興進君が、興進君がいなければ、顯進君がお父様の代わりに祝福できる時代になるのです。」(2000.9.24
「これから先生が興進君を中心と して父子一致理念と、その兄と弟 を中心として顕進君が父子一致理念を中心として、祝福行事を天
地で、どこでも、思いのままに行うことができる解放時代となりま す。」(2000.9.24
「今後、全部、私がしてきたことを代わりに任せようと思うんだね。
今、食口たちの中で信仰体験からしても何にしても、亨進の基
準を超える人はいない。それで、今日の日付で任命するんだよ。
2008.4.16
2)
1990 年から 1995 年頃まで、女性連合が出発した時期
お母様への激励。
真のお父様が顯進様を後継者にと考えられていた 2000 年の一時
期のみのみ言。
2008.4.16.の訓読会から聖和され
るまで
3)

反 対 の み 言
「オモニはいなくてもかまいません。」
オモニはいくらでも探し立てること
ができます。」(1999.9.9
「オモニが堕落したので外れるのです。」(2000.3.06
「父が母を通じて生んだ息子が相 続することの出来る時代が来るの です。」(2000.11.11
「お母様がどうして神様の夫人の位置に立つの?堕落した女性として、どうして真の父母の夫人の位置に立つの?」(2009.7.12
2010.6.5:真のご父母様宣言。
「万王の王はお一人の神様、真
の父母様もお一人の父母、万世 帯の民も一つの血統の国民であ り、一つの天国の子女である。天 宙平和統一本部も絶対唯一の本 部だ。その代身者・相続者は文 亨進である。その外の人は、異端 者・爆破者である。以上の内容は 真の父母様の宣言文である」」
2010.7.16:神山先生に語られたみ言「(顯進様は)もう、ずうっと前
に離れたんだよ。何十年前に。






無 し
4)
み言の改竄、伝統の破壊、自らを独生女と称し、真のお父様は原罪を持って生まれてきたと発言。
真のお父様を否定する立場
束草事件の後、「一年間、公的な活動を休んで、お父様のそばにいなさい」とのお父様の命を拒否。
心情一体化しておらず。
真のお父様に 2 年間直接侍られる。心情一体化の基準
5)
子 嗣

無 し


無 し
2008.4.18:世界会長就任
2008.7.610.12 2 度、真の父 母様に代わって祝福式を挙行。
2009.1.1531:韓国、ニューヨークで 3 度の戴冠式
2010.6.5:真の父母様宣言
6)
み言を守り、度目の聖婚式を挙げられず、金孝南訓母様主礼の元、霊的存在(サタン)と結婚。
自らが独生女、神の立場に。
真のお父様に直接仕えることを拒否し、UCI 財団を自らのものに。
富に仕える道を選択。
全て失敗
真のお父様に 2 年間直接侍られ、第一、第二祝福復帰の基台造成富と権力に仕えることを拒否し、神の第三祝福復帰の基台を造成

キリストの血統王権、真の父母・真のお父様と三代王権にクリック! 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へにほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へにほんブログ村
 当教会への連絡お問合せ

聖酒送ります。戻る祝福を受け天の直接主管を受けましょう。