2017年4月29日土曜日

2017-4-26(水)日本も死ぬのです。 完全に核戦争直前になってしまいました、 もはや韓国は ■韓国語礼拝(最後の部分)


2017年4月26日_水曜 韓国語礼拝(最後の部分)
___________________________________________________
水曜礼拝は韓国、東洋向けの礼拝です。韓国は聖日礼拝で語られた悲惨な北朝鮮国家をますます目指しています。そういう左派政権が韓国に成立するのは間違いありません。中国、北朝鮮はそれを歓迎しています。しかし北朝鮮と中国は左翼化韓国における覇権を巡り対立を深める情勢です。それが北朝鮮が核開発をやめない理由でありトランプ政権と中国の駆け引きが熾烈になっている原因でもあります。
赤化韓国を奪い合う中国と北朝鮮、日本は共産反日思想で思想統一された中国大陸・朝鮮半島と対峙することになります


<本文より>
ひとまず米軍が出て行くことには中国は大賛成なのです。 なぜですか?そうすればもはや中国は最後には下の韓国、韓国と北朝鮮を、韓国を完全に吸収できるからです。 自分の主管圏内に。 台湾、台湾も死んだでしょう。アメリカが東洋圏から出て行けば日本も死ぬのです。
韓氏オモニの堕落によって、これはそのまま身体的な内容だけではありません。 霊的世界があるという話なのです。
天の祝福が全ての韓国にあったのです。
それは再臨主の祝福圏内にある時そうであったのであって、ところがなんということでしょう!その内容が急速に韓氏オモニの堕落によって滅亡したでしょう?
・・・ 完全に核戦争直前になってしまいました、 もはや韓国は。
それは北朝鮮のやつらと全く同じ言葉! もはや呪いの役事が韓国に落ちてしまったのです、今となっては!




さあさあ、このように脱北者の証を通して北朝鮮がどのような状態にあるかだけではなく共産主義と社会主義がどこへ行くのか(見ましたが)、特に若い人たちはここにいる若者は少し違いますが一般の韓国の若い愚か者は左派に今行っています。
自分たちがその嘘つき詐欺師のやつら政治家の話を聞いて教授、マルクス主義の教授の話を聞いて今や左派のやつらになってしまっています。


今週にその問題人もそのホン・トランプ(洪準杓ホン・ジュンピョ、홍준표、)と選挙論戦していましたね? 今回ホン・トランプと戦ったがそのホン・トランプが準備してきたことに文在寅はあれこれ嘘をつきました。 6項目についてそれぞれ質問しました。 ホン・トランプはいろいろ熱心に準備して出てきたんですね、そうでしょう?
そう合っている合っている、文在寅は北朝鮮は主な敵だと話せなかった事実が今回出てきました。 その国(韓国)では北朝鮮が主敵だと出てくるのに文在寅はそれを... 誰が尋ねたかな? 他の候補?安哲秀だったか? とにかくそのことを強く尋ねたのだが文在寅は「大統領がそのような言い方をしてはいけないと考えます。」このように答えました。 ですので主敵にしなかったという話なのです。
完全に国を売ってしまい食べるぞという意味の発言なのです。 北朝鮮とさらに近く過ごしましょうというその話の意味は何なの?
さらにもっと社会主義、共産主義システムに行こう、私たちをも、文在寅とこの詐欺のやつらと中国のやつらが完全に、政治家のやつらが売って買ってしまったという内容なのです。
その財閥らと共に独占化して中国文化だけでなく北朝鮮で起きている状況が見えますか皆さん? その北朝鮮では北脱出者の話から見てみると自由市場が北にますます出てきています。 その話の意味は中国政府がその主管権が人を掴むことが出来なくなってということです。 もはやそのパワー、パワーがなくなっています。


そうしてそのような内容、それを聞いたでしょう? 金正日の時は脱北すればその人を殺したのに今は四代を殺すというのです。四代! そうでしょう? 常に中央政府の天使長の奴らが力と主管権が弱くなる時さらに暴力的になります。 さらに悪なる奴らになってしまいます。 人市民たち自分の市民が皆死んでも関係ない。 自分だけを考えている自分だけを。
そのような状態なので中国の場合は韓国はもっとますます左派になることがとても良い現象であると見ます。 中国が。 中国は絶対にアメリカが入ってきて金正恩を消すことには大反対です。どうしてですか? 中国はその北朝鮮を必要としています。望んでいます。
ひとまず米軍が出て行くことには中国は大賛成なのです。 なぜですか?そうすればもはや中国は最後には下の韓国、韓国と北朝鮮を、韓国を完全に吸収できるからです。 自分の主管圏内に。 台湾、台湾も死んだでしょう。アメリカが東洋圏から出て行けば日本も死ぬのです。
(韓国語ではアメリカが東洋圏に出て来れば日本も死ぬのです。と言っておられますが言い間違いだと解釈します。)

日本は完全にGDP1% 以内で軍を開発するというそのような、20 - 30年の間にそのようにしてきましたがもうそれは変化しなければならない、変えるというのです。この威嚇とこの問題がとてもますます大きくなるからと。
このような途方もない状態がなぜこのように突然起きたのでしょうか?
私たちは皆さんに4年前に話をしたではありませんか。韓氏オモニの堕落によって、これはそのまま身体的な内容だけではありません。 霊的世界があるという話なのです。 お父様が生きておられる時全ての韓国を保護し勝共運動だけでなく様々な内容を通してその左派を弱くしていかれたのです。
そしてそれだけでなく天の祝福が全ての韓国にあったのです。ですから50年以上、 50 60年ほどですか60年の間は平和と和平だけがありました、 韓国に。 それは再臨主の祝福圏内にある時そうであったのであって、ところがなんということでしょう!その内容が急速に韓氏オモニの堕落によって滅亡したでしょう?
私たちが話したそのままに韓オモニに話したのです。オモニがこのようにされたら全ての天の呪いが来ます。 違う、全てのことがうまくいく私がするから私がいるから! こういう狂った・・・ 完全に核戦争直前になってしまいました、 もはや韓国は。


なんということでしょうホワイトハウスの スーパーパワーであるドナルド・トランプは上院達と今非常会議をしています。 ホワイトハウスでこれはお遊びでは無いのです。 今3隻の航空母艦が韓国を囲んでいます。アメリカの3隻の航空母艦。 こいつらがサタン主義に対し完全に力を重ねています。韓氏オモニに従って詐欺、家庭詐欺連合達幹部、詐欺売春婦達がお父様のすべての基盤を売って自分たちのポケットにくすねるために自分が良い暮らしをしたいと考えたのですが、それは北朝鮮のやつらと全く同じ言葉! もはや呪いの役事が韓国に落ちてしまったのです、今となっては!


このように毎週ごとに本当に・・・ 毎週ごとに状況がますます悪化する間にまた、この北脱出者の話を通して見ることができることは金正恩政権の力が市民を主管できる力が弱くなっているということです。そのような状況で狂ったサイコ暴君が狂ったことをするのです。自分のこと、自分の面子、自分のイメージを守るために。
とんでもない狂ったサイコのやつら、韓氏オモニとこのサイコこの偽り売春婦らと、この(北の)偽り詐欺のやつらと同じ天使長の立場。 詐欺のやつら、とんでもない。
天聖教 1530ページで、お父様はどのようにおっしゃいましたか? それ何? 文総裁が「文総裁が世界的版図を備えました。」世界的版図を備えました。 世界的版図!  そいつらが自分の韓氏オモニの欲と自分が偶像崇拝をし神になろうとしてその世界的版図を売ってしまったといういうことなのです!


韓国語天聖教 1530ページ
文総裁が世界的版図を備えたのです。アメリカは天使長国家であり韓国はアダム国家です。父と息子が一つにならなければなりません。今までの復帰歴史は、母子が協助してきましたが、今からは、母子協助時代が過ぎるようになるのです。


文鮮明先生み言撰集303巻264ページ1999年9月9日


そいつらは資産とそのような内容がすべてであり基盤であると思ったのですが, お父様の勝利圏と世界的、宇宙的版図はお父様の所有権とお父様の主管圏血統、三代王権がお父様を背信しなかったのです! お父様のカインと直系の子女カインとアベルはお父様を売り込まなかったからです。それはどのような、こいつらが盗み取ることができる資産よりも、もっと大きい資産であるということなのです。アジュ!愚かな詐欺のやつら。


「アメリカは天使長国家であり韓国はアダム国家です。父と息子が一つにならなければなりません。」
今まで復帰歴史、復帰歴史は母子、母と息子が協調して復帰してきましたが、これからは母子協助時代が過ぎ去る! 復帰摂理を越えて神様の王権が来るためには母子協助では駄目なのです。父子関係なのです。 父子関係、お父様と息子の直系の子女を通じて… 直系の子女を通して精子が降りてくるのです。精子! どのようにですか? 天一国家の不滅! 不滅! 滅亡しない内容が何んですか?
お父様と息子の関係! 血統と精子は滅亡しないのです。それを通しながら皆さんとすべての天一国国民たちが不滅になるのです。 永遠に暮すようになります. お父様の勝利圏と神様の民族と神様の国と神様の王国よ永遠たれ! アジュアジュアジュ !


それでは賛美する方々、上がって賛美して下さりながら、私たちは本当に太平洋圏のため祈らなければなりません。深刻な問題です。深刻な問題なのです。 賛美が、賛美だけでなくく歌だけではなく痛哭しながら神様に捧げる祈祷なのです。祈祷! そういう心で私たちの韓国と日本の、太平洋圏にいる聖殿の兄弟姉妹たちのため賛美しながら神様にすべての栄光を捧げることができる、どのような深刻な内容が起きても、私たちはお父様の懐の中で動かなければなりません、聖霊の導きに寄って動かなければなりません。すべての栄光を神様に捧げましょう.アジュ!
________________________________________
4月23日英語礼拝から関連部分をサンクチュアリNEWSさんの翻訳から短縮転載させて頂きました。いつも翻訳、ありがとうございます。
全文も合わせてお読み下さい。


<以下、一部要約転載>
北朝鮮に関しても大きなニュースがあります。北朝鮮にいる人も理解できないでしょう。政治的状況であるのですが、これは霊的闘争でもあるのです。韓氏オモニの失敗以降、霊的変移(霊的シフト)が起こっています。オモニは「すべてよくなる」と宣言していたのです。それは身内だけへの発言ではなく、2020年までに家庭連合は(韓国の)国家宗教になるといっていたのです。とんでもない話です。これは絶対的狂気とも呼べるものです。
大きな変化があったことは誰でもわかります。オモニの失敗以降、韓国の霊的性質が変わってしまったのです。巨大な霊的呪いが韓国をおおうようになりました。悪魔、悪霊の大群が韓国に群れて、覆いつくしているのです。霊的に見るなら、サタンの翼がバタバタしているのが見えるでしょう。
悪魔の霊界が完全に韓国に臨んでいるのです。侵略者である彼ら(悪魔、悪霊)は国と政府機関を自分たちのものとして霊的策略にしたがって若者たちに影響を及ぼしているのです。だから若者たちがどんどん左傾化、共産主義化しています。西洋で起きていることと全く逆です。とくにヨーロッパでは、これまでの多文化主義をみてきた若者たちが保守化(右傾化)しています。嘘と大学先生の教える共産主義、メディアの報道、政治権力者の言うことを信じていたのです。それらに愛想を尽かしたのです。
神様の主権という祝福が韓国から離れました。3年経って西洋に回ってきたのです。そこに神様は王権を導き出し、カイン・アベルを導き、私たち全員を王国のため闘うためにここに導かれたのです。
現実に韓国で霊的闘いが存在することを知らなければなりません。ただ軍事的、政治的勢力だけではありません。本当の霊的勢力なのです。イエス様が闘い、聖職者の三分の一が闘っていたのです。イエス様の教団の三分の一が悪魔と闘ったのです。
途方もない悪魔の勢力が存在し、東アジアをおおっているのです。
北朝鮮は核施設だけでなく、国のあらゆる場所に巨大な砲撃力を持っているそうです。ソウルに1時間のうちに1万発以上も砲撃できるそうです。たった一時間です。逃げる時間もありません。始まればもう何をしても遅いというのです。もしアメリカが何日間も交戦できる装備を引き上げたとしたら、何百万人もの命が危険にさらされます。ソウルには1千万人が住んでいます。非常に人口密度の高い場所なのです。
核施設を処分することが問題ではないのです。ピンポイントで戦術的に核施設を破壊したとしても、国境に沿って並ぶ何万という砲台があります。隠されたものもあるでしょう。単純な状況ではありません。
中国は人を送ろうとしましたが、北朝鮮は追い返したというのです。ますます孤立化しています。独裁者は孤立すればするほど、危険だというのです。非常に緊迫した情勢です。
お父様が言われる、地上のサタン、北について語られたのですが、(北朝鮮の)指導者は偽りの父です。お父様は真のお父様ですが金日成も自分のことを父だといっていたのです。北朝鮮国民は彼を崇拝しなければなりません。文字通り、彼らの父なのです。それをお父様は「偽りの父」と呼ばれ、韓国を霊的のみならず、何十年間も反共産主義運動を起し、教育されてきました。持てるものをすべて政治的に投入されたのです。途切れることなく勝共運動を進めてこられました。
韓氏オモニがひっくり返ってから、お父様の業績を消し去り、自分を神として、やりたい放題にことを進め、反共産主義の教育もストップしました。平和を維持するために投入し続けてきた勝共運動を停止したのです。インフラをすべて破壊し、(ため息)、無能で情けない、へつらう者たちを位置につけました。国進兄さんが再建していたその組織を、一切合切、経済的にも指導者層においても骨抜きにしてしまったのです。
これを通して、隠者の王国をすこしうかがい知ることができるでしょう。朽ち果てる体のような国。政治的サタン主義の種を宿した朽ち果てる政治体制。ここで見ることができるものは、彼ら(北朝鮮政府)が見せたいものだけです。写真を撮ることなど、すべてにおいて制限されます。
北朝鮮の人々はどこにいようと独裁者の支配下にいるのです。人々は普通の人たちです。しかしイデオロギーが重く重くのしかかり、洗脳されているのです。問題は略奪階級です。
これが一旅行者が体験した北朝鮮です。すべてが見せかけの虚構であることがわかるでしょう。サタンの王国はすべてが幻影なのです。ほら花火があるでしょう。大きなヨットもあるし、カラオケもある・・・。カフェまである-あのカフェは韓国のカフェをまねたものでしたね。
誰か観光客が訪れると、皆出てきて踊りを踊るように強制されます。すべてが幻想であり、最終的には自分の自由をサタンに売り渡すようになるのです。決してそれが良くなることはなく必ず悪くなります。
でも、北朝鮮の人々はどのようになっているのでしょうか。あるアジアの若者のグループが脱北者にインタビューしている動画を見つけました。
その話によれば、幼い時に公開処刑の現場を見せられるそうです。多くの人はもうそのようなことはなされていないと思っているでしょう。ビデオで見たような、表面の幻の世界の背後で、サタンは完璧に支配しているのです。
この若者は人々が死に、飢えているだけでなく、文字通り撃たれて公開処刑されているのを見ていました。頭を撃たれて脳が吹き飛ばされる様子をみんなに見させていたのです。1メートルのロープを盗んだという理由で。


これが常に歴史のパターンなのです。不運な選択、残酷な選択です。このようにひどい地獄を作っています。たった1人の人間がこのような地獄の世界を作ることができるのです。1つの血統がこのような地上の地獄を作ることができます。


彼らはまた続けて、韓国の人々は(北朝鮮より)裕福だが彼らより悲しい人々だと言っています。豊かな社会であっても孤立していて隣の人のことさえ知らない、とあの若者の1人が言っています。


神様の観点から見て悲しいことが起こっています。神様は北朝鮮の事を、また韓国や世界のことを悲しんでおられるのです。しかし、神様は摂理を、摂理の動きを見ておられます。
天宙的なレベルで、韓お母様があのように堕落しきってしまい、神様の愛を裏切り自分の使命を破壊しています。それが非常に大きな結果につながっているのです。


イスラエルの人々がイエスを拒絶し殺害したように、この30年のうちに国全体が破壊されてしまったのです。神様の保護の障壁が無くなってしまうと、神様から背をそむけるという決断を神様が受け取ってしまうと、後は自分一人で何とかしなければなりません。その城の外に潜んでいるあらゆる狼と略奪者たちに直面しなければならないのです。
神様は私たちが後戻りすることも尊重してくれます。後戻りして、神様を呪い、すべての事をやってしまった後で死ぬ間際になってから「神様どうして私を見捨てるのですか」と言いますが、あなたこそが愚かにも神様を見捨てた張本人ではないかというのです。
人間はいつでも自分には責任、道徳的責任がないふりをしようとしますが、それはもちろん悪魔崇拝だという事なのです。
サタンに魂を売ればそれは良いことのように思え、力を得るように思えますが、必ず悪くなるというのです。それはヨーロッパでも起こっている事であり、現在韓国で起こっている事でもあります。
韓国は今、若者を含めて非常に左傾化しています。神様のアダム国家であったという観点からはそれは途方もない転換です。
政治的悪魔崇拝はサタンとその性質によって導かれています。人間は自分たちがもっと権力を得て資源を消費するために、この悪の力に自分の魂を売るのです。女性たちを皆自分の物にし、性的人身売買を行い、自分のやりたいことを何でもやるために、自分の友達を買収し敵を罰し、殺人とお金のつながりを支配します。これは国の占有です。最終的には霊的なところから来るのです。
今韓国を見ればこれらの悪魔の霊によって覆われているというのです。韓国や日本の兄弟姉妹たちは文字通りこれらの悪魔の大群と戦おうとしています。彼らが少なくとも条件的にでも週に1回外に出て、人々を目覚めさせるように語っていますが、それは文字通りこの悪魔の大群に直面しているという事なのです。
ですから私達はみ言に戻るのです。それはサタンの血統であり、天使長的な略奪者の遺産であり、伝統であり文化なのです。それが世代を超えて受け継がれ、それゆえに私達は完全な圧政の下にあったのです。イエス様は、私達は毎日神の国が来るように祈らなければならないと言われました。聖なる、義の方である天の父に祈らなければなりません。彼は自分の民にその王国をもたらす事を約束されたのです。
パウロは、不滅の体を引き継ぐと言いました。ですから人々は理解していないのです。お父様はいなくなった、と言って。そうではなくお父様はご自分の王権の中で生きておられるのです。その血統の中に生きておられます。私の中で生きておられ、私の息子の中で生きておられ、王の王は生き続けます。世界の中で生きておられるのです。堕落する体や世界を超越して。
私達はもちろん韓国のために祈っています。しかしまた、私達は神様の立場から見なければなりません。そこで何が起こるか分かりません。もし何か起こっても、私達はその理由が何か、原因が何か分かっています。過去3年間警告してきました。もう4年になります。摂理的中心人物の失敗には非常に重大な結果が付いてくるのです。非常に大きな結果です。それは神様の摂理が終わるという意味ではありません。神様の王国は来ます。しかしそれは大きな被害を伴うのです。
そういうわけで、苦難を受けるすべての人々の悲しみ叫び、と涙と、うめきが起こります。韓お母様の呪いによって。ですからお父様は彼女が自分から離れると最も哀れになると言われたのです。彼女がお父様から離れて裏切れば、最も下に行くのです。なぜなら彼女は選ばれたからです。
最終的にそうしたのは他の指導者ではなく、それを信じたのも彼女でした。今彼女の本当の信念、神学が表れてきています。彼女にその責任があります。
男性がやったことは悪い事だとしても、女性がそれをやると「彼女はそうするつもりではなかったのです」と。
そのような道徳的無責任は、悪魔的な女性を生み出します。そして悪魔的な追従するだけの男性はそのような女性から資源やセックスを得ようとしているのです。また誇りを持った人々を排除します。彼らに汚名を着せて孤立させるのです。ですから最後には政治的な悪魔崇拝へと向かいます。常に100パーセントそうなのです。
私達は文字通り世界の崩壊をスローモーションのように目撃しています。それは非常に苛立たしいものです。人々はそれがとても悪くなってしまうまで分かりません。そして「ああ、大変だ。これは何と酷いことになったのだろう」と言うのです。これが今実際に問題になっています。ヨーロッパ、スウェーデン、フランス、イギリスのように、そしてアメリカもヒラリーであればそうなっていたでしょう。
最終的にこのような略奪者階級が権力を握るという、完全な政治的悪魔崇拝なのです。
神様の王国、神様の審判の日は来なければなりません。なぜなのでしょうか。それは相互に排他であるからです。神様の性質と相互に排他であるために、悪を審判しなければならないのです。ご自分の性質として悪を排除されるのです。悪を混ぜ合わせることはできません。
ですから神様の王国が実現すれば、そのような政治的悪魔崇拝の思想に敵対することになります。相互に排他的だからです。
権利は社会によってもたらされるのではなく、同意によってもたらされるのではなく、自分があるグループに所属してそれに同意するからもたらされるのではありません。権利は創造主である神様から来るものなのです。神様は私たちの愛する父であり、私たちがその権利に値するからそれを与えられるのではなく、神様が信じられないほどに愛し、善なる方であり、正しい方であるからなのです。
人々がそれを理解してその所有権を持つとき、自分の位置に立って政治的な悪魔崇拝に立ち向かうようになり、サタンの実際の働きに立ち向かうようになります。そして文字通りそのような略奪者に対する武器となり、世界を平和にするための活発な要素となるのです。そして自由と責任、主権と領土に基づいて本当の統一を成すのです。また隣人を愛し自分の先人を称えるのです。本当の文化、本当の文明、本当の道徳律に基づいて。それが本当の王国です。
そのような意味ではクリスチャンは本当に侍に似ています。主人がいて、自分を愛する本当の父がいて、仕える人がいてその人のために生き、その人のために死ぬのです。そしてその行動規範、その道徳規範、自分より偉大な、真に尊敬すべき、真に高潔な、真に愛すべき、真に善なるもののために生きるという規範。そして自己崇拝をしないという事が、私達を王へと促す文明への鍵なのです。
私達は北朝鮮と韓国、アジアと日本のために祈るべきです。そこではとんでもないことが起きています。何が起ころうと、多くの兄弟姉妹たちは前線に出て戦おうとしています。何が起こったとしても、私達は神様には計画があることを知らなければなりません。

王国への道を備えなければなりません。
励ましのクリック聖霊感謝です。Sanctuary サンクチュアリ教会 真のお父様 文亨進 文鮮明 天一国 聖殿 イエス キリスト 再臨 メシア サンクチュアリ協会 サンクチュアリ 聖書にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へにほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へにほんブログ村

 当教会への連絡お問合せ

聖酒送ります。戻る祝福を受け天の直接主管を受けましょう。